『担保』ソン・ドンイルXキム・ヒウォンXハ・ジウォンXパク・ソイ、相性ぴったりのケミを公開

担保 담보 / 2020.08.13 Thu

昨日は映画『担保』の怒涛の情報ラッシュ!
付いていけてないぐらい情報がたくさん上がってきて、嬉しい悲鳴です。😁
実は制作報告会が行われる前に、CJ Entertainmentの公式SNSで
『担保』の新しいスチールカットが公開され、ネットニュースにも取り上げられました!💕


『担保』ソン・ドンイルXキム・ヒウォンXハ・ジウォンXパク・ソイ、相性ぴったりのケミを公開

芸能全盛期を博しているソン・ドンイル、キム・ヒウォン俳優出演ヒューマン映画「担保」(カン・テギュ監督、JKフィルム制作)が今日(12日)午前11時からオンラインチャンネルを通じて製作報告会を開催するのに続き、温かい感動を予告する映画スチールも公開して期待感を高めた。

『担保』は『コンフィデンシャル/共助』『国際市場で逢いましょう』『ヒマラヤ〜地上8,000メートルの絆〜』『それだけが、僕の世界』など多数のヒット作を生み出した興行メーカーJKフィルムが今年初めて観客に披露するヒーリングムービーだ。

特有の「ツンキタカケミ」で新しい全盛期を博しているソン・ドンイル、キム・ヒウォンはもちろん、久しぶりにスクリーンに出かけたハ・ジウォンと映画『ただ悪から救ってください』で観客の目に留まった子役パク・ソイの出会いで高い関心を集めている。 何よりオーダーメードの服を着たように、劇中のキャラクターと驚くほどの高いシンクロ率はもちろん、ぴったりの相性も発散したことで知られており、映画に対する期待感を倍増させる。

ソン・ドンイル、ハ・ジウォン、キム・ヒウォン、パク・ソイの4人の俳優とカン・テギュ監督は今日の午前11時、オンラインで行われる製作報告会に一緒に参加し、特級ケミを披露しながら映画に関する多様なストーリーを展開する予定だ。

『担保』の暖かい雰囲気とキャラクターたちの相性が引き立つスチール12種も電撃公開した。 ついつい同じ家に住むことになったドゥソク(ソン・ドンイル)、ジョンベ(キム・ヒウォン)、スンイ(パク・ソイ)の3人が本当の家族として生まれ変わる愉快で暖かいストーリーと、『担保』が誇るキャラクター間のケミーが引き立つビジュアルで視線を集める。

まず、荒々しいが、心だけは温かい闇金業者の二人と、世界で最も愛らしい9歳の担保スンイの強烈な出会いを盛り込んでいる姿が目を引く。 続いて、固い表情のドゥソクと彼を見つめながら明るく笑っているスンイの姿は、担保として連れてきては、ついつい一緒にすることになった2人の、ややぎこちない関係をあらわすと同時に、彼らに生じた事件に対する好奇心を呼び起こす。

続くスチールはそれ以前とはやや相反する姿で注目度をさらに高める。 明るい表情でスンイに電話をかけ、スンイの保護者として学校を訪問し、食べ物を食べながらケーキのロウソクの火を吹き、百点を取った試験紙を手に持って自慢するスンイを見て感心するドゥソクとジョンベの姿などは、まさに家族の姿として耳目を集める。

ここに二人のおじさんの宝物としてよく育った大人のスンイ(ハ・ジウォン)の姿は、ドゥソクとジョンベの真心のこもった愛と献身の力を感じさせながら、本当の家族として生まれ変わった彼らの旅に対する関心を呼び起こす。

『担保』は情け容赦ない闇金業者と彼の後輩が踏み倒されたお金を受け取りに行って、うっかり9歳の子どもを担保として引き受けて育てることになりながら繰り広げられる話を描いた作品だ。ソン・ドンイル、ハ・ジウォン、キム・ヒウォン、パク・ソイらが出演し、『ハーモニー』のカン・テギュ監督がメガホンを取った。 今年9月公開予定。

元記事:こちら


今回初めて公開されたスンイのスチールカットはこちらです!👇🏻
ドゥソクとスンイ、二人の間に何が起きたのか、気になって仕方ない!
ジウォンオンニとソン・ドンイルさんの共演シーンが多そうで、本当に楽しみです。💓

ブルーシャツを着たスンイ、どこかで見たことあるって思ってたら…
先日公開されたスチールカット!📸

どんな物語が繰り広げられるか気になります。
一方、昨日制作報告会が行われる前に、ジウォンオンニの演技の魅力を紹介する記事を見つけたので、
ぜひチェックしてみてください。👇🏻


[Sトーク]ハ・ジウォン、感動興行作品性総なめ挑戦

久しぶりにスクリーンに戻ってきたハ・ジウォンが作品性感動興行を一度にキャッチする挑戦に乗り出す。

9月に公開予定の『担保』の主人公を演じたハ・ジウォンは大人の「スンイ」役で千万俳優の興行底力と、2009年第30回青龍映画賞主演女優賞、人気スター賞、2010年百想芸術大賞映画部門女子最優秀演技賞を受賞し認められた演技力で映画ファンに大きな感動を予告している。

ドラマと映画を行き来しながら、時代劇、メロ(ロマンス)、スリラー、アクション、ロコ(ロマンティック・コメディ)などジャンル不問の存在感を見せてくれたハ・ジウォンは、スンイに分解、年齢を問わず、性別を問わず、全世代の大衆の心をつかむ熱い熱演を繰り広げたことで、熱い関心を集めている。

「担保」は情け容赦のない闇金業者「ドゥソク」(ソン・ドンイル扮)と「ジョンベ」(キム・ヒウォン扮)が踏み倒されたお金を受け取りに行って、うっかり9歳の子どもを担保として引き受けて育てることになりながら繰り広げられる話を描いた映画。

ハ・ジウォンは、劇中の「担保」で、宝物としてよく育った大人のスンイ役を演じ、ソン・ドンイル、キム・ヒウォンと密度の高い感情演技とケミを披露し、観客らに胸に響く感動を与えるという。 最近公開されたティーザーでは、子役スンイとソン・ドンイル、キム・ヒウォンのストーリーだけを披露し、ハ・ジウォンの活躍ぶりがベールに包まれている。

だから、さらに気がかりなことを誘発しているハ・ジウォンは「初めてシナリオを読んでから、たくさんの涙を流した」と明かし、『担保』は観客も深く共感できるこの時代に本当に必要な映画として挙げ、大衆の期待をより大きくしている。

ハ・ジウォンはどんな役でもキャラクターと渾然一体を成す演技で多く愛される俳優。 『茶母(チェオクの剣』『バリでの出来事』『シークレット・ガーデン』に続き、最近放送された『チョコレート』まで、出演するドラマごとに人生のキャラクターを作りながら、信頼を集めている。 映画では2009年に公開された『TSUNAMI-ツナミ-』『私の愛、私のそばに』でチケットパワーと演技力を兼ね備えた「信頼できる宝」として位置づけられている。

いつも与えられた役のために多くの悩みと研究で完成させたキャラクターを披露し、存在感を見せてくれるハ・ジウォンは『担保』では幼い頃からドゥソク、ジョンベと一緒に育った大人スンイが彼らに親近感を感じなければならないと判断、時々9歳スンイ役を演じたパク・ソイの撮影分を見ながら感情の流れを汲んだという裏話。 そのため、さらにハ・ジウォンが細かく描いたスンへの期待感が高まっている。

久しぶりにスクリーンに登場したハ・ジウォンがコミカルだがヒーリングを予告した『担保』で観客を感動させ、興行と作品性まで総なめできるかに関心が高まっている。

元記事:こちら


CJ Entertainmentの公式SNSで公開されたスチールカットはこちらです。

【Twitter】

【Facebook】

【Instagram】

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す