【担保プレビュー】「感性クイーン」ハ・ジウォン、 心を揺さぶる眼差しの演技の真価

担保 담보 / 2020.09.27 Sun

映画『担保』公開まであと2日!
先週の木曜日にマスコミ試写会が行われて、レビュー記事がたくさん上がってきたんですが、
見出しに惹かれた記事がありまして…💫


「担保プレビュー③」「感性クイーン」ハ・ジウォン、 心を揺さぶる眼差しの演技の真価

映画『担保』(カン・テギュ監督)の暖かい感性を加えるには、眼差し一つだけでも見る人の心を動かす俳優ハ・ジウォンの力である。

『担保』でハ・ジウォンは大人のスンイ役を演じた。 幼い頃から並々ならぬ賢さを誇ったスンイは、一緒に暮らすようになったドゥソク(ソン・ドンイル)、ジョンベ(キム・ヒウォン)と親しくなり、本当の家族に劣らない深い絆を築いていく。

「担保」を通じて5年ぶりにスクリーンにカムバックしたハ・ジウォンは、先に『担保』を選んだ理由で「スンイという幼い子供がドゥソク、ジョンベの二人のおじさんに出会って、家族になっていく過程の真心が感じられた。 『これが本当の家族なんだ』ということが心を動かした」と伝えた。

シナリオを見ながら、涙をたくさん流したと言ったハ・ジウォンの心が映画の中のスンイキャラクターにもそのままにじみ出てくる。

「劇的な感情よりは現場で感じるままに表現するのがいいという考えで演じた」と伝えたハ・ジウォンがドゥソク、ジョンベに対する感謝の気持ちをいつも込めているスンイの気持ちを暖かい眼差しと涙で調和させる顔を『担保』で見ることができる。

ソン・ドンイルもハ・ジウォンに向かって「ハ・ジウォンさんがスンイの大人の姿を演じながら、最初から最後まで感情演技で率いて本当に頭が痛いほど苦労した」とビハインドストーリーを伝えた。

これまで以上に自らが十分に納得し共感したキャラクターに真心を吹き込んだハ・ジウォンの力が『担保』の感動に力を加える。

元記事:こちら


最近いろんなことでバタバタしてて、
『担保』のレビュー記事を全部チェックできてないんですが、
いくつかの記事を読んで、ジウォンオンニの「涙の演技」と「感情演技」が高く評価されてて、
ファンとしては本当に嬉しいです。💗
劇的な感情よりは現場で感じるままに表現するのがいいという考えで演じた
作り出した感情ではなく、撮影現場で感じるままに演じたから、
偽りのない感情だからこそ、見る人の心を動かすことができるでしょうね。🥰

「ハ・ジウォンさんがスンイの大人の姿を演じながら、
最初から最後まで感情演技で率いて本当に頭が痛いほど苦労した」
というドンイルさんのコメント。🗨️

あるシーンを撮ったときに、カットがかかっても、ジウォンオンニの涙が止まらなくて、
傍らから慰めてあげられなくて、撮ってからスタッフやキャスト全員がお日さまのそばを離れて、
思いきり泣かせておいたというエピソードがとても印象的でした。
「すごく作品にのめり込んで心から演技していた」
とドンイルさんが撮影を振り返りながらコメントした。💞

ジウォンオンニの心揺さぶる演技、早く映画館のスクリーンで
見れる日を心から楽しみにしてます。😊

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す