【At This Moment 지금 이 순간】今この瞬間 in ソウル HK1023 夏休み Ver. ⑮ 2019.7.9 『ファン・ジニ』撮影地~慶熙宮

13時50分発のシャトルバスで韓国民族村から水原駅に戻り、
水原駅に直結しているデパートで親に頼まれたものを買った後、
ムグンファ号でソウルに戻ることに。🚆本当はITXに乗りたかったけど、
次の列車まで待ち時間が長いから、古いムグンファ号に乗ることに…
水原~ありがとう!また来ます!😊

去年の9月にお世話になったデパートのフードコートで昼ごはんを食べるつもりだったけど、
時間がなくて、マシュマロが入ってるチョコレートパイ🍫とコーヒー☕️を買って、ホームへ!🏃🏻‍♀️💨💨
このお店のチョコパイは本当に美味しくて感動!🥺

ムグンファ号に乗り込んで、ソウルへ戻ります。
順調かと思いきや…「次は終点龍山です」ってアナウンスが流れて、
あれ?!終点はソウル駅じゃない!!😨😨😨😨
どうやら電車が遅延して、一本前の特急に乗ってしまった。💦
ホーム電子掲示板にはソウルって書いてあったのに~
とりあえず、龍山駅に降りて、地下鉄で市庁駅に戻りました。

一旦ホテルに戻り、荷物を置いてから、タクシーで次の目的地である慶熙宮へ向かうことに。🚕
慶熙宮は五大古宮のひとつで、有名な観光スポットなのに、
運転手さんは道が分からない…一応地図アプリを駆使して、
GPSが選んだルートを見せたけど、それを見ても分からないようで、
遠回りしてどんどん遠くまで行っちゃった。😓

目的地に辿りつけなくてイライラしてる運転手さん、全く話を聞かないから、
「私はここで降ります!」と言って、歩いて2kmくらいの慶熙宮まで行った…💦
今日は本当に波乱万丈な一日だった~😅
ここは慶熙宮(キョンヒグン)の正門である「興化門(フンファムン)」。
今回どうしてもここに来たい理由があった。

「興化門」をくぐると、「崇政門」が見えてきました。
さっき言ったように、慶熙宮は五大古宮のひとつで、唯一無料で入れる古宮です。
なぜここに来たかったかというと…😁

ここは『ファン・ジニ』のロケ地だから!✨
第4話「初恋」、才能ある若い童妓を都の女楽として献上しなさいとのお達しが届いたペンム、
松都教坊で一番出来のいいチニを連れて都へ行くことにしました。

実はチニとペンムのシーンは慶熙宮の「崇政門」の前で撮影が行われたんです。💕

才能ある童妓を献上すると地方の教坊が栄えず不公平だから、
全教坊を競演させて最高の教坊が都の女楽を司るとペンムが提案した。
「勝てる自信はあるのか?」というメヒャンの問いに、
「勝ちに興味はない…王の心を打ち涙を流させたい」とチニが答えた。👏🏻👏🏻

二人はこの階段の上に立っていたね。🥺💖

まだ童妓だったチニ、この揺るぎのない眼差しが実に印象的だった。 💞

「崇政門」をくぐると、目に飛び込んできたのは、
慶熙宮の正殿である崇政殿(スンジョンジョン)です。✨
ここは王の即位式や朝会、使臣の接待、宴会など
王室の公式的な行事が行なわれた場所だそうです。

ご存知の方も多いかと思いますが、
実は『ファン・ジニ』の一つのクライマックスシーンはここで撮影されました。📽️

『ファン・ジニ』第19話「途切れた心」。
王の前で舞を披露する日がやってきて、女楽の行首の座を巡って、
宮中では女の戦いが繰り広げられていた。

劇中に出てきたのは、慶熙宮の正殿「崇政殿」です。😊

1623年に完成した慶熙宮…当時は「慶徳宮(キョンドックン)」と呼ばれていたが、
1760年「慶熙宮」に改称されたそうです。
今はドラマの撮影現場としても有名。📽️

自ら命を絶ってしまったペンムの遺志を継いで、
悲しみの中で宮中に向かうミョンウォル(チニ)。😢

慶熙宮はソウル市中心部にあって、後ろに現代的な高層ビル群が見えるから、
↑のシーンはビル群が映らないようなアングルで撮影されたと思います。

「鶴の舞」を披露するミョンウォル…
中宗にペンムのことを聞かれ、動揺してしまいました。😢

ミョンウォルが「鶴の舞」を踊るシーンは私のお気に入りのシーンの一つで、
ここに来てジウォンオンニがここで舞っていたな~と思うと、
感慨深いものがこみあげてきます。🥺

さらにペンムのことで罵るピョクケスたちの野次馬トークが聞こえてきて、
ぴたりと動きが止まったミョンウォルは舞い終わらないまま、
気を失ってしまいました。

ミョンウォルが意識を失い、倒れてしまった場所。😢
DVDに収録されているメイキング映像を見たんですが、
このクライマックスシーンの撮影はかなり時間がかかって、相当大変だったそうです。
お日さまの女優魂に脱帽です。🌞

キム・ジョンハンがミョンウォルを抱きかかえて、堂々とその場を去るシーン、
何度見てもグッと来ます。😢

よく見てみると、階段には君主を象徴した鳳凰が彫られています。

🐻🐻🐻🐰「ここでチニが踊っていたね。😍」

🐰「私もここで『ウサギの舞』を踊ってみようかな?💞」
🐻🐻🐻「お願いだからやめて…💦」

慶熙宮を見学した後、慶熙宮のすぐ隣にある
ソウル歴史博物館に行ってみることに。
チケットを買おうとしたら、「観覧はすべて無料です」と言われてビックリ!😮
しかも平日は夜8時までやってて、これもまた嬉しい!!

常設展示を見に行く前に、まずは『アンデルセン、コペンハーゲン1819』
という特設展示を見に行きました。
2019年はアンデルセンがコペンハーゲンに住み始めてから200年になる年であり、
韓国とデンマークの外交関係樹立60周年にあたる年だから、これを記念し、
オーデンセ市立博物館と共同でこの特設展示を開催することになったらしいです。

『マッチ売りの少女』『人魚姫』『おもちゃの兵隊』など自作の童話や自叙伝などで
当時のコペンハーゲンの様子がよく描写されているから、
今回の展示会では、コペンハーゲンを背景としたアンデルセンの波乱万丈な人生と
彼の作品を通じて、19世紀のコペンハーゲンにスポットライトを当ててみたという。

解説文は韓国語だけではなく、英語もあって、韓国語が分からなくても楽しめました。😌
展示も全部素晴らしくて、見ごたえがあります!見れて大満足です♪

そして3階の常設展示室に行ってみると…
「朝鮮時代」、「大韓帝国期」、「植民地時代」、「高度成長期」と
時代別に4つのゾーンに分かれていますが、残念ながら、
一番見たかった「朝鮮時代」ゾーンはリニューアル工事中…😢
ここでソウルの歴史や文化をじっくりを学ぶことができるから、一度足を運ぶべき !

個人的に一番気に入ってるのは、「都市の模型映像館」というエリア。
ここで1,500分の1に縮められたソウル市全体の都市模型が展示されていて、
ソウルの街全体をひと目で見渡すことができます。😍

ジウォンオンニも訪れた南山。💗🔒🌞

次はジウォンオンニスポット巡りのレポート~!お楽しみに!😊

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す