「チョコレート」ユン・ゲサンXハ・ジウォン、慰めと共感の「フードセラピー」本当のヒーリング

さきほどネットでお散歩したら、JTBCドラマ『チョコレート』👩🏻‍🍳🍫に登場した食べ物に
込められた意味を分析する記事を見つけました。✨


「チョコレート」ユン・ゲサンXハ・ジウォン、慰めと共感の「フードセラピー」本当のヒーリング

『チョコレート』が温かい一食に込められた人生と人の話が濃い響きを与えた。

JTBC金土ドラマ『チョコレート』(演出イ・ヒョンミン、脚本イ・ギョンヒ、制作ドラマハウス・JYPピクチャーズ)が、巨成ホスピスで新しい縁を結んでいくイ ・ガン(ユン・ゲサン)とムン・チャヨン(ハ・ジウォン)のストーリーで変化が予告された。 お互いに深く向き合う時間もなく、すれ違ったばかりのイ・ガンとムン・チャヨンが、心を開いてお互いに徐々に染み始めて、視聴者の心をときめかせている。 これにホスピスの家族の切ない事情と食べ物に投影させた生と死に対する深い洞察は共感を呼び、好評を得た。 『チョコレート』で食事は縁の媒介であるだけでなく、一人の人生を盛り出す器である。 五感を刺激する『チョコレート』ブランドのフードテラピーは、「ヒーリング」を盛り込み、慰めと共感を伝えている。 これに長い余韻を残した 「ヒーリングフード」を通じて、異色の感性を探った。

#ユン・ゲサンXハ·ジウォン 「絆」が 「運命」になるまで! 甘くてほろ苦い慰めの瞬間『チョコレート』

イ・ガンとムン・チャヨンにとって「チョコレート」は、食べ物以上の意味だ。 悲しくて苦しい瞬間になると、チョコレートを食べるムン・チャヨンと母親の死後、誰よりも好きだったチョコレートを食べなくなったイ ・ガン。 二人のすれ違った人生の中にはチョコレートがあった。 デパート崩壊事故の悲惨な現場で気力を失いつつあったムン・チャヨンを起こしたのは、イ・ガンのお母さんチョン・スヒ(イ・オンジョン)が差し出したチョコレートだった。 ムン・チャヨンにとってチョコレートは、初めて経験した暖かさであり、地獄のような現場で見た唯一の光だった。 そしてチョン・スヒがムン・チャヨンに渡したチョコレートは息子のイ・ガンのための贈り物だった。 父親一家の無視と冷遇の中で強くならなければならなかったイ・ガンにチョコレートが与える甘い慰めには背を向けるしかなかった痛みだった。 子供の頃、少年イ・ガンがムン・チャヨンに作ってあげると 約束した「チョコボール」は二人のすれ違いと誤解の中に消えていった。 変わった人生の中で、イ・ガンとムン・チャヨンはそれぞれ違う感情をチョコレートに投影している。 限りなく甘いが、また、苦いチョコレートの味のように、すれ違いの末に心の扉を開き始めたイ・ガンとムン・チャヨンが、お互いの慰めになれるだろうか。 チョコレートのような二人の縁が気になる。

#ユン・ゲサンXハ・ジウォン、行き違った縁を再び実現させたユ・テオ、 「餃子スープ」に込めた温かい本音

死を前にしたクォン・ミンソン(ユ・テオ)の最後の願いは、ムン・チャヨンが作った餃子スープを食べたいということだった。 クォン・ミンソンの願いは、長い時間と誤解を乗り越え、イ・ガンとムン・チャヨンを再会させた。 イ・ガンとムン・チャヨンさえ知らなかった餃子スープの真実は、イ・ガンとムン・チャヨンの縁を元に戻すためのクォン・ミンソンの選択だった。 クォン・ミンソンは、イ・ガンに向かうムン・チャヨンの気持ちを全て知っていた。 「カン頼むよ」というクォン・ミンソンからの最後のメッセージは本気だった。 これ以上ムン・チャヨンが自分の心に目をそむけながら暮さないように願った、死を前にして二人の縁を引き継ぎたかったクォン・ミンソンの心が餃子スープに込められたのだ。 友達のために母親のレシピノートまで探し、直接餃子スープを作ってあげようとしたイ・ガンの友情と心からの謝罪を込めて渡したムン・チャヨンの心まで。 食べ物一つに込められた深い本音が視聴者にも深い響きを残した。

#生と死、家族の意味が込められた苦い人生の味! キム老人の「ジャージャー麺」

ホスピス病院の頑固なキム老人(オ・ヨンス)は、毎日中華料理店を訪れ、ジャージャー麺を食べた。 外出禁止されても意地を張って外に出ようとしたキム老人が、中華料理屋で待っていたのは「ジャージャー麺」ではなく「息子」だった。 財産を子どもたちに渡して何も残らなくなると、捨てられたキム老人は結局現実を受け入れたくなかったはず。 毎日中華料理を食べていたジャージャー麺は、息子に捨てられたという事実を信じられなかった切ない否定であり、明日を生きていける希望だった。 寂しく死を迎えながらも、「後で子供たちが訪ねてきて泣いても、お父さんは大丈夫だと、ジャージャー麺を食べる楽しさは、あなたたちが私にくれた悲しみを全部忘れたと伝えてほしい」という父親の声が視聴者を泣かせた。 中華料理店を訪れてジャージャー麺を食べながら、キム老人を悼んだイ・ガンとムン・チャヨンの心からの慰めが加わり、長い長い余韻を残した。

一方、JTBC金土ドラマ『チョコレート』第7話は来る20日(金)夜10時50分に放送される。

元記事:こちら


最近読み応えのある記事が毎日のように上がってきて、なんだか嬉しいです。💖
チャヨンがイ・ジュンのために作ったお弁当、ミンソンのために作った餃子スープ、
おじいさんのために作ったジャージャー麺、テヒョンのために作ったおかゆ、
キム・ヒジュのために作った桜のキムパッ、ジヨンのために準備したお誕生日ディナー…🍴
今思えば、どの料理もチャヨンが慰めたい!という想いが込められてますね。

死ぬ前にチャヨンの餃子スープを食べたいというミンソンの本当の最後の願いは、
チャヨンとイ・ガンを再会させること。
そしてまずいジャージャー麺を食べ続けるおじいさんの心の奥の本当の気持ちを思うと、
本当に泣けてきます。😢

人の心を動かす物語、やはり素敵です。❤️

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す