【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「ハ・ジョンウのディレクション-アクションハ・ジウォン要求…NG満開、和気あいあい」2015.1.16

⏳「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『いつか家族に』(原題:ホサムグァン)のインタビューコレクション第6弾。💫


[インタビュー]『いつか家族に(ホ・サムグァン)』ハ・ジウォン、ハ・ジョンウのディレクション「アクションハ・ジウォン要求…NG満開、和気あいあい」
2015.1.16

映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』の俳優ハ・ジウォンが記憶に残るハ・ジョンウ監督のディレクションを公開した。

ハ・ジウォンは15日午後、ソウル市鍾路区昭格洞にあるカフェで行われた『いつか家族に』のインタビューで、「劇中でホ・オンナンがハ・ソヨンに会いに行くシーンがあります。 チョン・ヘジン先輩と争うシーンだが、ハ・ジョンウ監督が『オンナンがピンタをされてジャブを飛ばしましょう』と言った。 非常にサプライズなディレクションでした」と語った。

続いて「『アクション本能でアクションハ・ジウォンのようにしてくれ』と言われました。 本当に笑いすぎてNGもたくさん出ました。 現場で楽しかった」とし、「最初は慌てて、『はい? 拳でやれって?』と言いました。 しかし『ハ・ジウォンは拳で殴った方が似合うと思う』と言われて、快く見せました」と話しながら笑いました。

ハ・ジウォンは今回『いつか家族に』で人知れぬ過去があるホ・サムグァン(ハ・ジョンウ)の妻ホ・オンナン役を演じ、ハ・ジョンウと初めて共演した。

一方、14日に公開された『いつか家族に』は貧しいが、家族だけ見れば幸せな男ホ・サムグァンが11年間他人の子供を育てていたという呆れた事実を知って繰り広げられる笑いと感動のコミカルなヒューマンドラマだ。 世界的なベストセラー作家「余華」の代表作『許三観売血記』を原作にハ・ジョンウが演出を担当した。

元記事:こちら


[インタビュー]『いつか家族に』ハ・ジウォン「女優飢饉現象?私はまだやることが多い」
2015.1.28

ハ・ジョンウ、『いつか家族に』ラブコール 母親役に初挑戦
自然なエネルギー『いつか家族に』に溶かして
「リアリティのある役はいつでも挑戦したい」

映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』を見た観客はほとんど「ハ・ジウォンがこんなにきれいな俳優だった」という反応を見せる。モンペ(女性向けの作業用ズボン)をはいた3人の子供の母親を演じたにもかかわらずだ。

これまでの作品で強烈なキャラクターやアクションを披露してきたハ・ジウォン。 彼女が『いつか家族に』を通じて力を抜き、自然な姿で観客の前に立った。 ハ・ジウォンは今度の撮影現場で気楽で楽しい気持ちで臨んだという。 そのためだろうか。彼女の楽しい姿がスクリーンにそのまま伝わり、観客に気持ち良いエネルギーをプレゼントしている。

『いつか家族に』は貧しいが、家族だけ見れば幸せな男ホ・サムグァンが11年間他人の子供を育てていたという呆れた事実を知って繰り広げられる笑いと感動のコミカルなヒューマンドラマだ。 世界的ベストセラー作家「余華」の代表作『許三観売血記』を原作に俳優ハ・ジョンウが演出を担当した。

ハ・ジウォンは『いつか家族に』で人知れぬ過去があるホ・サムグァン(ハ・ジョンウ)の妻ホ・オンナン役を演じた。 ハ・ジウォンは序盤、ハ・ジョンウからラブコールを受けた時、断ろうとした。 自分には似合わない服だと思ったからだ。

「私がうまく演じるキャラクターがいる反面、できなさそうで自信のない作品があるじゃないですか? オンナンは私にぴったりの役ではないと思いました。 でもハ・ジョンウさんが『一番似合う』って言って、 好奇心が沸きました。 私は挑戦するのが好きだからやってみたかったです。 たくさん怯えて、『うまくできるかな?』と思ったんですが、映画を見る方々が褒めてくださって、よかったと思います。」

ハ・ジウォンが演じたホ・オンナンは、絶世の美女だが、がむしゃらな3人の子供の母親でもある。 ハ・ジウォンはこの点が心配した。 強烈なキャラクターは演じてみてもがむしゃらな演技はしたことがない。 母親のキャラクターも同様だ。彼女は今作で初めて母親の演技に挑戦した。

「私は実は女優としてお母さんの役をいつ演じなければならないと考えたことがないです。驚いたのは、私が他の女優よりお母さんの役を遅くしたそうです。 母性愛は練習したからといってできるものじゃないですか?台本を数十回読んで練習する作品もありますが、今回は私が現場で最大限に自然に楽しまなければと思いました。だから力が入ったものはすべて抜きました。子どもたちとたくさん遊んで親しくなったのが、母親のキャラクターを演じるのに役に立ちました。本当に私の子だ、私の夫だと思って演技しました。」

ハ・ジウォンはドラマ『奇皇后』の放送終了後に『いつか家族に』に合流した。 彼女は『奇皇后』で忙しいスケジュールで溜まった疲れを『いつか家族に』の撮影現場で解消したという。 それほどリラックスして楽しく演技に臨んだ。

「『奇皇后』で大変だったことをすべて癒された感じです。 撮影場ではなく、ヒーリング場でした。(笑)『奇皇后』の時は眠れず、ご飯も食べられませんでした。大体5回くらい食べたかな? しかし『いつか家族に』では調味料が入っていない減塩食を食べて、順天の撮影現場で澄んだ空気も吸ってよかったです。 現場で感じた通りに遊びました。だから私の自然な姿が盛り込まれたのだと思います。」

ハ・ジウォンは今作で監督と主演俳優であるハ・ジョンウから助けをたくさん受けた。 ハ・ジョンウは映画クランクイン前に『奇皇后』で忙しいハ・ジウォンのために、『いつか家族に』の製作過程が盛り込まれた雑誌形式の『月刊ハ・ジウォン』をプレゼントするなど多くの努力を傾けた。 現場でもハ・ジウォンが気楽に演技できるように空間を作ってくれた。

「ハ・ジョンウさんは監督としては新人だが、信頼がありました。 『いつか家族に』のシナリオを読んだとき、童話やファンタジーのような感じを受けて、面白くて洗練されていると思いました。 こういう作品をハ・ジョンウさんが作ると、 似合うだろうと思いました。 ハ・ジョンウさん自体がユーモアがあり、余裕もあるので、その姿が素敵でした。 天気が悪い場合があったが、笑いながら余裕のある態度で対処するのが『素敵な人だ』と感じました。」

ハ・ジウォンは、これまで様々な作品で魅力を発散し、大衆を魅了してきた。 ドラマ『バリでの出来事』、『ファン・ジニ』、『シークレット・ガーデン』、『キング 〜Two Hearts』、『奇皇后』はもちろん、映画『セックス イズ ゼロ』、『TSUNAMIーツナミー』、『私の愛、私のそばに』などを通して女優としての位置をしっかりと固めた。

「『シークレット・ガーデン』で男性役やアクションジャンルを通じてボーイッシュな演技をしながら、代理満足したと思います。 だからもっと好奇心が湧いて面白く演技しました。 忠武路(映画界)は女優の飢饉現象だと言われてますが、私はアクション・スリラーなどをやっているので、未だに『私にできることがない』と感じられないです。 今までもたくさんの作品をしてきましたが、まだまだやることが多いと思います。オンナンを演じると、誰かの人生を真摯に深く演じてみたいという欲が張りました。 また、お母さんのキャラクターですか?人生の物語ができる役柄ならいいですね。」

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン「自体発光外貌」(いつか家族に)
2015.1.17

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン「魅力的な微笑み」(いつか家族に)
2015.1.17

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン「まっすぐ伸びた牛乳色の脚線美」(いつか家族に)
2015.1.17

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン「可愛い目の微笑み愛嬌」(いつか家族に)
2015.1.17

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン「眩しい美貌」(いつか家族に)
2015.1.17

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン「日差しより眩しいボリュームスタイル」(いつか家族に)
2015.1.17

元記事:こちら


この記事の写真が凄く気に入ってるので、ここで紹介することに。😌
ジウォンオンニはこのインタビューでもオンナンが
ハ・ソヨンの奥さんとの争うシーンのエピソードを明かしました。👊🏻
『アクション本能でアクションハ・ジウォンのようにしてくれ』
と言われました。 本当に笑いすぎてNGもたくさん出ました。
現場で楽しかった。最初は慌てて、『はい? 拳でやれって?』と言いました。
しかし『ハ・ジウォンは拳で殴った方が似合うと思う』
と言われて、快く見せました

ハ・ソヨンの奥さんにパンチを食らわせたオンナン、
初めて見た時は「インパクトがあってカッコいいな~」と思いました。
まさか『いつか家族に』でもジウォンオンニのアクションが見れるとは思わなかったから、
サプライズでした。😁

そして初めて母親役に挑戦する心境は…
私は実は女優としてお母さんの役を
いつ演じなければならないと考えたことがないです。
驚いたのは、私が他の女優よりお母さんの役を遅くしたそうです。
母性愛は練習したからといってできるものじゃないですか?
台本を数十回読んで練習する作品もありますが、
今回は私が現場で最大限に自然に楽しまなければと思いました。
だから力が入ったものはすべて抜きました。
子どもたちとたくさん遊んで親しくなったのが、
母親のキャラクターを演じるのに役に立ちました。
本当に私の子だ、私の夫だと思って演技しました

30代になると、母親役を演じる女優さんも少なくないけど、
40代になってからお母さん役に挑戦する女優さんもたくさんいるでしょうね。
出演を決めるまで「うまく演じれるかな?」とお日さまが悩んでいたようですが、
初めて挑戦した母親役も自然にこなせるのは女優ハ・ジウォンの底力だと思います。💪🏻
ハ・ジョンウさんのインタビューを読んでみると…

俳優たちは現場で自分が演じるキャラクターの服を着て、
うまく表現しなければならないという負担を持って演技します。
ハ・ジウォンには、『そのようなものから抜け出して、
自然な感情が盛り込まれてほしい』と注文した。 正解がないので、
感じながらやってほしいと話した。

ハ・ジョンウ監督のおかげで、
ジウォンオンニがリラックスして撮影に臨むことができて本当によかったね。💖
そこまで気遣ってくれる監督さんはなかなかいないと思うから。
本人曰く、『奇皇后』の過酷な撮影スケジュールで溜まった疲れまで解消されたという。😁
『奇皇后』で大変だったことをすべて癒された感じです。
撮影場ではなく、ヒーリング場でした。(笑)
『奇皇后』の時は眠れず、ご飯も食べられませんでした。
大体5回くらい食べたかな? しかし『いつか家族に』では
調味料が入っていない減塩食を食べて、
順天の撮影現場で澄んだ空気も吸ってよかったです。
現場で感じた通りに遊びました。
だから私の自然な姿が盛り込まれたのだと思います。

これまでの作品で様々な役やジャンルをこなしてきたが、
お日さまは挑戦したいことはまだまだたくさんあるという。🥰
『シークレット・ガーデン』で男性役やアクションジャンルを通じて
ボーイッシュな演技をしながら、代理満足したと思います。
だからもっと好奇心が湧いて面白く演技しました。
忠武路(映画界)は女優の飢饉現象だと言われてますが、
私はアクション・スリラーなどをやっているので、
未だに『私にできることがない』と感じられないです。
今までもたくさんの作品をしてきましたが、
まだまだやることが多いと思います。オンナンを演じると、
誰かの人生を真摯に深く演じてみたいという欲が張りました。
また、お母さんのキャラクターですか?
人生の物語ができる役柄ならいいですね。

この話が聞けて、ファンとしては凄く嬉しいです。
これからどんな役に挑戦するのか?どんな姿を見せてくれるのか?
想像するだけでワクワクドキドキします。😍

ハ・ジョンウさんがインタビューでも話したけど…

良い人と働きたいという気持ちが大きかった。
そうしてこそ、その中で良い経験を積むことができるし、
成長することができます。だからハ・ジウォンと一緒にやりたいと思いました

これは最高の褒め言葉ですね。❤️
ジウォンオンニも昔のインタビューで「共演したい俳優は?」と聞かれて、
「ハ・ジョンウさん」と答えたね。
この作品で二人の共演が見れて本当に嬉しかったです。🥰

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す