【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「お母さんの演技?ただ絡んで遊びました」2015.1.19

⏳「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『いつか家族に』(原題:ホサムグァン)のインタビューコレクション第30弾。💫


『いつか家族に(ホ・サムグァン)』で初の母性の演技、ハ・ジウォンが「お母さんの演技?ただ絡んで遊びました」 [インタビュー]
2015.1.19

ハ・ジウォン(37)が3人の子供の母親として帰ってきた。 昨年MBCドラマ『奇皇后』でカリスマあふれる皇后を演じた彼女の1年ぶりの変身だ。 もう30歳後半に入ったので、母性を演じるのは自然なことだが、私たちはハ・ジウォンに「お母さん」という言葉をつけるのに躊躇う。 彼女がこれまでの映画やドラマで見せた生き生きとして、時にはアクションも厭わない活気に満ちたイメージのためだった。

彼女は去る14日に公開されたハ・ジョンウ監督の映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』でホ・オンナン役を演じ、なんと3人の息子の母親として熱演した。 中国の小説家、余華の原作を脚色した映画で、時には天然ボケ溢れる女性だったが、家族が危険にさらされると、誰よりも献身的な母性愛を表す。 確かに3児の母親だったが、スクリーンのためにハ・ジウォンは誰よりも爽やかだった。 それはインタビューの場でも同じだった。

– <いつか家族に>はどの映画よりも愉快なタッチが目立った。撮影現場の感じはどうだったか。

「撮影現場で幸せに撮影したって言っていました。 その感情が映画に込められたらと思います。 映画は始終夢見るように良かったです。 きれいな映画だから、スタッフ、俳優もみんな良くて、子供達もとても可愛くて…私にとっては『ヒーリングキャンプ』のような場所でした。 韓屋ペンションで月を見たり、普段はビールを飲んだり、音楽を聴いたり、登山をしたりして、全ての瞬間が全部大切でした。」

– デビュー後、初めて母性を演じた。 元々子供が好きなのかな?

「私は面倒を見てもらう立場だから、子供達の面倒をちゃんと見ることができなかったんです。『私がどのようにしてあげなきゃ』じゃなくて、 ただ一緒に絡んで遊んでたと思います。 子供達が一緒に遊ぼうと言った時、大変だと思わなかったよ。 じゃんけんもして、写真を撮って、写真が面白いと拡大して一緒に笑ったり、一緒にゲームセンターにも行きました。 子供達のためにしたのではなく、私が好きでした。」

– それでもまだ独身なんですが、3人の子供の母親役はプレッシャーではなかったか?

「撮影前は怖くて悩みも多かったです。 母性愛は練習したからと言って出てくる訳じゃないです。しかし、子供達と親しく過ごしていたら、自然に母性愛について分かるようになったと思います。 現場に行けば子供がいるし、家があって…いくつかの作品は随時に役を演じたりもしますが、今回の作品は自然に浸っていきました。」

– アクションもあり、コミカルもあり、メロ(ロマンス)もあった。 記憶に残るシーンは何なのか?

「オンナンのキャラクターを一番見せてくれる韓服をきれいに着飾って、街に出るシーンを挙げたいです。 息子の治療費のために、昔付き合っていた男性のところに行って、金をくれと言うシーンですが、プライドが傷つくが、家族のためだというところが感動的でした。 オンナンが自ら『私はまだ死んでない』と言いながら、 自信に満ちたシーンです。 楽しかったです。」

– 癒される撮影だと言いましたが、撮影終了後、寂しくなかったか?

「最近でも子供達は私にメールしてくれました。イラクが他の撮影現場でジャンプしている写真を送りました。 また、イルラクもよくメールします。 私の兄弟が娘三人に息子が一人います。 両親がたくさん苦労されただろうと思いました。 父が買って来るおやつをいつも晩ごはんに一緒に食べた記憶があります。 むしろ撮影以後、あの時代のロマンが感じられました。」

– 相手役のハ・ジョンウは監督でもあった。

「撮影が終わったせいか、今は俳優ハ・ジョンウの感じが大きいです。 しかし、最初は俳優ではなく監督のハ・ジョンウとして見ました。実は、相手の俳優たちとはいたずらもしたりしますよね。 ところが、撮影現場では監督は監督だから、尊重しなければならないです。演技で会うとぎこちないこともありました。」

– いつもアクションやメロ(ロマンス)など、心身ともに苦労の多い役を演じた。

「いつも後悔せずに準備しています。 撮影が始まると、とても楽しんで一生懸命に演じる方です。 そうしてこそ後悔しないですよ。 結果が良くなければ私の責任だと思います。 選択には責任が伴いますから。」

– アクション演技を一度休んだ。次回作では考えがあるのか?

「私はアクションも面白く始めました。 リボン体操を習ったんです。リボン体操をしながら、アクションを学んだんですが、棒を回すと武術チームが皆死ぬふりをします。 そんなファンタジーが凄く好きです。アクションを、ただ踊るみたいに 楽しくやった記憶があります。良い思い出があるから、 アクションを何度も選んでた気がします。 これからもアクション演技は続けます。 体は大変ですが、怪我さえしなければ、またアクション演技を楽しくしたいです。」

– 今結婚したい気はしないのか?

「撮影しながら、『この子たちが私の息子だったらいいな』という考えはたくさんしました。このように息子が3人いれば、 本当にいいと思います。 さらに娘も一人いればもっといいです。 しかし、まだ家で結婚に対するストレスは受けていません。 父はむしろ娘を嫁に出すのがもっと嫌なような気もします。 母も結婚しなさいってこんなことは言いません。 ただ、ゆっくり休みながら仕事をしてほしいという気持ちでしょう。」

– 実際に母親になったら、どんなお母さんになりたいか。

「たくさん遊んであげるお母さんになると思います。劇中でオンナンは子供達に『ふざけるな』って言うけど、 私はやりたくないです。 いつもお母さんをロールモデルにしています。 大声を出して怒ったことはほとんどなかったです。 いつも少女みたいで優しい方です。 二人でいたら友達のようでもあります。 厳しい時は、ムチを持っていらっしゃったりもしましたけど。(笑)多情多感な母親になると思います。」

元記事:こちら


【SKフォト】ハ・ジウォン、女性の美しさが漂う横線美貌
2015.1.13

俳優のハ・ジウォンが13日午後、ソウル八坂洞にあるカフェでインタビューに先立ってポーズを取っている。

ハ・ジウォンは映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』(監督ハ・ジョンウ、製作ファンタジオ・ピクチャーズ)でホ・サムグァンの魅力にひかれる村の絶世の美女ホ・オンナン役を演じた。

ハ・ジウォンは1996年、ドラマ『新世代報告書 大人は知りません』でデビューし、映画『学校2』、映画『真実ゲーム』、『秘密』で新人賞を獲得し、本格的に顔を広めました。 その後、ドラマ『茶母』や『バリでの出来事』で最優秀賞を獲得し、トップスターとなった。 その後、映画<1番街の奇跡>、<バカ>、<海雲台>など多彩な演技を披露し、再びドラマに復帰して<奇皇后>でMBC演技大賞で大賞、今年の演技賞、人気賞まで3冠を達成した。

元記事:こちら


[SKフォト] ハ・ジウォン、どこから見ても 「代表美貌」
2015.1.13

元記事:こちら


[SKフォト]ハ・ジウォン、『いつか家族に(ホ・サムグァン)』で演技変身
2015.1.13

元記事:こちら


[SKフォト] ハ・ジウォン、人一倍のオーラを持つ女優
2015.1.13

元記事:こちら


[SKフォト] ハ・ジウォン、顔も心も美しい女優
2015.1.13

元記事:こちら


[SKフォト] ハ・ジウォン、多彩な魅力を持つ笑顔
2015.1.13

元記事:こちら


[SKフォト]清純な魅力のハ・ジウォン
2015.1.13

元記事:こちら


[SKフォト] ハ・ジウォン、人一倍の美貌を誇示
2015.1.13

元記事:こちら


[SKフォト]ハ・ジウォン、韓国代表「ファム・ファタール」魅力
2015.1.13

元記事:こちら


【SKフォト】すらりとした脚線美を露にしたハ・ジウォン
2015.1.13

元記事:こちら


【SKフォト】ハ・ジウォン、八色鳥の魅力を持つ代表女優
2015.1.13

元記事:こちら


[SKフォト] 『いつか家族に』で熱演したハ・ジウォン
2015.1.13

元記事:こちら


[SKフォト] ハ・ジウォン、魅力的な明るい笑顔
2015.1.13

元記事:こちら


[SKフォト]ポーズを取るハ・ジウォン
2015.1.13

元記事:こちら


[SKフォト] ハ・ジウォン、大韓民国で最も魅力的な女優
2015.1.13

元記事:こちら


『いつか家族に』で初めて母親役に挑戦するジウォンオンニ、
このインタビューで子供達との共演についてはこう語りました。
私は面倒を見てもらう立場だから、
子供達の面倒をちゃんと見ることができなかったんです。
『私がどのようにしてあげなきゃ』じゃなくて、
ただ一緒に絡んで遊んでたと思います。
子供達が一緒に遊ぼうと言った時、大変だと思わなかったよ。
じゃんけんもして、写真を撮って、写真が面白いと拡大して一緒に笑ったり、
一緒にゲームセンターにも行きました。
子供達のためにしたのではなく、私が好きでした

面倒を見てもらう立場だから、
子供達の面倒をちゃんと見ることができないとジウォンオンニが言ったが、
子供達にとって、お日さまはお母さんというより、お姉さんのような存在だったと思います。💖
撮影現場で一緒に遊んでくれるお姉ちゃんがいて、
子役達も嬉しかっただろうね。😌

一方、記憶に残るシーンは何なのか?って尋ねられると…
オンナンのキャラクターを一番見せてくれる韓服をきれいに着飾って、
街に出るシーンを挙げたいです。 息子の治療費のために、
昔付き合っていた男性のところに行って、金をくれと言うシーンですが、
プライドが傷つくが、家族のためだというところが感動的でした。
オンナンが自ら『私はまだ死んでない』と言いながら、
自信に満ちたシーンです。 楽しかったです

羽振りのいい元カレのハ・ソヨンに会いに行くために、
一番きれいな韓服を着て、メイクをしたオンナンの姿は本当に印象的でした。✨
あまりにもきれいで、とても子供3人産んだように見えない。さすが絶世の美女。😁
一方、お日さまはこのインタビューで家族とのエピソードも明かしました。💗
私の兄弟、娘三人に息子が一人います。
両親がたくさん苦労されただろうと思いました。
父が買って来るおやつをいつも晩ごはんに一緒に食べた記憶があります。
むしろ撮影以後、あの時代のロマンが感じられました

ジウォンオンニもこの作品を撮影しながら、家族との思い出が色々蘇ったようですが、
『いつか家族に』は家族について色々考えさせられた作品ですね。💖
続いてはインタビューなどでは必ず聞かれる質問…😁
「今結婚したい気はしないのか?」という質問について…
撮影しながら、『この子たちが私の息子だったらいいな』
という考えはたくさんしました。このように息子が3人いれば、
本当にいいと思います。 さらに娘も一人いればもっといいです。
しかし、まだ家で結婚に対するストレスは受けていません。
父はむしろ娘を嫁に出すのがもっと嫌なような気もします。
母も結婚しなさいってこんなことは言いません。
ただ、ゆっくり休みながら仕事をしてほしいという気持ちでしょう

お日さまのお父さんの気持ちは分からないでもない。
自慢の娘だから、嫁に出すのが寂しいでしょう。😌
どんなお母さんになりたい?って尋ねられると…
たくさん遊んであげるお母さんになると思います。
劇中でオンナンは子供達に『ふざけるな』って言うけど、
私はやりたくないです。 いつもお母さんをロールモデルにしています。
大声を出して怒ったことはほとんどなかったです。
いつも少女みたいで優しい方です。 二人でいたら友達のようでもあります。
厳しい時は、ムチを持っていらっしゃったりもしたけど。(笑)
多情多感な母親になると思います

ロールモデルとしてジウォンオンニがよく挙げられますが、
ジウォンオンニのロールモデルはなんとお母さんです!💗
お日さまのお母さん、ヘワダルやFMの映像にもちょくちょく登場しますが、
いつも少女みたいで優しい方で素敵ですね。😊

一方、これまで心身ともに苦労の多い役をたくさんこなしたことについて…
いつも後悔せずに準備しています。
撮影が始まると、とても楽しんで一生懸命に演じる方です。
そうしてこそ後悔しないですよ。 結果が良くなければ私の責任だと思います。
選択には責任が伴いますから

お日さまらしい答えでした。😌
ジウォンオンニ、普段は天然でかわいいですが、演技の話になると、
しっかりした考えがあるし、プロ意識も高くて本当にカッコいいです。✨
一方、お得意のアクション演技について…
私はアクションも面白く始めました。
リボン体操を習ったんです。リボン体操をしながら、
アクションを学んだんですが、棒を回すと武術チームが皆死ぬふりをします。
そんなファンタジーが凄く好きです。アクションを、
ただ踊るみたいに 楽しくやった記憶があります。良い思い出があるから、
アクションを何度も選んでた気がします。
これからもアクション演技は続けます。 体は大変ですが、
怪我さえしなければ、またアクション演技を楽しくしたいです

ジウォンオンニのアクション演技はキレがあって、見栄えがするから、
時代劇も現代劇もそれぞれ違った魅力があって本当に凄いと思います。✨
カッコいいアクション演技を見せてくれるのは嬉しいが、
怪我だけは本当に気をつけて欲しいですね。😉

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す