『チョコレート』ユン・ゲサン&ハ・ジウォン、見れば見るほどハマるレトロヒューマンメロ

『チョコレート』のネットニュースをチェックしてたら、
どうしてもここで紹介したい記事を見つけました!✨


『チョコレート』ユン・ゲサン&ハ・ジウォン、見れば見るほどハマるレトロヒューマンメロ

俳優ユン・ゲサン、ハ ・ジウォンが一つになった『チョコレート』が甘くてほろ苦いヒューマンメロでお茶の間を彩っている。 人間味がぷんぷんする話で慰めをプレゼントするところだ。

JTBC金土ドラマ『チョコレート』は先月29日に初放送された。 全国3.5%、首都圏4.2%(ニルソンコリア、有料世帯基準)を記録して気持ちの良いスタートを知らせた。 去る7日第4話(4.603%)で自己最高視聴率を記録した。イ・ヒョンミン監督とイ・ギョンヒ作家が作り出した繊細な感性の上にユン・ゲサン、ハ ・ジウォンのシナジーが加わり、「感性製造ドリームチーム」の真価が発揮された。

ギリシャを背景にハ・ジウォン(ムン・チャヨン)に駆けつけるユン・ゲサン(イ・ガン)の姿がオープニングを飾り、遠い時間を回った二人の物語が始まった。 1992年、莞島(ワンド)にあるレストランで出会った幼い時代、時間が流れ、医師とシェフになった二人が再会する過程が盛り込まれた。 ハ・ジウォンは初恋のユン・ゲサンを一気に調べたが、ユン・ゲサンは気づかなかった。 これにユン・ゲサンの親友ユ・テオ(クォン・ミンソン)が加わり、ロマンスが分かれた。 もどかしさを誘った 縁の輪は決して断ち切ることができなかった。 ホスピスの病棟で再会したユン・ゲサンとハ・ジウォンの間には、ピンク色の気流が流れている。 閉じた心が少しずつ開かれ、お互いについて知っていく時間が描かれ、視聴者から共感を得ている。

2004年のヒット作「ごめん、 愛してる」でシンドロームを起こしたイ・ヒョンミン監督とイ・ギョンヒ作家が15年ぶりに再会した。 寒い冬の胸を温めるメロ劇の誕生を予告した 『チョコレート』は、 「レトロヒューマンメロ」という愛称を得た。 最近流行っているレトロブームとあいまって、見れば見るほどハマるドラマという評価を受けている。 レトロな感じがどことなく心を動かす力があるのだ。それぞれの異なる痛みを乗り越えて生きていくユン・ゲサンとハ・ジウォンの物語が、ギリシャと莞島の美しい風景を背景に繊細に展開され、イ・ヒョンミン監督特有の繊細な演出が切なくておぼろげな感覚を刺激した。 人物の内面を深く見つめるイ・ギョンヒ作家ならではの温かい視線も目を引いた。

ユン・ゲサン、ハ ・ジウォンの落ち着いたメロ演技が、もう一つの見所として位置づけられ、作品の完成度を高めている。 触れる視線とすれ違う手だけでときめきを催したユン・ゲサンとハ ・ジウォンのシナジーは、これから描いていくロマンスに期待を膨らませている。

『チョコレート』のイ・ヒョンミン監督は、「生活に疲れた多くの人に憩いの場や休息のようなドラマだ。 ギリシャや莞島、麗水、扶余の海外や全国各地ロケが多かった」とし、「刺激的な話はない。 世の中の人々が生きる物語、生きて死ぬ物語だ。 このようなドラマを食べ物で例えれば、MSGがない食べ物だ。 材料が大切だ。 本当に良いシェフは良い材料を持って、塩と火で料理を作ると言ったよ。 良い俳優がたくさん出てくる。 俳優がよく見える作品」と語った。

元記事:こちら


読みながら思わず頷きました。😌
イ・ヒョンミン監督は制作発表会で『チョコレート』を
「化学調味料を使わない料理」に例えたんですが、このドラマを見て納得しました。

シンプルな物語ではあるが、見れば見るほど深みがあって、じわりと温かくなる。💕
チャヨンもイ・ガンもホスピスに入院している患者たちも、
一人一人みんなそれぞれドラマがあって、それぞれの想いがあって、
精一杯にそれぞれの人生を走り抜いている。💪🏻
ありふれた日常だからこそ身近に感じて共感する部分が多かったな~と見ながら思いました。

11月末のインタビューでジウォンオンニはこう言った。
厳しい世の中に降ってきた恵みの雨のように心動かされた台本
まさにその通りです。💞
このドラマを選んでくれたジウォンオンニに改めて感謝。🥰

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す