『担保』ハ・ジウォン、「ヒーリングムービー」でスクリーンカムバック 「この時代に必要な映画」

担保 담보 / 2020.08.10 Mon

先週『担保』で「ドゥソク」を演じるソン・ドンイルさんと
「ジョンベ」を演じるキム・ヒウォンさんのコメントがニュースで取り上げられたんですが、
今日は大人のスンイ役を演じるジウォンオンニの記事が上がってきました!😍


『担保』ハ・ジウォン、「ヒーリングムービー」でスクリーンカムバック 「この時代に必要な映画」

ハ・ジウォンがヒーリングムービー『担保』でスクリーンカムバックする。

9月に公開される映画『担保』(カン・テギュ監督)は情け容赦ない闇金業者「ドゥソク」と彼の後輩「ジョンベ」が踏み倒されたお金を受け取りに行って、うっかり9歳の「スンイ」を担保として育てることになりながら繰り広げられる話を描いた作品。

『担保』でスクリーンに復帰したハ・ジウォンは、劇中の『担保』で「宝物」として育った大人の「スンイ」役を演じた。 特に、担保を引き受けることになった2人のおじさん役のソン・ドンイル、キム・ヒウォンとともに、特有の密度高い感情演技とケミを披露し、観客に胸に響く感動を与える予定だ。

初めてシナリオを読んで涙を流したと明らかにしたハ・ジウォンは「観客も深く共感できるだろう。 この時代に本当に必要な映画」と躊躇なく出演を決めた理由を明かした。

過去の映画『刑事Duelist(デュエリスト)』と『TSUNAMI-ツナミ-』でハ・ジウォンと縁を結んだカン・テギュ監督は「ハ・ジウォンはいつも観客に信頼感を与える安定した演技をする」と話し、ハ・ジウォンを大人の「スンイ」役にキャスティングした理由を明かした。 また「同じシーンを何度も撮影してもいつも笑顔で現場の雰囲気を和ませてくれた」と人一倍の感謝の気持ちを伝えた。

公開は9月。

元記事:こちら


『担保』ハ・ジウォン「この時代に本当に必要な映画…深く共感できるはず」

俳優ハ・ジウォンが映画『担保』(カン・テギュ監督)を通じてもう一度存在感を表す予定だ。

メロドラマ、アクション、ホラー、時代劇などのジャンルに限らず、自分だけの色豊かな演技を披露する俳優ハ・ジウォンが『担保』で久しぶりに映画館の観客と会う。 『担保』は情け容赦ない闇金業者「ドゥソク」と彼の後輩「ジョンベ」が踏み倒されたお金を受け取りに行って、うっかり9歳の「スンイ」を担保として引き受けて育てることになりながら繰り広げられる話を描いた作品。

千万映画『TSUNAMI-ツナミ-』からシンドローム的な人気を博したドラマ『茶母(チェオクの剣)』、『バリでの出来事』、『シークレット・ガーデン』まで多数のヒット作を保有する俳優ハ・ジウォンはジャンルを問わず様々な作品で多彩な変身を図り、観客の脳裏に強烈な存在感を植え付けた。 また、毎作品ごとに完璧なキャラクター消化力で作品に躍動感を吹き込むことはもちろん、キャラクターの感情線をディテールに生かす吸入力ある演技で劇の没入度を高めた。

実際、「2006 KBS演技大賞」、「2004 SBS演技大賞」、「2013 MBC演技大賞」、「最優秀賞」の放送3社の主要演技賞を総なめしたハ・ジウォンは、第30回青龍映画賞主演女優賞と第46回百想芸術大賞映画部門女子最優秀演技賞を受賞するなど、スクリーンとお茶の間の劇場を同時に魅了した底力を立証した。

『担保』でスクリーンに復帰したハ・ジウォンは、劇中の担保で宝物として育った大人のスンイ役を演じた。 特に、担保を引き受けることになった二人のおじさんを演じたソン・ドンイル、キム・ヒウォン俳優と共に、特有の密度高い感情演技とケミを披露し、観客らに胸にジンとくる感動を与える予定だ。

初めてシナリオを読んでから多くの涙を流したと明かしたハ・ジウォンは「『担保』を見ながら観客も深く共感できるだろう。 この時代に本当に必要な映画」と躊躇うことなく『担保』出演を決めた理由を明かした。 過去の映画『刑事Duelist(デュエリスト)』と『TSUNAMI-ツナミ-』でハ・ジウォンと縁を結んだカン・テギュ監督は「ハ・ジウォン俳優はいつも観客に信頼感を与える安定した演技をする」と話し、ハ・ジウォンを大人の「スンイ」役にキャスティングした理由を明かした。 また「同じシーンを何度も撮影してもいつも笑顔で現場の雰囲気を和ませてくれた」と人一倍の感謝の気持ちを伝えた。

どんな役柄でも研究と練習を重ねながらキャラクターと渾然一体を成すハ・ジウォンは、幼い頃からドゥソク、ジョンベと一緒に育った大人のスンイが彼らに親近感を感じなければならないと判断し、時々9歳のスンイ役を演じたパク・ソイの撮影分を見ながら感情の流れを汲んだ。 これはハ・ジウォンが繊細に作り出したキャラクタースンイに対する期待感をさらに倍増させる。

『担保』は9月に公開される予定だ。

元記事:こちら


初めてシナリオを読んでから多くの涙を流したというジウォンオンニ…
『担保』を見ながら観客も深く共感できるだろう。
この時代に本当に必要な映画

とコメント。予告映像はコメディタッチですが、
先週放送された『車輪のついた家』でソン・ドンイルさんは
キム・ヒウォンさんが彼を抱き締めて泣くシーンがあることを明かしたから、
涙なしでは見られないシーンもあるでしょう。物語の展開が気になりますね。🥺

一方、『デュエリスト』と『TSUNAMI-ツナミ-』で
助監督を務めてきたカン・テギュ監督は…

ハ・ジウォンはいつも観客に信頼感を与える安定した演技をする。
同じシーンを何度も撮影してもいつも笑顔で現場の雰囲気を和ませてくれた

とジウォンオンニを絶賛してくれました。✨
作品ごと役作りに努力を惜しまないジウォンオンニ、
今回は9歳のスンイ役を演じたパク・ソイの撮影分を見ながら、感情の流れを汲んだという。
そういえば、『シークレット・ガーデン』の時も、
ジウォンオンニがキム・ジュウォンを演じたヒョンビンさんの
ジェスチャーや話し方や仕草を観察して、ジュウォンになったライムを演じましたね。😌

ドゥソク、ジョンベに宝物として育てられた大人のスンイ、
どのスチールカットも素敵で、見るだけでドキドキワクワク。😍
早く映画館のスクリーンで会いたい~
『担保』でどんな姿を見せてくれるのか楽しみで仕方ない!❤️
震えて待ってます!🤩

【関連記事】

✏️ 「担保」ハ・ジウォン「シナリオを読んで涙…この時代に必要な映画」

✏️ ハ・ジウォン、”「担保」のシナリオを読んで涙。この時代に必要な映画”

✏️ ハ・ジウォン、”「担保」、この時代に本当に必要な映画。深く共感することができる”

✏️ ハ・ジウォン、”「担保」、この時代に本当に必要な映画。深く共感することができる”

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す