【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン【角膜提供誓約式(각막기증 서약)】2005.1.6

これまでHAJIWON Archiveでお日さまが出席したイベントや制作報告会など
様々なイベントを紹介しましたが、
今日は1023になってから特に印象に残る特別な記事を紹介したいと思います。😌


ハ・ジウォン「一緒に角膜寄贈をしましょう」
하지원 “각막 기증 함께해요”
2005.1.6

映画俳優のハ・ジウォンが角膜提供書に誓約した。

ハ・ジウォンは6日午後6時30分、ソウル忠正路の「愛の臓器寄贈運動本部」で角膜の提供を誓約した後、「小さな勇気を出せば、助けと笑いはもちろん、人を生かすことができる」と感想を述べた。

角膜提供という容易ではない決心は、昨年5月、ハ・ジウォンの目が傷ついたという知らせに大邱のあるファンが自分の角膜を提供したいという手紙を某新聞社に送って実現した。 自分のための角膜提供の知らせを聞いたハ・ジウォンは「手紙が慰めになり、幸い危険な状態はその方のありがたい気持ちで無事に乗り越えた」と話した。

当時のありがたい経験の後、「目をもっと大切にするようになった」とハ・ジウォンは「ファンは特に私の目が好きなので、撮影でも目を最も大切にしている」と話した。 また「きれいな目で演技をしなければならないという気持ちでレンズも付けない、今回の決心に両親は黙々と見守ってくれた」と話した。

両視力ともに1.5人のハ・ジウォンは誓約式に集まった約40人の取材陣に対し、「せっかく来られたから誓約しよう」と話し、周囲は笑いを誘った。

「愛の臓器寄贈運動本部」のハン・ジョンナム理事長は「国内の角膜移植手術を待っている人は2万人余りだが、昨年、角膜移植の恩恵を受けた人は150人余りに過ぎない」とし「ハ・ジウォンさんの角膜提供誓約を筆頭に角膜提供に対する関心がさらに高まってほしい」と述べた。

ハ・ジウォンは「愛の臓器寄贈希望登録申込書」をハン・ジョンナム理事長に渡し、「愛の臓器寄贈登録証」を受け取った。

一方、国内の角膜寄贈は、5歳から70歳まで健康な人であれば、近視、遠視、乱視、または色盲に関係なく誰でも可能だ。

元記事:こちら


ハ・ジウォン「服役者が自分の角膜を提供してくれようとした」角膜提供誓約
하지원, “수감자가 자기눈 주려했다” ; 각막기증 서약
2005.1.6

「記者の方々もご一緒しましょう」

ハ・ジウォン(26)が死後、角膜を提供するという角膜提供誓約をした。

6日午後6時30分、ソウル忠正路の「愛の臓器寄贈運動本部」を訪問したハ・ジウォンが愛の臓器寄贈希望登録申請書を作成した。

ハ・ジウォンは忙しい日程の中でもCM撮影を終えた後、愛の臓器寄贈運動本部を訪れ、愛の臓器寄贈希望登録申請書を作成し、「皆さんもご一緒しましょう」と明るく笑った。

この日、ハ・ジウォンは臓器寄贈申請書を作成した後、愛の臓器寄贈運動本部のハン・ジョンナム理事に申請書を渡し、身分証に角膜寄贈ステッカーを貼った。

ハ・ジウォンはこの席で「昨年、重い角膜損傷を受け失明の危機に直面したが、ある刑務所の収監者が自分に角膜提供の意思を明らかにした」とし、「とても感動したので、これをきっかけに角膜提供について考えるようになった」と明らかにした。

また、「俳優にとって目は非常に大切なもので、ファンが私の目を一番愛してくれるような気がして、このような角膜提供はさらに意味があると思う」という。

ハ・ジウォンは角膜提供をためらう多くの人々に「少しの勇気で、少しの考えで多くの人々が笑い、勇気を持って生きていけるようになる」として角膜提供への参加を勧めた。

元記事:こちら


ハ・ジウォン、角膜提供誓約書にサイン…2005年臓器寄贈第1号
하지원, 각막기증 서약서 사인…2005년 장기기증 1호
2005.1.6

「天使」ハ・ジウォンが 「臓器寄贈年」を開いた。

ハ・ジウォンは6日午後6時30分、ソウル忠正路の「愛の臓器寄贈運動本部」を訪れ、角膜提供誓約書にサインした。 今年は愛の臓器寄贈運動本部が定めた「臓器寄贈年」。 ハ・ジウォンは乙酉年臓器寄贈登録者1号を記録した。

愛の臓器寄贈運動本部のハン・ジョンナム理事長は「角膜移植手術だけで目が覚める人が2万人余りに達する」とし、「このような事実を国民に広報する上で、ハ・ジウォンのようなトップクラスの芸能人が出ることが大きく役立っている」と感謝の意を表した。

ハ・ジウォンは「ここに直接来て多くの資料を見ていると感動が大きい、角膜提供に成功したという思いがした」と感想を述べた。

次はハ・ジウォンとの一問一答。

– 角膜寄贈を決めた動機は。

正直今年が「角膜提供の年」だとは知らなかった。 昨年、目がかなり痛くなった時、刑務所にいる方から角膜を提供したいという内容の手紙をもらった。 その方以外にも角膜を提供するという方がいらっしゃいましたが、幸い完治した。 彼らの手紙が一番大きなきっかけになった。

– 特に角膜に決めた理由は。

ファンたちが一番好きなのが私の目だ。 そのため、普段から目のケアに一番気を使う。 コンタクトレンズのようなものもはめない。 透き通った目で良い演技を見せなければならないからだ。

– 家族の反応は。

芸能人として活動しながらあまりにも黙々とそばで見守ってくれる方々が両親です。 今回の角膜提供について相談した時も快く承諾された。

– 視力は。

両目とも1.5だ。小さい頃から視力がよかった。

– 臓器提供をためらう人々に言いたいことは。

少しだけ考えると多くの人に助けと笑いを与えることができる。 少しずつ分け合って暮らしてほしい。

元記事:こちら


17年前の今日、お日さまが角膜提供誓約書にサインしました。
この記事は5年前に偶然に見かけたが、ファンとして初めて読んだときは正直衝撃的だった。
インタビューとかから垣間見えるお日さまの優しく純粋な人柄が本当に素敵で大好きですが、
角膜提供の記事を読んで、ジウォンオンニを女優としても一人の人間として
心の底から尊敬のも持つようになりました。💗

ほかの記事によると、ジウォンオンニが角膜提供のきっかけについてこう語りました。😌
昨年5月に左目の角膜が損傷し、失明寸前の状況が続いている中、
私たちの熱烈なファンという大邱刑務所の受刑者の方から
角膜提供を希望する手紙が送られてきたが、
そのときのありがたさがきっかけになり、角膜提供を決心しました


実はジウォンオンニが2004年5月、野外撮影の後に角膜が損傷して、
失明の危機に陥ったことがあります。😢このエピソードは2012年4月、
バラエティ番組「キム・スンウの乗勝長駆」に出演したときも語りましたね。
野外撮影中に虫に噛まれたか、
目をケガして1ヶ月ほど包帯を巻いて生活したことがあります。
女優を続けられるか心配するくらいだった

左眼の角膜が損傷し、失明の危機に置かれた当時、
大邱の刑務所の収監者から、角膜を提供したいとの手紙を受け、感動したという。
去年、角膜の損傷で辛かった時、
私に力になってくださった方のように、
私も目の不自由な方に力になりたい。
自分の目はファンたちが愛してくれるものだから、
撮影時にも目を大事にしている。
澄んだ目で演技したいと思ってコンタクトレンズも付けない

という思いで角膜提供誓約をしました。💗

さらに誓約式では…
角膜移植だけで視力を取り戻せる人は、国内だけでも約2万人にのぼる。
1年に約150人だけが角膜移植手術を受けるが、
一部は外国から角膜を輸入するという事実があまりにも衝撃的だ

と明かし…
臓器寄贈カードをいつも財布の中に入れて持ち歩き、
身分証明書にも角膜寄贈ステッカーを必ず貼っておきたい


いつもお日さまの言葉や行動に滲み出る人柄に惹かれるし、
こんなにも素敵な人のファンでいれることが幸せであり、誇りです。🌞
ずっと前から紹介したかった記事ですが、どのタイミングで紹介していいのか少し悩みました。
誓約式から17年が経った今日、おひさまの健康と幸せを祈りながら、
女優としてのハ・ジウォンさんの魅力だけではなく、
一人の人間としてのチョン・ヘリムさんの魅力を伝えることができれば嬉しいです。💕

誓約式の映像を限定公開でYoutubeにアップしたので、
ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。😌

🎬 하지원 Ha Ji Won ハ・ジウォン 河智苑【角膜提供誓約式(각막기증 서약)】 2005.1.6

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す