【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「瞬間を信じます」2015.1.17

⏳「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『いつか家族に』(原題:ホサムグァン)のインタビューコレクション第3弾。💫


[インタビュー] 『いつか家族に(ホ・サムグァン)』ハ・ジウォン、 瞬間を信じます
2015.1.17

瞬間を楽しめる人だ。

「今この瞬間」という言葉を一番愛するという俳優ハ・ジウォンは「次のために悩みながら躊躇う」より「瞬間を大切にして集中する」。 すべての現場とすべての縁、すべての瞬間を大切に愛すること。彼女が疲れずに演じることができる源泉だった。

最近、映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』(監督ハ・ジョンウ)が公開される前、韓経ドットコムbntニュースと会ったハ・ジウォンは、小さな言葉にも笑い、瞬間を傾聴する「ポジティブ」そのものの人物だった。

「『いつか家族に』のような作品は初めてでした。たくましい演技、母親の役柄も初めてだったので、プレッシャーが大きかったんです。 悩みも多かったけど、多くの方々が 『ハ・ジウォンから見られなかったところを見ることができて 良かった』って言ってくれたから。それだけでも感謝してます。 何か、また新しい役ができるんじゃないかな?自信もつきます。」

女優というより女戦士。「新しいもの」または「挑戦と征服」が好きだという彼女は映画『いつか家族に』の出演をめぐり、多く悩んできた。 「オンナンという人物が私の服ではないこと」だった。

天下のハ・ジウォンが躊躇うキャラクター なんて。「意外ですね」と言葉をかけると、彼女は「こんなたくましい役柄は演じたことがない」と答えた。 男装からスタントウーマンまでこなしてきたが、それとは違うタイプの強い女性だったのだ。

普段「悪口を言わないので、ナチュラルなセリフが付いていなかった」という彼女は、「悪口が上手な人たちと遊んで聞いてみたが」ぎこちなかったのは仕方なかった。

彼女の言葉通り、ホ・オクランは3人の子どもを持つ厚かましい性格の人物。 長男イルラクがホ・サムグァン(ハ・ジョンウ扮)の息子ではなく、かつての恋人ハ・ソヨンの息子であることを知ると、「私の夫があなたの息子を育てるのに大変な苦労をしたのだから、治療費を払え」と言い張るほどの厚かましさを持つキャラクターだ。

「小説の中ではもっと強くて厚かしいです。(笑)だから、もっと躊躇ったんです。 しかし、脚色される過程で韓国的なイメージや、よりきれいに表現されたものがあります。 後半にオンナンが家族のために犠牲にするシーンも登場して。 しかし、小説の中のオンナンが強すぎたため、シナリオを見ることもできそうになかった。」

それにもかかわらず、ハ・ジウォンの心を変えた『いつか家族に』の魅力は何だろうか。 彼女は断る思いで監督ハ・ジョンウに会ったが、「映画がどのように作られるか知りたかった」と言った。シナリオが面白かったためだった。

「監督やPDが私に『オンナン役に本当によく似合う』と言ったんです。 気になりました。好奇心がわいてきました。私が見た感じでは、オンナンは私と合わない感じだけど、どの部分によく似合うのかな?悩んだ末に『お母さんの役は初めてですから』と 言ったら、ハ・ジョンウさんがこう言いました。 『僕もお父さん役は初めてですよ。』」

諦めることを知らない男ハ・ジョンウは「ハ・ジウォンが演じるオンナン」「ハ・ジウォンが表現する奥さん」とし、絶え間なく彼女を懐柔した。「ハ・ジウォンが表現するオンナン」という言葉に少し心が溶けた。 そして残像のように頭の中にぐるぐる回るシナリオに結局承諾してしまった。

「会社でジョンウさんに電話をしました。『ジウォンちゃんがポジティブに見ています。』(笑)そのように出演することになったんです」

脚色されたシナリオは「童話的でファンタジーな魅力」「リアリティーを堂々と見せるより洗練された感覚で感情をタッチ」する感じだった。そのような部分が想像した部分と結合するのはどうだろうか。 ハ・ジウォンは考えた。

「オンナンがハ・ソヨンに会うシーンを大いに期待していました。 そのシーンは元恋人に『私の夫があなたの息子を育てるのに、どんなに苦労したのか話しに来ました』と堂々と言い張るシーンじゃないですか? 母親の気持ちもありますが、娘時代、そのプライドを守ろうとするシーンでした。『まだ死んでない』という気持ちで行って、 お宅の奥さんと争うシーン。 そういうのが気になったんです。 オンナンがどのように飾っていくことも」

ハ・ジウォンが言及したシーンは、母親オンナンと女性オンナンの間だ。「個人的には女性オンナンに感情移入した」とし、「演技においても母親オンナンと女性オンナンの葛藤が感じられた」と感想を述べると、ハ・ジウォンは静かにうなずく。

「お金をちょうだいと言いますが、物乞いするのではなく自尊心を守る態度をとろうとしました。お母さんだから、娘時代のようにひたすら取り澄ましてないし、元恋人の前だから、ひたすらがむしゃらにもならないように。 そのシーンは前日からリハーサルもたくさんするほど大事なシーンでした。 ハ・ソヨンオッパとウォーキングや動線も合わせてみて。」

彼女は結婚前のオンナンについて「一筋の光のような存在で表現したかった」とし、明るく弾けるようなトーンで演じたと明かした。

「結婚してからは外見にとても気を使いました。最大限にナチュラルに見せるつもりです。 カーキ色の濃いTシャツを着てるけど、 実はその服を凄くたくさん試着したんです。(笑)どんなカーキ色がもっと似合うのか、どんなフィットが自然なのかを問い詰めました。 体つきが表れないように努力しました。」

華やかな宝石や衣装がなくても輝くオンナン。そんなところで、オンナンは俳優ハ・ジウォンと相応しいところがある。 彼女は、技巧ない正直な口調でオンナンに染み込み、状況を楽しもうとした。

「子どもたちといる時、お姉さんのように見えてはいけないじゃないですか?お母さんのように見えるように努力しました。 そんな気持ちはただ自然に出てきました。 子供たちと一緒に遊んで、その子供たちを可愛がるから、それが日常的に自然に表れました。 一つの方法です。作品によって数十回、問い詰めて計算しなければならないんですが、『いつか家族に』は計算してもうまくいくとは思わなかったんです。 リラックスが優先で、子どもたちのおかげで自然と染み込みました。」

ハ・ジウォンは『いつか家族に』の現場についてヒーリングだと説明した。 繊細な男ハ・ジョンウの撮影現場は、愛らしい子役俳優たちと優しい俳優たちが集まった一つの遊び場だった。 何度でもハ・ジョンウについて「思いやりとセンスのある人」と説明する彼女に「どんなところがそんなに繊細だったのか」と尋ねた。

「私はあまりにも運動が好きなんです。だから宿泊先にランニングマシーンを準備してくださいました。 それに撮影が早く終わる日、撮影のない日は一緒に登山もしてくれました。 ヒノキの森で森林浴もして、一緒にヨガもしてくれました。 夜ご飯には健康食、減塩食で準備もしてくださって。」

ハ・ジウォンに「ほぼトレーナーじゃないですか?」と聞いたら、彼女は首を横に振って少女のように笑い始める。

「現場はいつも楽しくて、私は好きだけど、今回は本当に最高でした。 現場と現場の外、全部楽しかったです。 本当にたくさん癒されました。 観客の方々も観て、良い機運を得られる暖かい映画になればと思います」

元記事:こちら


冒頭の文章が印象に残る記事。
白いワンピースに身を包まれたお日さま🌞、とてもエレガントで美しいですね。💖
全くイメージと違うオンナン演じるにあたって、
本当にたくさん悩んでたという…
『いつか家族に』のような作品は初めてでした。
たくましい演技、母親の役柄も初めてだったので、
プレッシャーが大きかったんです。 悩みも多かったけど、
多くの方々が 『ハ・ジウォンから見られなかったところを
見ることができて 良かった』って言ってくれたから。
それだけでも感謝してます。
何か、また新しい役ができるんじゃないかな?自信もつきます。

普段ではなかなか見られないお日さまの姿が見れてとても新鮮だし、
今まで自信がなかった役に自信を持てるようになって本当によかった。😌
そしてオンナンのビジュアルについて、ジウォンオンニはこう語りました。
結婚してからは外見にとても気を使いました。
最大限にナチュラルに見せるつもりです。
カーキ色の濃いTシャツを着てるけど、
実はその服を凄くたくさん試着したんです。(笑)
どんなカーキ色がもっと似合うのか、どんなフィットが自然なのかを問い詰めました。
体つきが表れないように努力しました

オファーが届いた時は、自分に似合わないと思って、断ろうとしたんですが、
ハ・ジョンウさんに口説かれてオファーを受けたという。
監督やPDが私に『オンナン役に本当によく似合う』と言ったんです。
気になりました。好奇心がわいてきました。
私が見た感じでは、オンナンは私と合わない感じだけど、
どの部分によく似合うのかな?
悩んだ末に『お母さんの役は初めてですから』と言ったら、
ハ・ジョンウさんがこう言いました。『僕もお父さん役は初めてですよ』

「ハ・ジウォンが演じるオンナン」「ハ・ジウォンが表現する奥さん」
「ハ・ジウォンが表現するオンナン」って諦めずに
ジウォンオンニを説得するハ・ジョンウさんに感謝しかないですね。😌
初めての母親役、子役の男の子たちとの共演で気を使ったことは?と聞かれると…
子どもたちといる時、お姉さんのように見えてはいけないじゃないですか?
お母さんのように見えるように努力しました。
そんな気持ちはただ自然に出てきました。 子供たちと一緒に遊んで、
その子供たちを可愛がるから、それが日常的に自然に表れました。
一つの方法です。作品によって数十回、
問い詰めて計算しなければならないんですが、
『いつか家族に』は計算してもうまくいくとは思わなかったんです。
リラックスが優先で、子どもたちのおかげで自然と染み込みました

芝居ではなく、自然と溢れ出るから、感情を表に出す演技にも説得力がありますね。
さらに監督と相手役のハ・ジョンウさんとのエピソードについて…
私はあまりにも運動が好きなんです。
だから宿泊先にランニングマシーンを準備してくださいました。
それに撮影が早く終わる日、撮影のない日は一緒に登山もしてくれました。
ヒノキの森で森林浴もして、一緒にヨガもしてくれました。
夜ご飯には健康食、減塩食で準備もしてくださって

ハ・ジョンウさんは本当に優しいですね。💕
健康食、減塩食まで準備してくれたとは知らなかった!😳
こんな素敵な監督のおかげで、お日さまも撮影を楽しめたようでなによりです。

お日さまのインタビューを読んでから、
もう一度作品を見返すと、新しい発見があって、
より楽しめましたな~と思いました。😌

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す