『担保』信頼できるハ・ジウォン、ソン・ドンイルの愛おしい犬娘

担保 담보 / 2020.09.25 Fri

映画『担保』の情報ラッシュ!まだまだ続きます!✨
レビュー記事などたくさん上がってきたが、気になる記事をピックアップして、
ここで紹介したいと思います。💖


『担保』信頼できるハ・ジウォン、ソン・ドンイルの愛おしい犬娘③

俳優ハ・ジウォンが久しぶりにスクリーンにカムバックした。 ハ・ジウォンは映画『担保』でソン・ドンイル、キム・ヒウォンの宝物スンイの大人役を演じ観客に会う。

映画「担保」は情け容赦ない闇金業者ドゥソク(ソン・ドンイル)と彼の後輩ジョンベ(キム・ヒウォン)が踏み倒されたお金を受け取りに行ったが、うっかり9歳のスンイ(パク・ソイ)を担保として引き受けて育てることになりながら繰り広げられた話を描いた作品だ。

9歳スンイを演じた俳優パク・ソイを継いで、ハ・ジウォンが大人スンイを演じる。 映画のタイトルである『担保』スンイはこの映画の8割を占める。 300倍の競争率を勝ち抜いて映画に合流した9歳のスンイに続き、大人につながる大人スンイの姿が映画の愛おしさと感動の中心だ。

ハ・ジウォンは『担保』でソン・ドンイル、キム・ヒウォンと一緒に密度の高い感情演技を繰り広げる。 幼いスンイが積み上げた感情を信頼できる演技で後半を引き継ぐ。 幼いスンイが可愛さを担当するとしたら、ハ・ジウォンはソン・ドンイル、キム・ヒウォンとの特別なケミで映画に感動を加える。

子役とともに1人2役を演じることになったハ・ジウォンは撮影現場ではパク・ソイに会うことができなかったが、幼いスンイの撮影分量を画面で見てその感情をそのまま続けた。

子供の感情を大人までつなげる演技が簡単ではないはずだが、ハ・ジウォンはその感情を受けて自分の演技で表現することに力を入れて信頼できる俳優として映画に溶け込んだ。 ハ・ジウォンならではの愛おしさで幼い子供の可愛さまでそのまま大きくなった姿だ。 久しぶりにスクリーンで見るハ・ジウォンの微笑みがとても嬉しく感じられる。

ハ・ジウォンがソン・ドンイルの犬娘チョン・ウンジ、ヘリを継いで新しい犬娘として観客を虜にするかが注目される。

元記事:こちら


心の距離を縮める『担保』この時局の必見ムービー(ft.パク・ソイハードキャリー)【映画報告書】

こぶだと思っていたが、時間を置いて見てみると宝物だった。

コロナ時局により、史上最も索漠とした祝日になりそうな今年の秋夕、唯一のヒーリング劇『担保』(カン・テギュ監督)が9月29日に公開される。 『担保』は悪縁と思っていたが,実は天倫だった独特の家族の物語を盛り込んだ作品。


情け容赦のない闇金業者のように振舞うが、誰よりも情深いドゥソク(ソン・ドンイル扮)と、職業とは似合わない惻隠の心を持つ、天然でドゥソクにいつもいじめられる彼の後輩ジョンべ(キム・ヒウォン)は、中国同胞ミョンジャ(キム・ユンジン)からお金をもらわなければならない。 そのため、ミョンジャの9歳の娘スンイ(パク・ソイ扮)を「担保」と言いながら、連れて行ってしまう。 娘を取り戻すために金策をしようとしたミョンジャは、事をしくじり本国に追放され、偶然にもドゥソクとジョンべはスンイを大人になるまで引き取って育てることになる。

『担保』は1993年の仁川を背景にしている。 「家族ヒーリング劇」という目的を忠実に履行しながらも、90年代初めのレトロな感性をしっかり感じることができるのが『担保』のもう一つの観覧ポイントだ。 「我が家も昔はあのようだった」とノスタルジックに濡れるような派手な模様の壁紙と、華やかだけど、ださい螺鈿のたんすが置かれたドゥソクの家は、まるでタイムマシンに乗って90年代に帰ったような気がする。 『応答せよ1993』がスクリーンに広がっているようだ。

去る8月に放送を終了したtvNバラエティ番組『車輪のついた家』で「本当のケミ」を事前に味わったからだろうか。 しきりに言い争うソン・ドンイルとキム・ヒウォンの共演にすぐ没頭する。 ソン・ドンイルはtvNドラマ『応答せよ』シリーズを通じて、なんと3人の「犬娘」を大事にする国民的父親のイメージを得たことで、スンイを通じて自分も知らなかった父性愛に気付く姿を観客が自然に受け入れられるように演技した。 映画『アジョシ』(2010)や『名もなき野良犬の輪舞』(2017)で見せたキム・ヒウォンの荒々しい姿は、『車輪のついた家』で見せた気さくで親しみやすい彼の面々のおかげで薄れてくる。

2016年に公開された『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』以降、約4年ぶりにスクリーン復帰したハ・ジウォンは大人のスンイ役を演じた。 「いいシナリオを探すのに時間がかかった」と復帰が遅れた理由を明かした。 大学生から有能な同時通訳者になった姿まで、多彩な魅力を見せてくれるハ・ジウォンは、苦心した日々が決して無駄ではなかったことを証明する。 後半部に行くほど、ドゥソクと見せてくれる切ない親子の情は胸に響く。

何よりも去年の夏に公開された映画『ただ悪から救ってください』を通じて目に留まった子役パク・ソイの活躍が目覚ましい。 ソン・ドンイルは「年の割に感情シーンが多くてよく消化した」と誉めたが、劇序盤パク・ソイの熱演が映画を「ハードキャリー」すると言ってもいい。

祝日にも社会的距離を置くことは続くが、「担保」を見れば心の距離は縮まるようだ。 ランニングタイムは113分、12歳以上

元記事:こちら


最近『担保』の記事をたくさん読んだが、
出演分量が多くなくても、ジウォンオンニがこの映画を選んだ理由が分かるような気がします。😌
4年ぶりに韓国国内映画に出演したジウォンオンニ…
いいシナリオを探すのに時間がかかった
過去のインタビューでもCINEPLAYのインタビューでも話したけど、
出演分量は重要でなく、一番大切なのは、シナリオ。💖

「父娘」役でドンイルさんと共演して、
『担保』でドンイルさんの愛おしい犬娘になったジウォンオンニが
どんな演技を見せてくれるのか、今から楽しみです。✨

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す