ハ・ジウォン主演映画『第7鉱区』 2021年3月26日(金)までGyao!で無料配信中

去年の9月にGyao!でジウォンオンニが主演を務めた映画『第7鉱区』が無料配信されたばかりですが、
早くも再配信が決定しました!!


🎬 第7鉱区

【配信期間】2021年3月13日(土) 00:00 〜 2021年3月26日(金) 23:59

1970年代、九州の西に位置する東シナ海には石油や天然ガスなど豊富な資源の存在が確認され、日韓共同開発区域『第7鉱区』として開発計画が立てられた。しかし共同開発は進まず、産油国を夢見る韓国の石油ボーリング船エクリプス号が細々と採掘を試みていたが、毎度作業は失敗、ついに本部から撤収命令が下される。なんとか撤収は免れたものの、ある日、突然本部との通信が途絶え、隊員たちが次々と何者かに襲われていく。逃げ場のない閉ざされた空間で、一体何が起きているのか? そこに姿を現したのは謎の巨大な深海生物だった。やがて、その驚くべき正体が明らかになる……。

【キャスト】
ハ・ジウォン、アン・ソンギ、オ・ジホ、イ・ハンウィ

【スタッフ】
監督:キム・ジフン

【タイトル情報】

時代とともに忘れ去られた『第7鉱区』謎の深海生物――奴らは、まさに“生きる巨大エネルギー” 韓国初の本格3Dアクション超大作!

1970年代、九州の西に位置する東シナ海には石油や天然ガスなど豊富な資源の存在が確認され、日韓共同開発区域『第7鉱区』として開発計画が立てられた。しかし共同開発は進まず、ついに本部から撤収命令が下される。なんとか撤収は免れたものの、ある日、突然本部との通信が途絶え、隊員たちが何者かに襲われていき……。


去年の9月に配信されたばかりだから、
半年ぶりにGyao!で再配信されてちょっとビックリしたんですが、
ジウォンオンニの作品がもっと多くの人に見てもらえる機会が増えるから、嬉しい限りです。💞
お日さまが演じたヘジュンのスチールカットは前回の記事で紹介したので、
今回は割愛させていただきますが…

ハ・ジウォン主演映画『第7鉱区』が Gyao!で無料配信中!

前回紹介し損なったヘジュンのキャラクターポスターを貼っときます!👇🏻
銃の構え方はもちろん、この眼差しが格好良すぎて、心が震えました。👀💘
間違いなく私のお気に入りのキャラクターポスターの一つです。😊

せっかく『第7鉱区』 が再配信されるので、今回は『第7鉱区』にまつわるトリビアを紹介したいので、
昔の記事をいくつかピックアップして訳してみました。既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、
お日さまは『第7鉱区』のバイクアクションのためにバイク免許、そしてダイビングライセンスを取りました。


ハ・ジウォン、『第7鉱区』のためにスキューバダイビング資格を取得
クールイ・ジェフンの助けの中で…
2011.6.24

俳優ハ・ジウォンが映画『第7鉱区』のために地獄の訓練を1日8時間以上行った中、今作のためにスキンスキューバ資格まで取得したことが明らかになった。

24日、ハ・ジウォン所属事務所の「ウェルメイドスターエム」側は、「ハ・ジウォンは昨年サイパンへ飛び、世界3大ダイビングポイントとされるグロット洞窟やサメの洞窟、沈没船ポイント、B29ポイント、パイプポイントなどを探検し、ダイビングライセンスを取得した」と明かした。

続いて「ハ・ジウォンが取得した資格はアドバンストレベルで実際指導を担当したスタッフたちは短い期間の練習だったにもかかわらず、ハ・ジウォンの実力は相当なものだったと口を揃えた」と伝えた。

普段、優れた運動神経と勝負根性でできない運動がないほど完璧なハ・ジウォンだが、特に水泳には弱かったのが事実だ。 しかし、実際、スキンスキューバ講師であるグループ『クール』のイ・ジェフンから厳しいトレーニングを受け、サイパンでダイバーとしての理論はもちろん、実技テストまでパスし、堂々とスキンスキューバ資格を取得した。

特に、ハ・ジウォンの水中姿勢は、ほぼ講師レベルといっても信じるほど安定感があり、素敵で、専門家らまでびっくりさせたという。

ワイヤーアクション程度は十分にこなすアクションヒロインハ・ジウォンが今回の映画のためにバイクや銃器アクションはもちろん、深海まで引き受けたという事実に誰も止められない『勝負師気質』と皆が舌を巻いた。

現地でハ・ジウォンのトレーニング過程を見守ったあるスタッフは、「独特な呼吸法を身につけ、水深の深いところでの恐怖を克服しなければならないトレーニングだったため、簡単ではなかったはずだが、このすべての過程を高度な集中力で技術を一つ一つ身につけ、短期間でレベルの高い実力を披露し、皆を驚かせた」と伝えた。

続いて「彼女の怖いもの知らずの挑戦精神と謙虚な姿勢、ポジティブな考え方とどんなことでも情熱を注ぐ努力がやはりハ・ジウォンだと思わせた」と賞賛を惜しまなかった。

一方、国内のブロックバスター級映画としては初めて3Dで制作され、非常な関心を集めている映画『第7鉱区』で、ハ・ジウォンは深海怪生命体と隊員の死闘の中心に立つ海底装備マネージャー、チャ・ヘジュン役を演じる。 『第7鉱区』は今年8月4日に公開される。

元記事:こちら


すごいハ・ジウォン、 スキンスキューバの資格まで獲得
2011.6.24

俳優ハ・ジウォンがスキンスキューバの資格まで取得し、演技への情熱を燃やした。

8月に封切りする韓国型ブロックバスター『第7鉱区』(キム・ジフン監督)の主人公であるハ・ジウォンは水中シーンの撮影が多いことに備え、昨年から前をもって水泳とスキンスキューバ地獄の訓練を始めた。 ハ・ジウォンはサイパンに飛んで、世界3大ダイビングポイントに数えられるグロット洞窟やサメの洞窟、沈没船ポイント、B29ポイント、パイプポイントなどを探検し、ダイビングライセンスアドバンストレベルを取得した。 実際、スキンスキューバ講師でもあるグループ『クール』のイ・ジェフンが直接厳しいトレーニングをさせたという。 イ・ジェフンのサポートで、ハ・ジウォンはサイパンでスキンスキューバ理論から実技テストまでパスし、堂々とスキンスキューバ資格を獲得した。

ハ・ジウォンをトレーニングさせたあるスタッフは、「独特な呼吸法を身につけ、水深の深いところで恐怖心を克服する練習なので、簡単ではなかったはずだが、高度の集中力を発揮し、短期間で技術を水準級に身につけていく実力を披露し、皆驚いた。 彼女の怖いもの知らずの挑戦精神と謙虚な姿勢、肯定的な考え方とすべての情熱を注ぐ努力にやはりハ・ジウォンだと思った」と絶賛した。

スキンスキューバ資格を取った後、実際の水中撮影で、ハ・ジウォンは講師レベルの安定感のあるすばらしい水中姿勢を披露し、スタッフはもとより、スキンスキューバ専門家すらびっくりさせたという。

一方、国内のブロックバスターとしては初めて3Dで制作された『第7鉱区』は、韓半島南端の第7鉱区の大海原に浮かんでいる石油ボーリング船で深海怪生命体と隊員たちの死闘を描いた映画だ。


元記事:こちら


可愛いハ・ジウォン、 スキンスキューバの服装を着ても 「お茶目で愛おしい」
2011.6.26



俳優ハ・ジウォンが新しい映画を通じてキュートなダイバーに変身した。

ハ・ジウォンは映画『第7鉱区』のため、実際にスキンスキューバ講師のイ・ジェフンから厳しいトレーニングを受けている。

ハ・ジウォンは26日午前、自分のミートゥデイに「サイパンでの『甘く殺伐とした地獄訓練』ストーリー2。 水に入る前に私のダイビングの師匠を紹介いたします。 実際のスキンスキューバの講師であるグループ『クール』のイ・ジェフン先生です」とイ・ジェフンの写真を掲載した。

写真の中のハ・ジウォンは、イ・ジェフンと腕を組んで並んで座り、Vサインを見せながら明るい表情をしている。 パンダスタイルのスキューバ服を着たハ・ジウォンの可愛いポーズが目を引く。

ハ・ジウォンはサイパンでダイバーとしての理論はもちろん、実技テストまでパスし、堂々とスキンスキューバ資格を獲得したという。

一方、『第7鉱区』は韓半島南端の第7鉱区の大海原に浮かぶ石油ボーリング船「イクリプス号」で繰り広げられる深海怪生命体と隊員たちの死闘を描いた映画で、国内ブロックバスター級映画としては初めて3Dで製作された。 8月4日封切り。

元記事:こちら


ジウォンオンニの昔の所属事務所のサイトやスキューバダイビングのデジタル雑誌では
ジウォンオンニがサイパンで地獄の訓練を受けた時のビハインドカットを公開していたんですが、
残念ながら、そのコンテンツが削除されました。💦
私のお気に入りの2枚をピックアップして、ここで紹介します。😁
優雅に水の中を泳ぐジウォンパンダ🐼可愛くて仕方ないです。💕

トレーニングの合間に撮影したオフショットも素敵ですね。🌸✨
水泳は得意ではないけど、アドバンストレベルのダイビングライセンスまで取得して、
水中姿勢はほぼ講師レベルと言っても信じるほど安定感があると絶賛して、本当に凄すぎます!✨

『1番街の奇蹟』を撮影するために、ボクシングを習ったら、
「今すぐにでもアマチュアボクシングの試合に出場できるほどの実力者」と
元世界チャンピオンのビョン・ジョンイル氏に褒められて、
『ファン・ジニ』の撮影で韓国の伝統舞踊を習ったら、舞踊を教えた人々は、
「気持ちだけでも弟子としてほしい」と評価したんですが、スキューバダイビングまでマスターして、
ジウォンオンニは本当にできないことはないですね。😌ちなみにバイク免許もわずか1週間で取得!

続いてはこちらの記事です。


ハ・ジウォン『第7鉱区』スタントの代役はキル・ライム?
2011.1.17

『シークレット・ガーデン』の最終回で、随所に隠れているディテール探しに視聴者が大きな笑いを見せた。

今月16日に放送されたSBS週末ドラマ『シークレットガーデン』の最終回で、キル・ライム(ハ・ジウォン扮)はイム監督(イ・フィリップ扮)から新たなシナリオを受け取り、新たに出発する姿が描かれた。

この時、キル・ライムがもらった台本はハ・ジウォンの実際の次回作として知られている映画『第7鉱区』。『シークレット・ガーデン』でハ・ジウォンの代役にスタントウーマンのキル・ライムがキャスティングされたのだ。

視聴者たちは「作家さんのセンスがすごい」 「ハ・ジウォンがハ・ジウォンの代役をする設定びっくり」 「随所に隠れているディテールに驚いた」などの反応を見せた。

一方、ハッピーエンドで幕を閉じた『シークレット・ガーデン』は22日に『シークレット・ガーデンスペシャル』編が放送される予定だ。

元記事:こちら


『シークレット・ガーデン』の中の 『第7鉱区』はハ・ジウォン次期作? 視聴者、作家のセンスに「大満足」
2011.1.17

『シークレット・ガーデン』が最後まで視聴者に小さな面白さを与えてくれた。

1月16日に放送されたSBS週末ドラマ『シークレット・ガーデン』(脚本キム・ウンスク、演出シン・ウチョル)最終回20話ではキム・ジュウォン(ヒョンビン)とキル・ライム(ハ・ジウォン)が婚姻届を出し夫婦の縁を結ぶ場面が描かれた。

婚姻届の提出を終えたキル・ライムにイム監督は「読んでみて」と言いながら台本を渡す。 キル・ライムの手に持たれた台本には「第7鉱区(SECTOR7)」と書かれていた。

イム監督がキル・ライムに渡した台本『第7鉱区』が実際、ハ・ジウォンの映画だったのだ。 映画『第7鉱区』は、ハ・ジウォンの次回作で、アン・ソンギ、オ・ジホ、イ・ハヌィなどが出演し、撮影を終え、今年夏に公開を控えている。

一方、SBS週末ドラマ『シークレット・ガーデン』は11月13日の初回放送以降、視聴者の全幅の支持を得て人気を集めた。 16日、第20回を最後に『シークレット・ガーデン』は名残惜しさの中で大団円の幕を閉じた。

元記事:こちら


初めてこのシーンを見て、思わず爆笑しました。
なんと『第7鉱区』でお日さまのスタント代役を担当するのはライムだった!😂😂😂
二人とも生まれたときから可愛いから、ライムほどふさわしい人はいないですね。💕
キム・ウンスク作家のセンスと遊び心に脱帽。

前回の記事にも書いたが、ジウォンオンニが番組『サンキュー』に出演されたときに
『第7鉱区』を撮影した後、心理治療を受けたと打ち明けました。😢
映画『第7鉱区』の撮影の翌日に
『シークレット・ガーデン』の台本読み合わせに参加しなければならない状況だったのに、
本当に申し訳ないが台本を見られないまま現場に向かった。
手が伸びなかった。それで台本読み合わせもとてもでたらめにやったが、
到底だめだと考え心理治療を受けた

その後、『シークレット・ガーデン』を撮影しながら、幸せな時間を過ごしたジウォンオンニ、
ある意味でライムに救われましたね。😊
『第7鉱区』を見ながら、いろんなエピソードを思い出したんですが、
ジウォンオンニはやはり最高の女優さんだな~と改めて実感しました。✨
Gyao!での無料配信期間はあまり長くないので、見れる方はぜひぜひチェックしてみてください。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す