ハ・ジウォンXユン・ゲサン主演 JTBCドラマ『チョコレート』第5話

JTBCドラマ『チョコレート』👩🏻‍🍳🍫第5話
夕べも本放死守しました!💪🏻
ストーリーにまつわる記事を紹介しながら、第5話について語りたいと思いますが、
内容にも触れますのでネタバレを避けている方はご注意下さい。⚠️


「チョコレート」ユン・ゲサン♥ハ・ジウォン、おじいさんの死→慰め合いながら向かい合って「追悼」の食卓

『チョコレート』でジャージャー麺のおじいさんの死がユン・ゲサンとハ・ジウォンが向き合うきっかけになった。

13日午後放送されたJTBC『チョコレート』(脚本イ・ギョンヒ、演出ハム・ヨンフン)ではイ・ガン(ユン・ゲサン)が右手をケガして、ホスピス病棟に移された中で、ムン・チャヨン(ハ・ジウォン)をいじめる「ジャージャー麺おじいさん」が登場した。

ジャージャー麺おじいさんが菜園でネギを取っているチャヨンを呼び出して、ジャージャー麺を食べに行こうと言った。 外に出てジャージャー麺を食べながらおじいさんは「私もペガル一つおごってくれ」とし、チャヨンは「ここのジャージャー麺よりは私が100倍もっとおいしく作ることができます! でもお酒はだめ」と先に店を出た。 その後についてきた祖父がチャヨンに「私、帽子を置いてきた」と言った。 「私が持ってきますよ。ここでじっとしてください。」と帽子を取りに行こうとしたチャヨン、配達バイクが危うく運転するのを見て、おじいさんが危ないと走って行ったが、すでにおじいさんは倒れた後だった。

けがをしたおじいさんを見たカンは、「誰の許可で外出をしたのですか? 私はここに長くいるつもりはありません。 そちらがここにいたのは私と関係はありませんが、どうか私がここにいる間、大きな音を出さないようにしましょう。」とおじいさんに「外出禁止」を出した。 チャヨンは、「他のことは知らないが、外出禁止は解除してください。 私はおじいさんの手をしっかり握って大事にする」と言ったが、カンは聞かなかった。

二日、祖父が「ジャージャー麺食べに行こう」とムン・テヒョン(ミン・ジヌン)にねだると、テヒョンは「おじさんいつまでもそこでジャージャー麺を食べていても、息子は帰ってこないんです。 息子が捨てたんじゃないの。 僕がうちの母に見捨てられて、うちの姉も捨ててよく分かるが、あいつら来ない。僕は今お姉さんに落ちたことがあるからまた来たのよ。 おじいさんは山や土地を全部売って子にあげた。その子たちがそれを全部手に入れたのに、ここをどうして来て、だから祖父がもうジャージャー麺は食べないで」と言った。 これに対し、祖父は「お前が何だ、私の息子にあの野郎と呼んで」と言ってテヒョンを殴り始めた。 これを見たチャヨンが全身でテヒョンをかばった。

その後、祖父は倒れ、病室に移された。 病室でもおじいさんはクォン・ヒョンソク(キム・ウォンヘさん)に「院長、私とジャージャー麺を食べに行きましょう」と言ったが、ヒョンソクは「私も行こうと調べてみたら、今日は閉店する日だと言われました。 明日、食べに行きましょうか」と話し、ハ・ヨンシル(ヨム・ヘラン)も「おじいさんが心配するのを恐れて、息子さんが訪ねてきたらこちらに連絡してくれと、私たちの電話番号もドアの前に貼ってきた」と話した。 それに対し、祖父は安心した様子で、「それじゃ、明日必ず行きましょう」と言った。 チャヨンは怒りで倒れた祖父が気になっていろんな種類の材料を動員してジャージャー麺を作り始めた。 おじいさんの杖に当たった体が痛かったが、止まらなかった。 すぐに完成したジャージャー麺をおじいさんの病室に持ち込もうとするのを、カンが止めた。

チャヨンは怒っているように「先生、お出かけではなく、自分で作ったジャージャー麺です。 これは食べてもいいでしょう?」と語った。 これにカンは言葉をつぐむことができず、病室からヒョンソクが出た。 「今、おじいさんがジャージャー麺を食べられないようですが、おじいさんはこのジャージャー麺は好きじゃないでしょう。 おじいさんはその店で息子を待ちながら食べるジャージャー麺が一番おいしかったはずなのに。 今逝った。 ここで遠足を終えて帰った」と話した。 チャヨンがその場で凍り付いた。

チャヨンがジャージャー麺のおじいさんの帽子を探しに店に入って、帽子を持って出てくるシーンを川が向かい合った。 カンは「夕食を食べましたか? ジャージャー麺を食べますか?」とし、ジャージャー麺を3つ注文した。 一つを混ぜて空いた席に置いておくカン。チャヨンも「いただきます」とし、ジャージャー麺を混ぜ始め、チャヨンがペガルを注文した。 二人がペガルを分けて飲む間窓の外で雨が降り始め、食卓に笑顔を見せているおじいさんが登場し、三人が杯を交わす場面が幻想のように映し出された。

元記事:こちら


「チョコレート」ユン・ゲサン、悲しみに陥ったハ・ジウォンを慰め「僕とジャージャー麺食べますか?」

ユン・ゲサンとハ・ジウォンが患者の死を追悼し、互いに心を開いた。

12月13日に放送されたJTBC金土ドラマ「チョコレート」(脚本イ・ギョンヒ/演出イ・ヒョンミン)第5回では、ホスピス病院で再会したイ・ガン(ユン・ゲサン)とムン・チャヨン(ハ・ジウォン)の姿が描かれた。

ホスピスの病院に左遷されたイ・ガンは、事務所のクローゼットの中でうめき声をあげているムン・チャヨンに会った。 過去、崩壊事故のトラウマに苦しんだムン・チャヨンは、イ・ガンの質問にも気づかず、うわごとばかり言って気を失った。

イ・ガンは自分のために歓迎パーティーを準備した病院の人々にも冷淡に反応した。 廊下で偶然出会ったムン・チャヨンも知らないまま、通り過ぎたイ・ガンは実家に駆けつけ、イ・スンフン(イ・ジェリョン)にホスピス病院の発令を再考してほしいと頼んだ。

しかし、ハン・ヨンソル(カン・ブジャ)は「腕もまともに使えない、何の役にも立たない外科医? 女を助けたいと、いざ君のゴールデンタイムは逃したと。 すまない。私がジェフンのことだけ考え、あまりにも君を過大評価した。 お前の体の管理もまともにできないアマチュアのようなやつを」と非難した。

イ・ガンは「私は父のように逃げない」とし、「ここで座り込んであきらめると思ったのなら誤算だ」と反発した。 これに対し、ハン・ヨンソルは「テーマも分からない強情さは、あなたの母にそっくりだ」と蔑視し、イ・ガンは「母のように死なない」と憤った。

しかし、イ・ガンはハン・ヨンソルの「豆移し」テストで豆を一つも手にすることができなかった。 ハン・ヨンソルは、「豆を片方に運ぶことができない手で何ができるのか。 その手で消毒薬を塗る医者はまともにできないだろう。 他の仕事を探さなければならないのではないか」と嘆き、イ ・ガンは侮蔑感に震えた。

ムン・チャヨンは病院のあるおじいさん患者からの懇願で、一緒にジャージャー麺を食べに出かけたところ、おじいさんがバイク事故に遭い、厄介な状況に置かれた。 イ・ガンはムン・チャヨンに「一体何を考えているか? 誰に許されて出て行ったのか?」とし「ここは秩序もシステムもないのか?部外者がむやみに患者を外に連れ出すのに、誰も制止しないのか」と問い詰めた。

ムン・チャヨンは患者に外出禁止処分を下したイ ・ガンに対し、「私が責任を持ってケアするから外出禁止は解除してほしい。 おじいさんの手を放さず、注意もよくチェックし、絶対に危険にならないようにする」と頼んだ。 しかし、イ・ガンは「僕はここに長くいるつもりはない。 すぐに離れることだ。そちらがなぜここにいるのか興味はないが、それまでいかなる問題も起こさないでほしい。 お願いします」と冷ややかに言った。

病院では、甲殻類アレルギーの患者が食べ物を誤って食べて、アナフィラキシーショックが起きた。 クォン・ヒョンソク(キム・ウォンヘ)は、病院内の食べ物を担当しているハン・ソンエに「人を殺して、悪かった、間違ってたと祈れば解決されることか。おばさんは人生をそんなに生きているのか。 アルツハイマー病にかかった人が患者の食事を管理するのは話にならない」と問い詰め、ムン・チャヨンに病院を離れることを命じた。

アルツハイマー病で何も覚えていないと思ったハン・ソンエは、クォン・ヒョンソクの言葉に自責し、すべての意欲を失った。 これを見たムン・チャヨンは、食べ物を味見して、問題になった「ウゴジナムル」は、普段味噌を使って塩加減をするハン・ソンエの食べ物ではないことを明らかにし、その後、ハン・ソンエを慰めて再び病院の食べ物を準備した。

ムン・チャヨンはホスピス病院に入院したある患者をじっと見つめているイ・ジュン(チャン・スンジョ)と対面した。イ・ジュンはムン・チャヨンに患者に自分が作った陶磁器を渡してほしいと頼んだ。 患者が自分に初めて陶磁器の作り方を教えてくれた姉であり、長い間好きだったと明らかにしたイ・ジュンは、万が一、患者が亡くなったら、自分に連絡してほしいと頼んだ。

ムン・チャヨンに「また中華料理店に行こう」とせがんだところ断られたおじいさんは、ムン・テヒョン(ミン・ジヌン)に頼んだ。 しかしムン・テヒョンは、「迎えに来るなら捨てなかった。 僕も私の姉を捨ててみて知っているし、うちの母から捨てられてみて分かる。 おじいさんのようなお金のない人には誰が帰ってくるんだ?」と告げ、これに興奮していたおじいさんは、力を失って倒れた。

イ・ガンは、ムン・テヒョンを殴る祖父の杖を全身でかばったムン・チャヨンの姿を見て、二人が兄弟関係だったことを知った。 イ・ガンは病院で治療して欲しいと叫ぶムン・テヒョンに対し、「僕から見れば、君の姉がよりひどい怪我をした。 大げさに言うな」とムン・チャヨンに対する誤解を解いた。

ムン・チャヨンは、祖父のために直接ジャージャー麺を作ったが、祖父は料理を食べる前に死亡した。 ムン・チャヨンは、おじいさんがよく行った中華料理屋に行って、おじいさんの帽子を探した。 その時、イ・ガンが中華料理屋に入ってきた。

イ・ガンはムン・チャヨンに一緒にジャージャー麺を食べようと提案した後、おじいさんの分まで三つのジャージャー麺を注文した。 イ・ガンの配慮に気づいたムン・チャヨンも、祖父が飲めなかった高梁酒を注文し、一緒に祖父を追悼した。

元記事:こちら


ハ ・ジウォン、虚勢いっぱいのミン・ジヌンに「君をもう捨てたい」→憤怒

『チョコレート』ハ・ジウォンとユン・ゲサンがホスピス病棟で再会した中、ハ・ジウォンは弟ミン・ジヌンを情けなく思い始めた。

13日午後放送されたJTBC『チョコレート』(脚本イ・ギョンヒ、演出ハム・ヨンフン)ではハ・ジウォンが、ホスピス病棟にある食堂で仕事を開始し、ユン・ゲサンとまたぶつかり始めた。

ムン・テヒョン(ミン・ジヌン)は、病棟駐車場にいる他人のマセラティの前で撮った写真をSNSに掲載し、関心を受け始めた。 これを見たチャヨンは、「お前をもう捨てたい。 どこに捨てればいいのか。 私も母のようにあなたを捨てられるだろうか」と話し、テヒョンは「大型ゴミは入らず捨てられない」と話した。

クォン・ヒョンソク(キム・ウォンヘ)はハン・ソンエ(キム・ホジョン)を責めた。 「今、甲殻類アレルギーの患者にえびの塩辛を与えて、私たちの病院を閉めさせたのですか? アルツハイマーですって。 あなたのような人は料理してはいけない」と言った。 カンはすでに青色症になり始めた患者の施術を始めた。 自分の右手が完全ではないことは分かっていたが、落ち着いて施術に成功した。 ソンエは「私が人を殺そうとしたのか」と泣き出した。

チャヨンはソンエを慰めながら、「大丈夫です、おばさん、イ・ガン先生、本当に立派な先生なので、絶対にそんなことはないでしょう」と語った。 このため患者が意識を取り戻し、ハ・ヨンシル(ヨム・ヘラン)がヒョンソクの後についていった。 「いや、だから戻って間違った再び仕事しようと言え」と言った。 これに対し、ヒョンソクが「いや、まだ病院だ」と言い、ヨンシルが「いや、病院でも、何でも、さっきは元妻だった人におばさんだと言ったら、お兄さんは本当に正気だ」と言った。

ヒョンソクは院長室で一人でラーメンを作って食べながら、イ・ガン(ユン・ゲサン)と向き合った。 「事故を起こしたシェフたちはそのままいることにしたのですか」という言葉にヒョンソクは「今その給料で働く人はいない。 前にあった食堂のおばさんたちもそれで全部出て行ったの。 この病院をなくして高級タウンを建てるからと言って、今コストも削減し続けるの。 君はこの病院がなくなったらどこへ行くんだ?外科医が手術できなければどこへ行くんだ。 お前もこの病院のように打たれてる」という言葉にカンが頭を下げた。 カンは一人で物理治療を始めた。

チャヨンはイ・ジュン(チャン・スンジョ)に出会った。 ジュンは、キム・ヒジュ患者を遠くから見ていた。 「キム・ヒジュさんが亡くなったら、僕にメール一つだけ送って下さい」と言いながら、チャヨンにお皿を差し出した。 「以前キム・ヒジュさんにあげることにしたのだと 伝えてください」という答えにチャヨンが「お二人がどんな間柄なのか聞いてもいいのか」と答えた。 これにジュンは「僕に初めて陶磁器を教えてくれたお姉さんなんですが、僕は長い間好きでした。 お姉さんは知らないけど」といった。

二日、おじいさんが「ジャージャー麺食べに行こう」とせがんだところ、テヒョンは「おじいさんはいつまでも、そこでチャージャー麺を食べていても、息子は帰ってこない。 息子が捨てたんじゃないの。 僕はうちの母に見捨てられて、そしてうちの姉も捨ててみてよく分かるが、あいつら来ない。 僕は今お姉さんに落ちることがあるからまた来たのよ。 おじいさんは山や土地を全部売って子にあげた。その子たちがそれを全部手に入れたのに、どうしてここに来る?だから祖父はもうジャージャー麺は食べないで」と言った。 これに対し、祖父は「お前が何だ、私の息子のことを野郎と呼ぶなんて 」と言ってテヒョンを殴り始めた。 これを見たチャヨンが全身でテヒョンをかばった。

その後、祖父は倒れ、病室に移された。 病室でもおじいさんはヒョンソクに「院長、私とジャージャー麺を食べに行きましょう」と言ったが、ヒョンソクは「私も行こうと調べてみたら、今日は閉店する日だと言われました。 明日、食べに行きましょうか」と話し、ヨンシルも「おじいさんが心配するのを恐れて、息子さんが訪ねてきたらこちらに連絡してくれと、私たちの電話番号もドアの前に貼ってきた」と話した。 それに対し、祖父は安心した様子で、「それじゃ明日必ず行きましょう」と言った。

チャヨンは怒りで倒れた祖父が気になっていろんな種類の材料を動員してジャージャー麺を作り始めた。 おじいさんの杖に当たった体が痛かったが、止まらなかった。 すぐに完成したジャージャー麺をおじいさんの病室に持ち込もうとするのを、川がふさいだ。 祖父はこの世を去った後だった。

元記事:こちら


第4話の続き…食堂のシェフとしてホスピスで働くことになったチャヨンが
子供たちとかくれんぼしてて、ロッカーに中に隠れたが、工事の音が聞こえて、
デパート崩壊事故のことを思い出してしまって、トラウマ発症した。
そんな彼女を見つけたのは、ホスピスに左遷されたイ・ガン先生。

人がいるよ!そこの下に人がいるよ。助けて
と泣き叫びながら、イ・ガンを抱きついたチャヨン。

目の前にいる人はイ・ガンだと気付かないチャヨン。

イ・ガンの腕震えて、突然に気を失って倒れた。

病室に移されたチャヨンを看病してるイ・ガン先生。
「助けて!」と泣き叫んでるチャヨンの姿を思い出して、
彼女に一体なにがあったのか、気になり始めた。
このシーンを見てると、チャヨンを看病してたミンソンの姿が思い浮かびますね。😢

イ・ガンがタオルで汗を拭いてあげようとしたら…

突然にソンエが入ってきて、イ・ガンが慌てて止めたが、
ソンエからチャヨンが患者ではなく、ホスピスの食堂で働いているシェフだと知った。

意識を取り戻したチャヨンが目覚めて…

「チョコレートプリンを作ってくれるって言ってたから、凄く楽しみにしてたのに、
突然に倒れてどうしよう?」と看護士のヨンシルが冗談めかして言った。

ホスピスに新しく来た先生が自分を助けてくれたって
ヨンシルに教えてもらったが、その人がイ・ガンだと知る由もなかった。

ヨンシル「新しく来た先生が生きている彫像みたい。ダビデ像。」
ピンクのTシャツを着た人もギリシャのミューズって言いたいです。😁

そしてチャヨンが廊下で出くわしたのは、なんとダビデ像!!😁😁

イ・ガンと目が合ってしまったチャヨンは、
新しく来た先生がイ・ガンだと知り、驚きを隠せなかった。

イ・ガンが何にも言わずに横を通り過ぎて、
チャヨンも思わず頭を下げました。

交通事故に遭ったチャヨンとイ・ガン…
イ・ガンが自分を救ったと知ったものの、イ・ガンへの思いがまだ大きくて、
会いに行く勇気がなかったけど、まさかホスピスで再会するとは、夢にだに思わなかった。

アルツハイマー病が悪化したソンエのことが心配して、
ギリシャに戻らず、ホスピスでシェフとして働くことになったチャヨン。

このあどけない笑顔がたまらないですね。😍
やはりチャヨンの笑顔は最高の癒しです。💗

「こんなに有名で実力のある先生はなぜここに来たのか?」
とソンエに聞かれて戸惑ったチャヨン。

一方、他人の高級車と写真を撮って、SNSに上げて自分の物のように自慢してるテヒョン。
この車、あんたの車ですか?
とそんな彼を見たチャヨンが突っ込んだ。

私がお前を殺す前に、お母さんのところに帰れ
とチャヨンが言ったが、お母さんはほかの男ができたから、
自分を捨てて去ったとテヒョンが答えた。

私も今お前を捨てたい。どこに捨てればいいのか?
どこに捨てればお前と二度と会えないか?知ってるゴミ箱ないんですか?

とチャヨンが怒鳴ったが、自分は大型ゴミだから、
ゴミ箱には入れなくて捨てられないとテヒョンが答えた。😂😂😂
さすが問題児!無頼な輩なのに、なぜか憎めない。

怒りが収まらないチャヨンは結局畑にネギを採りに行った。😅

ムン・テヒョン、この野郎!💢

ネギをバキっと真っ二つに折ったチャヨン。😂😂

そんなチャヨンが突然におじいさんに杖でバシッと叩かれてビックリ!

おじいさんはホスピスに入院している患者で、
ジャージャー麺を食べたくて、連れて行ってくれ~ってチャヨンに頼んだが、
今日は忙しいから、明日行こうよとチャヨンが答えた。

しかし、「明日死んだらどうしよう?」とおじいさんが言ったから、
おじいさんと共に中華レストランへ行くことに。

「なぜジャージャー麺を頼まないか?」とおじいさんに聞かれて、
ジャージャー麺好きじゃないのとチャヨンが答えた。

「シェフなのに、ジャージャー麺好きじゃないなんて。
ジャージャー麺も作れない人は、シェフと呼べるのか?」とおじいさんに突っ込まれて、
ジャージャー麺を一口食べることにしたチャヨン。

正直、このお店のジャージャー麺がまずい。
私が作ったら、これより100倍も美味しい…

とチャヨンが言ったら…

お店の女将さんに睨まれて…😂😂😂
そりゃ怒られるでしょうね。(笑)

とりあえず話題を変えることに…😁

おじいさん、最近私、視力が落ちたんですが…
それを言った時のチャヨンの表情が可愛すぎます。😆

可愛すぎるチャヨンさん。😆

お会計してるときに
ジャージャー麺、本当に美味しかったです。
と女将さんに言ったものの、もう何を言っても無駄だよね。😂

「ペガル(お酒)一杯おごってくれない?」とおじいさんがねだってたが、
チャヨンが断ってお店を出た。

脅かしてもお酒はダメだよ。
「私、明日死んでたらどうしよう?」とおじいさんに言われたんですが…
お酒を買ってあげたら、私が先に死ぬよ。
とチャヨンが答えた。😆

そしておじいさんが杖でチャヨンの背中に突っ込む。😆

絶対お酒を買ってあげないから、私を殴って。殴って殺してくれ

しかし、おじいさんはお酒をねだることではなく、
息子が買ってくれた帽子をレストランに忘れたという。

私が取りに行くから、ここでじっとして待ってて

チャヨンが帽子を取りに行こうとしたら、
おじいさんが突然に飛び出したバイクに轢かれてしまいました。😨

幸いに大した怪我じゃなかったが、
許可なしで患者さんを連れて外出したチャヨンがイ・ガン先生に怒られました。

「この患者は外出禁止だ」と命じて、
「ジャージャー麺を食べに行けないってこと?誰が決めたの?」とおじいさんが反発したが、
「僕の話を聞かないなら、この病院から出てください」とイ・ガンがきつく言った。

私が責任を持ってケアするから、
外出禁止は解除してほしい。 おじいさんの手を放さず、
注意もよくチェックし、絶対に危険にならないようにするから

とチャヨンが頼んだが…

「僕はここに長くいるつもりはない。 すぐに離れることだ。
そちらがなぜここにいるのか興味はないが、
それまでいかなる問題も起こさないでほしい。 お願いします」とイ・ガンが冷ややかに言った。

おじいさんがどうしてもジャージャー麺を食べに行きたい理由があることを
イ・ガンに伝えようとしたんですが、彼は聞かずに去った。

一方、甲殻類アレルギーの患者がえびの塩辛が入った「ウゴジナムル」を食べてしまって、
アナフィラキシーショックが起きたから、
患者の食事を担当しているソンエが院長に厳しく怒られた。

「どうしても思い出せない。」とソンエが涙ながら言ったが、
それはアルツハイマー病のせいだと院長が言った。

「アルツハイマー病にかかった人が患者の食事を管理するなんて話にならない」
という院長の一言で深く傷ついたソンエを心配してるチャヨン。

院長はソンエのことを「おばさん」と呼んだが、実はソンエは院長の元妻です。😢

院長にきつく言われたソンエの姿を見て、心を痛めたチャヨン。

キッチンから出てきた院長がチャヨンに「この病院から出ていけ。」と伝えた。

ホスピスから追い出されて、途方に暮れたチャヨン…

それでもソンエが心配でしょうがない。

イ・ガンは実力のある素晴らしい先生だから、
きっと大丈夫だとソンエを慰めたチャヨン。

そんな彼女がキッチンで働いているおばさんに
「患者が食べたおかずはどれですか?」と尋ねた。

患者が食べたおかずを味見したチャヨン…

お腹が空いた。ご飯を食べましょう。と提案した。

しかし、チャヨンは残ったおかずではなく、
新しく作るウゴジナムルのビビンバが食べたいから、
作ってくれよ~とソンエを頼んだ。

ソンエが作ったウゴジナムルのビビンバを食べたチャヨンは
問題になった「ウゴジナムル」はソンエが作ったものではないと確信。
それを作ったのは、キッチンで働いているおばさんだと分かった。

疑惑もすっかり晴れたが、ソンエは一人で夕食を作ってるチャヨンを見つめるだけで、
料理を作らなかった。院長に言われたことが気になって仕方なかったでしょうね。

本当に手伝ってくれないの?おばさんのせいじゃないのに。

患者に食事を配ったその時!

ソンエも手伝いに来た。

そんなソンエを見たチャヨンもホッとしてニコッと笑顔になった。

そしてホスピスに入院している子供に頼まれて、サンドイッチを買いに行ったチャヨン。

チキンカルボナーラください。
パンはローズマリーブレッドでお願いします。


私が作ったサンドイッチよりこの店のサンドイッチが
もっとおいしいそうです。


ちなみチャヨンが注文したチキンカルボナーラはこちらです。
今度韓国に行くときは、食べに行かないと!😁

 

この投稿をInstagramで見る

 

”치킨 까르보나라 주세요. 빵은 로즈마리 브레드로 주시구요” ”제가 만든것 보다 이 가게 샌드위치가 더 맛있대요,저한테 심부름 시킨 애가” ”나도 얼마나 맛있는지 한번 먹어봐야겠다” . 문차영 쉐프가 만든것 보다 맛있는 샌드위치 한끼 어떠신가요? 따듯하게 구운 샌드위치와 드라마 초콜릿으로 따듯한 주말 보내세요! . #하지원먹방 #서브샌드위치 #치킨까르보나라 #치킨까르보나라샌드위치 #드라마초콜릿 #드라마속 #샌드위치 #Quiznos #퀴즈노스 #퀴즈노스샌드위치 #메뉴추천 #점심메뉴 #샌드위치추천 #점심추천 #저녁메뉴 #저녁추천 #하지원 #윤계상 #장승조 #문차영 #hajiwon #yungyesang #drama #dramachocolate

퀴즈노스(@quiznoskorea)がシェアした投稿 –

料理運ばれるのを待つチャヨン。💕

この笑顔が素敵ですね。😍

サンドイッチを美味しく食べるチャヨンが可愛いよね。😁

ホスピスに戻ってきたチャヨンがある人を発見した。

その人はなんとイ・ジュンでした。
担当してる患者さんがホスピスに入院しているから、ここに来たという。

イ・ジュンの目線の先にいるのは、目が見えない女性と彼女の旦那さん。

そしてイ・ジュンがチャヨンにその女性に自分が作った陶磁器を渡してほしいと頼んだ。

これ、イ・ジュン先生が作ったんですか?

「もし彼女が亡くなったら、メッセージで連絡してください」
とイ・ジュンがチャヨンに頼んだ。

イ・ジュンが作ったお皿を見つめながら、イ・ジュンとの会話を思い出したチャヨン。

彼女とはどういう間柄ですか?
とチャヨンがイ・ジュンに尋ねたら…

その女性は自分に初めて陶磁器の作り方を教えてくれたお姉さんであり、
長い間好きだったと明かした。

その時!おじいさんがやってきて、
ジャージャー麺のお店へ連れていってくれ~と強請ったが…

チャヨンは固く断った。

断られて怒ったおじいさんの背中を見つめるチャヨンの眼差しには虚しさしか感じられない…

チャヨンに断られたおじいさんは今度テヒョンを頼んだが、
「いくら待っても君を捨てた野郎は戻ってこないよ」と言われて、激怒したおじいさんが杖で
テヒョンを殴ったが、それを見たチャヨンが全身でテヒョンをかばった。
どうやらおじいさんの息子はジャージャー麺のお店で待ってくれ!と言った後、
二度と戻ってこなかったようです。

「お前を捨てたい」とチャヨンがテヒョンに言いながらも、
本当は弟を凄く大事にしてるお姉さんですね。

おじいさんに殴られてるチャヨンを見たイ・ガン。
テヒョンはチャヨンの彼氏ではなく、弟だとようやく分かった。

おじいさんに殴られながら、必死でテヒョンを守ったチャヨンを見て、
もう涙が止まりません…

しかしおじいさんが突然に倒れてしまった。

ジャージャー麺を食べに行けないおじいさんのために、
チャヨンが自分でジャージャー麺を作ることに。

ジャージャー麺を作ってるジウォンオンニ、
もうプロのシェフにしか見えないよね。🥺

汗をかきながら、ジャージャー麺を作るチャヨンの姿が印象的。

よく見てみると、おじいさんに杖で殴られたチャヨンの首に湿布が貼ってあります。
一方、イ・ガンは病室で治療してほしい~と叫んでるテヒョンに
「僕から見れば、君の姉がよりひどい怪我をした。 大げさに言うな」と言った。😁

痛みに耐えながら、心を込めておじいさんのためにジャージャー麺を作る
チャヨンの姿に感動。

完成したジャージャー麺をおじいさんの病室に持って行こうとしたら、
廊下でイ・ガンとバッタリ会った。

先生、私が作ったジャージャー麺です。
これは食べてもいいでしょう?


おじいさんの病室に入ろうとしたら、
イ・ガンがチャヨンの腕を掴んで止めた。

その時、深刻な表情してる院長がおじいさんの病室から出てきた。

「おじいさんはこのジャージャー麺は好きじゃないでしょう。
おじいさんはあの店で息子を待ちながら食べる
ジャージャー麺が一番おいしいと思ったはず。」と院長が言った。

「おじいさんは遠足を終えて逝った。」との院長の一言で
衝撃を受けて涙を浮かべたチャヨン。

言葉にならないくらい悲しみが押し寄せて来て、
ブワッて涙溢れ出しそうになった。

再びジャージャー麺のお店を訪れたチャヨン。

悲しみに満ちた眼差しでお店を見つめた。

レストランにおじいさんが忘れた帽子を取りに来たが…

その時、イ・ガンもお店にやってきた。
「夜ごはん食べたか?」とイ・ガンに聞かれて、「まだです。」とチャヨンが答えると…

「僕とジャージャー麺を食べない?」とイ・ガンが誘った。

そしてイ・ガンが3つのジャージャー麺を注文して、
おじいさんの帽子の隣によく混ぜたジャージャー麺を置いた。

おじいさんのために注文したジャージャー麺を見つめながら…

チャヨンはおじいさんが飲みたかったお酒を注文。

その時、外は土砂降りの雨が降り始めて…

次に映し出されたのは、なんと嬉しそうにジャージャー麺を
食べてるおじいさんとチャヨンとイ・ガン先生。😭😭😭

チャヨンの笑顔が素敵すぎますね。

叶わぬ夢だったから、余計に切なくなります…

どうやらおじいさんが亡くなる前に「もし息子たちが私を探しに来たら、
自分を責めないでくださいと伝えてほしい」と院長に頼んだそうです。😢

もうおじいさんのナレーションを聞いただけで号泣してしまいました…😭😭😭
子供たちに捨てられても、子供の幸せを願う親心。(涙)

少しずつ近づくチャヨンとイ・ガン…
二人の関係がどうか変わっていくのか、本当に楽しみです。💕
今夜いよいよい第6話がオンエアされます!もちろん今夜も本放死守!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す