【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「すべてのものから長所を見つけるポジティブな女神」2015.1.13

⏳「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『いつか家族に』(原題:ホサムグァン)のインタビューコレクション第9弾。💫


『いつか家族に(ホ・サムグァン)』ハ・ジウォン「悪口シーンのために練習した」(インタビュー)
2015.1.13

俳優ハ・ジウォンが映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』のホ・オンナン役のために悪口を練習したと突然に告白した。

ハ・ジウォンは13日、ソウル鍾路区八坂洞にあるカフェで行われたインタビューで「シナリオを読んだ時は面白かったが、家で実際にセリフを言ってみたら、とても口癖にならなかった」と映画『いつか家族に』の特有の文語体のセリフに対する感想を打ち明けた。

余華の『許三官売血記』を原作とする映画『いつか家族に』は「文語体」の味を生かした台詞が多い。 監督ハ・ジョンウも、原作のこのような味のある文語体を念頭に置いて生かし、映画の面白さを引き出した。

ハ・ジウォンは続いて「修正される前に、映画のシナリオの中のホ・オンナンが荒い悪口をたくさん言ったので、悪口の練習も頑張ってしていました」とし、「文語体を使って悪口を言うのが妙で大変でした」と難しさを吐露した。

特に「子どもたちに餃子を食べに行こう、オンナンが『ふざけるな。出かける準備をしなさい』と放ったが、その単語がとてもぎこちなかった」とし、「幸い『このX郎』と言う部分はうまくやったとハ・ジョンウ監督から誉められました」と明かしながら、笑いを誘った。

またハ・ジウォンは「次の映画に機会があれば、練習した悪口を披露したいです」と可愛らしく付け加えた。

『いつか家族に』は貧しいが、愛らしい3人の息子と美しい妻ホ・オンナンと幸せに暮らした一番ホ・サムグァンに自分の長男が自分の血筋ではないことが明かされて経験するヒューマンコメディ作品だ。 ハ・ジョンウが監督兼主人公で1人2役に扮した。来る14日に公開される。

元記事:こちら


ハ・ジウォン「子役俳優のケア? 子供たちが私の友達になってくれたこと」(インタビュー)
2015.1.13

俳優ハ・ジウォンが映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』の子役に対する愛情を表現した。

ハ・ジウォンは13日、エックスポーツとのインタビューで映画の中の子供たちとの共演が完璧だったという評価に対し、「子供たちが私と遊んでくれたこと」と謙遜な姿を見せた。

映画『いつか家族に』はホ・サムグァンの3人の息子が映画の中枢を担うだけに子役俳優のキャスティングに非常に力を入れ、撮影現場でも別途の演技ディレクション講師を置くなど、気を配った作品だ。 ハ・ジウォンは、自分の3人の息子イルラク(ナム・ダルム)、イラク(ノ・ガンミン)、サムラク(チョン・ヒョンソク)の面倒をよく見たということに対して、首を横に振った。

ハ・ジウォンは「私が子供たちの面倒を見てきたのではなく、子供たちが私と遊んでくれました」とし、「子供たちがお姉ちゃんゲームしよう、お姉ちゃんポップコーンを取りに行こうって言いながら、親しく近付いてくれました」と明かした。 続いて「子どもたちとコード(気)が合った」とし、「一緒にゲームセンターにも行って、子供たちと楽しい時間を過ごしました」と付け加えた。

また「子供たちは撮影現場が大好きだと、家に帰りたくないほどでした。 子どもたちが気楽に遊べるように撮影現場がきちんと準備されていました」と和気あいあいとした撮影現場に花を持たせた。

実際、映画の中のホ・サムグァンの3人の息子は、それぞれの役を見事にこなし、ハ・ジョンウやハ・ジウォンに劣らぬほど関心を受けた。 特に長男イルラク役のナム・ダルムは『シックス・センス』のハーレイ・ジョエル・オスメントを思い浮かばせ、戦慄を呼び起こすという評価だ。

ハ・ジウォンが町内最高の美女「ホ・オンナン」役を演じ、初めて母親役に挑戦する映画『いつか家族に』は、俳優ハ・ジョンウが演出と主人公1人2役に挑む作品で、余華の小説『許三観売血記』を原作にしている。 自分が育てていた3人の息子のうち、長男が自分の血を引いていなかったことが分かり、ホ・サムグァンが経験するヒューマンコメディを取り上げる。 来る14日公開。

元記事:こちら


ハ・ジウォン、すべてのものから長所を見つける「ポジティブな女神」(インタビュー)
2015.1.13

俳優ハ・ジウォンは人生に対して「ポジティブ」なエネルギーに満ちた人だった。

ハ・ジウォンは13日、ソウル鍾路区八板洞にあるカフェで行われたインタビューで「良くない状況でも好きなものを探す」と人生に対する特別な態度を見せた。 ハ・ジウォンは撮影場などで、プロフェショナルな態度と完璧な自己管理で、終始一貫している口コミを誇る。

映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』の演出者ハ・ジョンウも「ハ・ジウォンからは学ぶところが多い。 現場で長い間、スタッフたちと過ごしてきた経験があるためか、自己管理も徹底していて、隙のない人」とし、「それでも、本人が持っている純粋さを失わない女優です。そんな相手役に出会ったから、監督と俳優の2つの役をすべてこなすことができた」とし、ハ・ジウォンに対する深い信頼を表した。

ハ・ジウォンはこうした評価について「頑張ってやって、見てくれてありがとう。好きだから情熱的に臨むようになります」とし、「アクションも演技も何でも好きだから、頑張るようになると思います」と謙遜な姿を見せた。

続いて「時には良くない状況で演技や他の仕事をすることもありますが、それならその中で好きなものを探して楽しもうと思います」と付け加えた。

彼女は「退屈な状況であっても、私が好きな音楽を聴きながら、他のことを忘れる時もあります。 誰か面白い人を観察するようになる場合もあります。 好きな対象を作ってみたりもします」とし、いつも情熱たっぷりでエネルギーが満ち溢れるノウハウを公開した。

一方、ハ・ジウォンの初挑戦で注目を集めた『いつか家族に』は、町内最高の美女ホ・オンナンとゴールインしたホ・サムグァンの物語で、ホ・サムグァンは劇中で「ヒバリの王」と呼ばれ、他人の子供を11年間育てる。 その事実を知ってから、最初のホ・イルラクをはじめ、妻のホ・オンナンとの葛藤と愛が主なストーリー。 俳優ハ・ジョンウが演出者としても出演した。 来る14日公開。

元記事:こちら


ハ・ジウォン、きれいに見せたくなかった女優(インタビュー)
2015.1.14

俳優ハ・ジウォンは終始一貫している。 38という年齢はあえて言うのが面倒だ。映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』に登場する彼女は、「町内最高の美女」という修飾語が惜しくなかった。

14日に公開される『いつか家族に』でハ・ジウォンは「町内最高の美女」ホ・オンナンを演じる。初めて母親の演技に挑戦し、頼もしい3人の息子もできた。 13日、ソウルにあるカフェで行われたインタビューで試写会の後、「映画の中のハ・ジウォンが本当にきれい」という反応が殺到したと伝えると、首をひねる姿だった。

彼女は「決して美しく見せるために撮ったシーンではないです。そのような反応が出て、本当に感謝します。 メイクもしっかりせず、髪もひとまとめにして、みすぼらしい服を着て、まったく飾らなかった。私は飾らない方がもっといいと思ったほど」と話しながらも、「本当にきれいですか?」と多少慌てる様子が見えるぐらいだった。

ハ・ジウォンは、この美しいホ・オンナン役を引き受けないつもりだったという。 「原作ホ・サムグァンを本当に面白く見たが、オンナンというキャラクターが私の服ではないような感じでした」と告白した。 ハ・ジウォンの考えと周りの人の考えは違った。 演出者ハ・ジョンウとハ・ジウォン所属事務所の代表は、シナリオを見て、ホ・オンナンとハ・ジウォンがよく合うと彼女に改めて勧めた。 「他の人たちが何度も私とホ・オンナンが似合うと言って、なぜこのキャラクターが私と似合うのか気になりました」とホ・オンナンに対する好奇心が蘇った理由を説明した。

実は映画『いつか家族に』はホ・オンナンではなく、ホ・サムグァンとその息子が中心となる作品。 トップスターのハ・ジウォンが演じるには相対的に比重の少ない役ではないかという見方もあった。 ハ・ジウォンは全然気にしなかった。

「そんな部分が気になっていたら、この映画はしなかっただろう」と断固たる言葉を述べた。 続いて「オンナンの比重など、このようなものは、私が映画をする上でそれほど重要な部分ではなかった。『いつか家族に』のようなドラマをしたかった。オンナンを通じて母親という役がきれいに描かれて満足しました。 改めて考えてもこの映画をしてよかったと思った」と「お母さん」への変身に満足感を示した。

彼女は撮影現場の外でも3人の息子の母親だったことが知られ、話題を呼んだ。撮影のない日も子供達に会うために撮影場を訪れたり、子どもたちに贈り物を渡したりした。

「私は子供たちの面倒を見てきたのではなく、子供たちが私と遊んでくれました」と首を横に振りながら、「子供達とコード(気)が合いました。子どもたちがお姉ちゃんゲームしましょう、お姉ちゃんポップコーンを取りに行きますよと言いながら、親しく近付いてくれました。 撮影現場も子供達が撮影現場がとても好きで、家に帰りたくないと言うほどでした。 気楽に遊べるように撮影現場が準備されていました」と撮影現場と子供達に花を持たせた。

映画でハ・ジウォンは、壊れる演技を躊躇わない。 NGが多かったチョン・ヘジンとの格闘シーンでは、一般的な髪を掴んで喧嘩したり、ビンタを食らわす代わりに「パンチ」を放った。 「アクション」するハ・ジウォンが思わずが思わず飛び出す格別なスナップショットを披露し、映画館では大きな笑いを誘った「パンチ」だった。

オンナン役のために、悪口の練習もするほどだ。 文語体のセリフが口につかないのに、それだけではなく文語体で悪口を言うなんて、ベテランの彼女にとっても簡単なことではなかったという。幸いに「このX郎よ」とサムラクを呼びながら、恨めしく思うシーンでは、うまい感じで演出者ハ・ジョンウに褒められたと照れくさそうに伝えた。

ハ・ジウォンは同僚と現場の評価が一貫性を持っている。いつも一生懸命でプロフェッショナルな態度で手本になる。 一緒に共演したハ・ジョンウも「見習うところが多かった」とし、同じ意見を加えた。

ハ・ジウォンは「心が動かなければならないスタイル」とし、「良いからそうすることです。嫌いなことはしない。 時には良くない状況ですることもあるけど、じゃ、その中で好きなことを見つける」とし、常に情熱的な態度の秘訣を耳打ちした。

彼女は「退屈な状況であっても、私の好きな音楽を聴きながら、他のことを忘れる時もあり、誰か面白い人を観察するようになる場合もあります。 私が好きな対象を作ってみたりもします」と付け加えた。

10年以上トップの座にいる女優のロングランの秘訣はシンプルだが、一般人は簡単に決心するのが難しい部分であった。 嫌なことでも良いものを見つけるのは容易ではなかったが、ハ・ジウォンにとってはとても慣れてるように見えた。インタビューの途中にも彼女は明るい笑顔で周りの人々を気遣いながら、自分が好きなお菓子を勧めた。 なぜ「ハ・ジウォン」を万人が選ぶのか、彼女の答えを聞けば聞くほど納得できた。

『いつか家族に』でオンナンは自分と結婚することになったホ・サムグァンに「私はルックスもきれいで、器用だから、あなたは本当に恵まれた人です」とツンツンしていながらも愛らしく自信を持つ。

外貌もきれいで、才能も豊かなハ・ジウォンという俳優に出会えるなんて、私たちはかなり恵まれた観客だ。

元記事:こちら


ハ・ジウォン「水を吸い上げた美貌」[フォト]
2015.1.13

元記事:こちら


ハ・ジウォン「八色鳥の演技の魅力の持ち主」[フォト]
2015.1.13

元記事:こちら


ハ・ジウォン「無限魅力の持ち主」[フォト]
2015.1.13

元記事:こちら


ハ・ジウォン「ホ・サムグァンの妻でお母さん演技デビュー」[フォト]
2015.1.13

元記事:こちら


ハ・ジウォン「魅惑的な目つき」[フォト]
2015.1.13

元記事:こちら


ハ・ジウォン「魅力あふれる女優」[フォト]
2015.1.13

元記事:こちら


エックスポーツの記事の写真は期待を裏切らないですね。
お日さまの優しい笑顔に心和みます。💕
『いつか家族に』で初めて母親役に挑んだお日さま、
このインタビューで息子役の子供達とのエピソードを明かしました。
私が子供たちの面倒を見てきたのではなく、
子供たちが私と遊んでくれました。子供たちがお姉ちゃんゲームしよう、
お姉ちゃんポップコーンを取りに行こうって言いながら、
親しく近付いてくれました。一緒にゲームセンターにも行って、
子供たちと楽しい時間を過ごしました。
子供たちは撮影現場が大好きだと、家に帰りたくないほどでした。
子どもたちが気楽に遊べるように撮影現場がきちんと準備されていました

この作品を撮影していたとき、
撮影現場でたくさん遊んだとジウォンオンニが言ってましたね。💕
このインタビューを読みながら、最初に思い浮かんだのは、
「お姉ちゃん、一緒にかくれんぼしよう!」と子供たちに誘われたチャヨン。😁
撮影現場にこんなに素敵なお姉さんがいたら、家に帰りたくなくなりますよね。(笑)

このインタビューで一番印象に残ったのは、ハ・ジョンウ監督のコメント。

ハ・ジウォンからは学ぶところが多い。
現場で長い間、スタッフたちと過ごしてきた経験があるためか、
自己管理も徹底していて、隙のない人。
それでも本人が持っている純粋さを失わない女優です。
そんな相手役に出会ったから、監督と俳優の2つの役をすべてこなすことができ
た」

いくつになっても真面目で優しくて、純粋さ、謙虚さ、
素直さを失わない人はやはりとても魅力的ですね。😌
ホ・オンナンという役、どうしてもハ・ジウォンに演じてほしいという
ハ・ジョンウ監督の気持ちがよく分かります。💖
頑張ってやって、見てくれてありがとう。
好きだから情熱的に臨むようになります。
アクションも演技も何でも好きだから、頑張るようになると思います。
時には良くない状況で演技や他の仕事をすることもありますが、
それならその中で好きなものを探して楽しもうと思います。
退屈な状況であっても、私が好きな音楽を聴きながら、
他のことを忘れる時もあります。
誰か面白い人を観察するようになる場合もあります。
好きな対象を作ってみたりもします

嫌だと思っていることの中に少しでも楽しみを見つける力を身につけた方が
幸せに生きられるでしょうね。
「ハ・ジウォンからは学ぶところが多い」、まさにその通りです。😌
俳優という仕事は決して楽な仕事ではないと思いますが、
大変なときこそ少しでも前向きに楽しみを見つけるように、
そういうプラス思考を見習わなきゃといつも思います。💪🏻

記事の締めくくりの文を読んで、思わず頷きました。

10年以上トップの座にいる女優のロングランの秘訣はシンプルだが、一般人は簡単に決心するのが難しい部分であった。 嫌なことでも良いものを見つけるのは容易ではなかったが、ハ・ジウォンにとってはとても慣れてるように見えた。インタビューの途中にも彼女は明るい笑顔で周りの人々を気遣いながら、自分が好きなお菓子を勧めた。 なぜ「ハ・ジウォン」を万人が選ぶのか、彼女の答えを聞けば聞くほど納得できた。

『いつか家族に』でオンナンは自分と結婚することになったホ・サムグァンに「私はルックスもきれいで、器用だから、あなたは本当に恵まれた人です」とツンツンしていながらも愛らしく自信を持つ。

外貌もきれいで、才能も豊かなハ・ジウォンという俳優に出会えるなんて、私たちはかなり恵まれた観客だ。

凄くいいこと書いてましたね。👏🏻👏🏻👏🏻
ファンがいろいろ言うより、一般の方が言ってくれるのが一番説得力あります。
だからこんなに素敵なお日さまの1023になれたことを心の底から誇りに思うし、
本当に幸せです。🥰

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す