【HAJIWON Archive】『君を愛した時間』ハ・ジウォンインタビュー「今は彼女の愛すべき時間」 2015.9.1

「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『君を愛した時間』のインタビューコレクション第13弾。💫


[M +インタビュー]ハ・ジウォン、今は彼女の愛すべき時間
2015.9.1

SBS週末ドラマ『君を愛した時間』(以下『ノサシ』)でロマンチックな演技にも成功したハ・ジウォンは俳優として満ち足りた感じだった。 デビュー以来18年間、絶え間なくトップスターの座を営みながら、韓国国内を代表する女優として位置づけられて長い間。 しかし「女性ハ・ジウォン」として愛と恋愛には「思い通りにならない」と冗談交じりに泣きべそをかいた。

「女として恋愛もして、きれいな家庭も築きたいですね。 俳優として作品や配役を選ぶことはできるが、現実の中のハ・ジウォンの問題は難しいんです。 俳優として幸せなこと以上に、女性としてきれいな人生を送りたいんですよ。」

ハ・ジウォンは『ノサシ』で仕事はプロ、恋愛は天然なオ・ハナ役を演じ、ロマンチックな演技を披露した。 視聴率は高くなかったが、オーダーメイドの服を着たように自然なキャラクター設定に話題性は高かった。

「普段の私はオ・ハナと似ています。私の友達も『ノサシ』を見ながら、気楽に過ごしてる時は、お前と似ているって言ってたんです。弟は『おまえこそちゃんとやれ』というセリフがリアルだと言ってたよ。私、ちゃんとやってるんだってば。 ハハ。」

どうやらロマンティック・コメディのせいか、ハ・ジウォン本人の恋愛にも関心が高まった。 当初、中国俳優チェン・ボーリンとの熱愛説のハプニングもこのような理由から始まった。

「恋愛しなければならないということは分かるが、思い通りにいかないですね。 ドラマを撮りながら、恋愛細胞がいつも開かれていますが、実際、現実の中のハ・ジウォンは時間があまり多くなくて、寂しいということを感じずに生きていると思います。 もちろん合コンも行って、集まりも行く努力が必要なんですが、こんなことはあまりしないから。 これからは本当に努力しないといけないよね?」

理想のタイプとして愉快で明るい人を挙げる彼女は『ノサシ』の中のプロポーズシーンを見てキュンとしたという。 チェ・ウォン(イ・ジヌク扮)が、大勢の人々が見守る中、オ・ハナに指輪をプレゼントするシーンが「恥ずかしいほど寒い」ではなかったかと聞いたら、逆に目を丸くして「本当ですか?」と聞き返す。

「空を飛んでいて、ときめく瞬間、飛行機の中でプロポーズされると思ってみてください。 どれほどサプライズでロマンチックなのか! 人々が見守るのが少しそうでしたが、むしろ人があまりいないファーストクラスでもらうならいいんじゃないですか? 私はアイスクリームに指輪を入れてプロポーズするのもとてもきれいだと思ったんですが…」


引き続き恋愛と結婚に関する質問が集中すると、「どうしてこういう結婚の話だけ出るの?」と照れくさそうな笑顔を見せた。 その一方で、『ノサシ』の中のスモールウェディングに対しては羨ましい気持ちを表した。

「そのシーンの感じがとてもよかった。 温かくてきれいだという感じを受けましたよ。 周りのスタッフたちにも『私、こんな風に結婚したい』とも言いました。 虚礼虚飾がなくてきれいじゃないですか?実際に意向はあるかって? そうですね。一旦男が現れたら相談してみます。 ハハ。」

元記事:こちら


ハ・ジウォン「カリスマ?思ったより心が弱い方」(インタビュー)
2015.8.31

俳優ハ・ジウォンが悪質なコメントに対し、傷つきやすいと打ち明けた。

ハ・ジウォンは最近MBNスターとのインタビューで「悪質なコメントを見たらどのように対処するか」という質問に対し「コメントをよく見ない。 思ったより心が弱いから」と答えた。

ハ・ジウォンは「そのような書き込みは事実ではないのに、いちいち答えることはできないじゃないか?だから良い書き込みだけ見たり、私のファンカフェだけ入ります」と口を開いた。

続いて「『きれいだ』、『演技上手だ』という言葉より、『かっこいい』という褒め言葉を聞くのが好き。私の心が弱いせいなのか、キャラクターも男に頼る弱い女性よりはカリスマのある人物の方が好きです」とし、「多分私がそうできないからもっと憧れていると思います。」と説明した。

一方、ハ・ジウォンはSBS週末ドラマ『君を愛した時間』で仕事ではプロ、恋愛では天然なオ・ハナ役を引き受けて、熱演を繰り広げた。

元記事:こちら


ハ・ジウォン、「髪をかき上げるだけでもグラビア~」 [MBNフォト]
2015.8.21

元記事:こちら


ハ・ジウォン、「優雅な彼女!」 [MBNフォト]
2015.8.21

元記事:こちら


ハ・ジウォン、「さわやかな笑顔~」 [MBNフォト]
2015.8.21

元記事:こちら


ハ・ジウォン、「次の作品を期待してください」[MBNフォト]
2015.8.21

元記事:こちら


ハ・ジウォン、「胸キュンのアイコンタクト~」 [MBNフォト]
2015.8.21

元記事:こちら


ハ・ジウォン、「日差しを含んだ微笑み~」 [MBNフォト]
2015.8.21

元記事:こちら


ハ・ジウォン、「立っていてもグラビア~」 [MBNフォト]
2015.8.21

元記事:こちら


ハ・ジウォン、「自体発光美貌!」 [MBNフォト]
2015.8.21

元記事:こちら


ハ・ジウォン、「変わらない美貌!」 [MBNフォト]
2015.8.21

元記事:こちら


ハ・ジウォン、「日常がグラビアですね~」 [MBNフォト]
2015.8.21

元記事:こちら


ジウォンオンニはこれまでの作品でアクション演技だけではなく、
ロマンス演技もたくさん見せてくれたんですが、
現実は愛と恋愛が「思い通りにならない」と話しました。
女として恋愛もして、きれいな家庭も築きたいですね。
俳優として作品や配役を選ぶことはできるが、
現実の中のハ・ジウォンの問題は難しいんです。
俳優として幸せなこと以上に、女性としてきれいな人生を送りたいんですよ

別のインタビュー記事でも「思い通りにはいかないようだけど、恋愛も結婚もしなきゃ」と話しましたが、
好きな仕事を続けながら、素敵な恋愛して、きれいな家庭を築くことは
ジウォンオンニのバケットリストですね。🥰
恋愛しなければならないということは分かるが、
思い通りにいかないですね。 ドラマを撮りながら、
恋愛細胞がいつも開かれていますが、
実際、現実の中のハ・ジウォンは時間があまり多くなくて、
寂しいということを感じずに生きていると思います。
もちろん合コンも行って、集まりも行く努力が必要なんですが、
こんなことはあまりしないから。 これからは本当に努力しないといけないよね?

ジウォンオンニはこれまで仕事に注ぐ時間多くて、寂しいとあまり感じないから、
生活が充実してて、恋愛についてはあまり深く考えてなかったでしょうね。😌
芸能人は恋愛すら周りの目を気にせざるを得なくて色々大変だと思いますが、
ジウォンオンニも素敵な人と出会って幸せになってほしいですね。💗

そして『君を愛した時間』のウォンのプロポーズシーンについて、
ジウォンオンニはこう語りました。
空を飛んでいて、ときめく瞬間、
飛行機の中でプロポーズされると思ってみてください。
どれほどサプライズでロマンチックなのか!
人々が見守るのが少しそうでしたが、
むしろ人があまりいないファーストクラスでもらうならいいんじゃないですか?
私はアイスクリームに指輪を入れて
プロポーズするのもとてもきれいだと思ったんですが…

エコノミークラスだと、人が多くて恥ずかしいから、
ファーストクラスの方がいいという。😂
アイスクリームに指輪を入れてプロポーズするって乙女チックですね。🍦💍
一方、ウォンとハナのスモールウェディングについて…💒
そのシーンの感じがとてもよかった。
温かくてきれいだという感じを受けましたよ。
周りのスタッフたちにも『私、こんな風に結婚したい』とも言いました。
虚礼虚飾がなくてきれいじゃないですか?実際に意向はあるかって?
そうですね。一旦男が現れたら相談してみます。 ハハ

ハナとウォンの結婚式シーンは本当に温かくて何度見ても心がほっこりします。💕
なによりジウォンオンニの花嫁姿は本当にきれいで、見惚れてしまいます。😍
『病院船』も『チョコレート』も結婚式シーンがなくて残念だったけど、
いつかまたジウォンオンニの花嫁姿を見ることができたらいいですね。👰🏻‍♀️

一方、『シークレット・ガーデン』のライムが
「かわいいよりかっこいいという言葉の方がいい」と言うセリフがあるんですが、
実はジウォンオンニは「カッコいい」という褒め言葉を聞くのが好きという。✨
『きれいだ』、『演技上手だ』という言葉より、
『かっこいい』という褒め言葉を聞くのが好き。
私の心が弱いせいなのか、
キャラクターも男に頼る弱い女性よりはカリスマのある人物の方が好きです。
多分私がそうできないからもっと憧れていると思います

ジウォンオンニが別のインタビューでも話したんだけど、
ライムのセリフは脚本家の先生がジウォンオンニが
これまでのインタビューで言ったことを入れてくれたそうです。
役からフッと素の部分が見えるところがやはり好きです。😌

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す