ソン・ドンイル X ハ・ジウォン『担保』累計動員数が100万人を突破!ボックスオフィス10日連続1位…

担保 담보 / 2020.10.10 Sat

昨日CJ Entertainmentの公式SNSでも発表があった通り、
映画『担保』の累計観客動員数が100万人を突破して、10日連続で1位を獲得しました。👏🏻


担保107万↑ 10日連続1位…ハングルの日も頂上固守…

『担保』が10日連続で1位になった。

10日、映画振興委員会統合コンピュータ・ネットワークによると、ソン・ドンイル、キム・ヒウォンのティキタカケミと久しぶりにスクリーンに出たハ・ジウォン、子役界の新星として浮上したパク・ソイの出演で期待を集めている映画『担保』が今月9日の1日間、9万2837人の観客を動員、累積観客数107万5361人を記録しボックスオフィスの頂上を維持した。

何よりも『担保』が公開から2日で1位の栄誉に輝いたのに続き、その座を10日間守り抜いたのはもちろん、観客100万人を突破して耳目を集中させる。

『担保』の後は『アンヒンジド』が続いた。 現実恐怖スリラー『アンヒンジド』はこの日1日で2万1434人の観客が観覧、累積観客数4万9182人を記録し、2位を守った。

それだけでなく、この日1日で1万3573人の観客を動員、累積観客数27万9114人を記録し、逆走行した。

クァク・ドウォン、キム・デミョン、キム・ヒウォン、キム・サンホの愉快なシナジー効果で町の刑事の国際級捜査記を描いた『国際捜査』は、この日一日で1万2866人の観客が観覧し、累積観客数49万6002人を達成、4位に順位を下げた。 これにクリストファー·ノーラン監督の新作『テネット』は一日の観客数1万2303人、累積観客数185万7069人を記録し、5位に安着した。

このように「担保」がハングルの日(9日)にもボックスオフィス王座を逃さず、公開2週目の週末にはどんな記録を追加するかが注目される。

元記事:こちら


秋夕連休が終わった後、デイリー動員数は3.5万人台にまで減少したものの、
昨日から「ハングルの日」の3連休がスタートして、久々に9万人台に戻った。👏🏻👏🏻👏🏻

【観客動員数】

9月29日(火)公開初日 67,610人
9月30日(水)2日目 97,712人
10月1日(木)3日目 146,643人
10月2日(金)4日目 177,390人
10月3日(土)5日目 183,318人
10月4日(日)6日目 148,266人
10月5日(月)7日目 46,824人
10月6日 (火)8日目 38,927人
10月7日 (水)9日目 35,488人
10月8日 (木)10日目 39,823人
10月9日 (金)11日目 92,837人
累積観客動員数:1,075,361人

今日のリアルタイムの前売り率を見てみると、26.6%で結構いい感じですね。💖
この調子をキープしたら、損益分岐点である170万人も達成できそう!
ロングランになることを祈ってます!💪🏻

ジウォンオンニからメッセージもチェックしてみてくださいね!✨

ハ・ジウォンXソン・ドンイルXキム・ヒウォン 主演映画『担保(담보)』観客動員数100万人突破!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す