『カーテンコール』 カン・ハヌル – ハ・ジウォン – チョン・ジソ – ノ・サンヒョン 終映の感想「心暖かかった」

今朝ジウォンオンニが所属事務所を通じて発表したKBSドラマ
カーテンコール:木は立って死ぬ(커튼콜: 나무는 서서 죽는다)
終映の感想を紹介しましたが…

『カーテンコール』ハ・ジウォン「人生、家族の大切さを教えてくれた忘れられない作品」終映の感想

《謝幕:樹立而死》河智苑發表劇終感言:”這部作品讓我瞭解了人生,家族的珍貴”

さきほど『カーテンコール』キャストの終映の感想がネットニュースで取り上げられたので、
ここでご紹介します。💪🏻


[終映の感想] カン・ハヌル-ハ・ジウォン-チョン・ジソ-ノ・サンヒョン 「カーテンコール、心暖かかった」
[종방소감] 강하늘-하지원-정지소-노상현 “커튼콜, 가슴 따뜻했다”
2022.12.28

『カーテンコール』を率いた主演俳優カン・ハヌル、ハ・ジウォン、チョン・ジソ、ノ・サンヒョンが視聴者に作品を終えた感想を残した。

昨日(27日)、大団円の幕を閉じたKBS2TV月火ドラマ『カーテンコール』(演出:ユン・サンホ、脚本:チョ・ソンゴル、制作:ビクトリーコンテンツ)16話である最終回では巨木チャ・グムスン(コ・ドゥシム扮)が家族愛と愛という偉大な遺産を残して世を去り、残った家族はそれぞれの幸せを求めて旅立つ活気に満ちた未来が描かれ、胸暖かいエンディングをプレゼントした。

カン・ハヌルは無名の演劇俳優で、チャ・グムスンの偽孫になったユ・ジェホン役を演じ、キャラクターを完璧に重ね着した怪物のような没入力で視聴者を魅了した。 「どうすればもう少しユ・ジェホンのように、あるいはリ・ムンソンのように見えるだろうかと思いながら撮った。 皆さんも私も拍手をしながらカーテンを閉める作品として残ってほしい」と終映の感想を述べた。

ホテル楽園のカリスマ溢れる総支配人であり暖かく善良な心を持ったパク・セヨン役で猛活躍したハ・ジウォンは「名残惜しさと感謝など多様な感情が混ざって胸がいっぱいになる。 これまで撮影した瞬間を思い出して、すがすがしいけど名残惜しくもある」とし、「最後まで大きな拍手をしてくださって感謝する。 長く記憶に残る心温まるドラマだったことを願う」と話した。

チョン・ジソは劇中でユ・ジェホンの同じ劇団所属俳優であり、偽妻のソ・ユニ役を演じ、明晰な頭脳と冷徹な判断力で劇の流れを調整した。 「監督、先輩、俳優、スタッフの間で常に学んできた。 シナリオの中でも悟りを得る瞬間が多く成長したことを感じた」とし、「一緒にかけてくれた視聴者の方々に感謝しカーテンコールをよく上げたと思う」と明らかにした。

チャ・グムスンの本当の孫であり冷血なリ・ムンソン役で心が痛むエンディングを何度も飾った俳優ノ・サンヒョンは「私たちの作品とムンソンに拍手をしてくださったすべての方々に感謝する。 一緒にした先輩たち、同僚の方々、そして撮影チームにも心を込めて拍手したい。 暑い時に始めて、今は雪が降っているが、長期間良い人たちと暖かい心を共にできて良かった。 懐かしくなりそうだ」と打ち明けた。

それぞれのキャラクターを見送った感じについても付け加えた。 カン・ハヌルは「ジェホンは演劇舞台が好きで憧れの姿からいつもポジティブに考える姿まで私と似ている。 次に再び演劇をする役割を引き受けることになった時、再びジェホンを思い出すと思う」と明らかにした。 ハ・ジウォンは「セヨンと親しくなったが、送らなければならないので。とても残念だ。 セヨンのおかげできれいな服もたくさん着てみて、ホテル経営もしてみて楽しかった。 気苦労をしすぎて、今元気なのか気になると思う。 長く記憶に残ってほしい」と話した。

チョン・ジソは「ソ・ユニは私の青春の姿がたくさん染み込んだようだ。 現実に忠実なキャラクターなので、より大切で誇らしいユニだったようだ。 いつも努力しても残念だったが、激励のおかげでいつも新しい心構えを持つことができた」と話した。 ノ・サンヒョンはリ・ムンソンに手紙を残した。 「ムンソン、これまでお疲れ様でした。 あなたのこれからの未来はきっと明るいと信じている。 君の幸せを応援する」と語り、胸が熱くなった。

それぞれの幸せを求めて旅立ったユ・ジェホン、パク・セヨン、ソ・ユニ、リ・ムンソンは今頃どう過ごしているのだろうか。 カン・ハヌルは「ジェホンは作品オーディションを受け、夕食はセヨンヌナにおごってもらっていると思う(笑)。セギュ兄(チェ・デフン役)は演技を諦めたのではないかと思う。 ホテルの仕事をしろとジェホンが説得していると思う」と愉快に答えた。 ハ・ジウォンは「セヨンは大きな愛着を持ってホテル経営に力を入れそうだ。 家族の大切さも感じたので、一緒に時間を過ごすことも多そうだ。 自分が一番幸せにできることをしながら元気に過ごせそうで安心した」と想像した。

チョン・ジソは「ユニは海外で熱心に自身の人生を生きながらまた別のジェホンを捜し出して訓戒しているのではないかと思う」と明らかにした。 ノ・サンヒョンは「ムンソンは再び韓国に戻って新しい家族とトッポッキも食べて、人生4コマも撮って、にらめっこもしながら過ごすと思う。 豊かさの中で明るく笑って来る春の日を待ちそうだ」と答え、胸がいっぱいになった。

KBS2TVの月火ドラマ『カーテンコール』は、屈強な女性、チャ・グムスンの一代記を通じて、家族愛と存在価値を名品俳優たちの好演で繊細に描き出し、感動と歓喜を抱かせた。

元記事:こちら


名残惜しさと感謝など多様な感情が混ざって胸がいっぱいになる。
これまで撮影した瞬間を思い出して、すがすがしいけど名残惜しくもある。
最後まで大きな拍手をしてくださって感謝する。
長く記憶に残る心温まるドラマだったことを願う

とKBSを通じて感想を発表したジウォンオンニ!🌞
事務所を通じて発表された感想とは違うコメントですね。💕

4月末にクランクインして、そして11月末にクランクアップを迎えて、
セヨンと共に過ごした半年間はジウォンオンニにとっても幸せな時間だったでしょう。🥰
そんなセヨンとのお別れがやってきて、お日さまも寂しいだろうね。🥲
セヨンと親しくなったが、送らなければならないので。とても残念だ。
セヨンのおかげできれいな服もたくさん着てみて、ホテル経営もしてみて楽しかった。
気苦労をしすぎて、今元気なのか気になると思う。長く記憶に残ってほしい

本当にセヨンのおかげで、とてもゴージャスでチャーミングな総支配人ファッションを見れたし、
美しいお日さまもたっぷり堪能できたから、改めてセヨンに感謝します。💙
そしてパク・セヨンは今頃どう過ごしている?という質問に…
セヨンは大きな愛着を持ってホテル経営に力を入れそうだ。
家族の大切さも感じたので、一緒に時間を過ごすことも多そうだ。
自分が一番幸せにできることをしながら元気に過ごせそうで安心した

セヨンがホテルを経営しながら、絵を描いているという答えを予想してたけど、
ホテル経営に力を入れて、家族と一緒に時間を過ごすという。🤭
一方、ジェホンを演じるハヌルくんは「ジェホンは作品オーディションを受け、
夕食はセヨンヌナにおごってもらっていると思う(笑)」と答えた。😂😂😂

金曜日には第15話と第16話のメイキング映像がアップされると思うので、
クランクアップを迎えた時の映像も見れたらいいですね。

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です