【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン Moscow Calling @ Grazia Korea 2018年7月号

昨日の記事で「Grazia Korea 2017年3月号」に掲載されている
ジウォンオンニのインタビュー「ハ・ジウォンのIn This Moment」を紹介してみたが、
過去の記事を見てみると、「Grazia Korea 2018年7月号」は
訳してなかったことに気付いたので、アップすることに。👇🏻


ハ・ジウォン Moscow Calling
2018.6.29

今この瞬間、幸せなハ・ジウォンに会う。

ドレス価格未定 – NinaRicci。 ネックレス価格未定 – Qeelin。

ドレス価格未定 – Stella McCartney。 サンダル37万7千ウォン – Ash。

ジャケット価格未定 – Kim He Kim。 サングラス 28万ウォン – Gentle Monster。
ブラックインナーはスタイリスト所蔵品。

トップ価格未定 – CH Carolina Herrera。
Peony & Blush Suede Cologne. ピオニー & ブラッシュ スエード コロン 100ml
18万ウォン – Jo Malone London。

トップ96万ウォン台 – Roland Mouret by Net-a-Porter。
スカート 70万ウォン台 – Givenchy by Yoox)。 ベルトはスタイリスト所蔵品。

トレンチコート 42万8千 – Low Classic。
サングラス 24万9千ウォン – Gentle Monster。

ドレス 38万9千ウォン – The Tint。
サンダル 37万7千ウォン – Ash。 靴下はスタイリスト所蔵品。

ドレス 66万ウォン台 – RebeccaVallancebyNet-a-Porter。
Velvet Rose & Oud Cologne Intense. ヴェルベット ローズ & ウード コロン インテン
100ml 24万ウォン – JoMaloneLondon。

ドレス価格未定 – Etro。 それぞれ48万ウォンのミニバッグはCesare Paciotti。

ドレス 57万9千ウォン – Maje。 ネックレス、指輪ともに価格未定 – Qeelin。


馴染みなさとときめきが共存するロシアのモスクワ。 生き方から都市を構成する建築物と雰囲気まで、すべてのものが違うそこで、俳優ハ・ジウォンは逸脱ではない日常を過ごした。 高いクヌギがたくさんある公園を散歩して、日差しの良い遅い午後には、ゆったりとコーヒーを一杯飲んで休みを取る。夕方になると、人たちで賑わうパブで濃いウオッカ一杯で一日を締めくくって。 いつもと変わらないささやかな日常だが、そこがモスクワという理由だけで、彼女にとってはとても特別だ。

モスクワは初めてですよね? いかがですか?
このような独特な雰囲気はどこでも見られないようです。 とてもクラシックで雄壮な雰囲気なのに、繊細ささえあるから。 都市自体がとても真摯だと言うか。 レンガ一つ一つもぞんざいに置いた感じがないです。

旅行が好きじゃないんですか? モスクワを歩き回りながら、じっくりと目に留める姿が印象的でした。
最近旅行だけでなく、世の中の見方も完全に変わったようです。 以前だったら、あちらこちらを歩き回って観光するのに忙しかったでしょうが、今は、私の歩く道、見えるもの、その瞬間瞬間を完全に感じる方がいいです。今朝も目覚めながら、窓の外を見たら、「これがモスクワの日差しだな」と思ったら、それだけで新鮮で良かったんです。グラビア写真撮影もそんな気持ちで臨みました。 この素敵な所の風と日差し、空気までも感じようという気持ち。 あっ、私ちょっとおばあさんみたいかな?(笑)

近況が気になる読者が多いです。 どのように過ごしましたか?
時間がどのように流れたのか分からないです。近年広告もたくさん撮って、海外スケジュールもこなしたが…試練を一度経験したから、私の人生が完全にひっくり返された感じです。一人で乗り越えるのが大変で、周りの人にたくさん助けられたから、耐えられたでしょう。私の人生で一度も寂しいとか虚しいという感情を感じたことがなかった。ところが、本当に心にポッカリ穴が空いたような気持ちを感じたと言うべきだろうか。 周りに話せる人をみんな掴んで、「このような寂しさを感じたことがありますか?」と聞くほどでした。 人々と話し合いながら、私なりに心の整理をしました。 また、私がその時期にピアノを習い始めたのですが、それが本当に大きな力になってくれたと思います。 クラシックを聞いたら、不思議と落ち着きました。 その時から好きな音楽の好みまでも変わったと思います。

ピアノは急に習うようになったんですか?
特別なきっかけで習ったというより、家に元々ピアノがありました。 使う人が一人もいなくて、ぽつんと置いてあって、あまりにもかわいそうでした。 実は演技の発声練習をするために買ったピアノなので、演奏したことがないです。 ピアノのレッスンを受けながら、ピアノを弾いたら、キラキラと輝きました。 とても不思議でした。 実際に作品のためにピアノを習ったら、強迫観念に襲われるかもしれないけど、そんな恐れもなく、自分が弾きたくて学んで練習するから、凄くよかったんです。 とても面白いです。

自らが評価するにかなり人に聴かせる実力ですか?
全然。(笑)この間、日本のファンミーティングで思いっきりピアノを演奏しながら歌ったんですよ。 家では良かったと思うんですが、リハーサルで何度も間違えたから、私の中の悪魔が出てくるんですよ。(笑) 無謀な行動でした。最初は手ももつれて、頭ももつれたような気がしたが、いつの間にかその曲を自由に演奏していたんです。 そうすると、すーっと結び目が解ける気がします。 その時の達成感は言葉で表現できないです。 目標はあります。 来年頃にはショパンの曲を一つ完走したいんですが、頑張ってみます。

ピアノのほかに、新しく学ぶことがありますか?
最近ピラティスをしています。 4ヵ月ぐらい経ちましたが、体にいい感じに筋肉がつく方だから、ピラティスをして、筋肉量が2kg増えました。 筋肉があまりにも多くなるといけないのに。(笑)先生も驚きました。

最近「小確幸(ささやかだが確実な幸せ)」という言葉が流行ってます。 ハ・ジウォンに「小確幸」がありますか?
凄く難しい質問だと思います。 私は実は些細なことで幸せをよく感じる方です。 昨日撮影したんですが、とても暑かったです。 でも撮影が終わって、シャンパンを一杯飲むと、凄く幸せだったんです。 そういう些細なことが、 絶え間なく私を幸せな気分にしてくれます。

そんな性格がSNSでも表れていると思います。 ハ・ジウォンのSNSには、家の前の花や公園の木など、些細なことでいっぱいですね。
きれいな空を見たら、今私がこの空を見て感じた幸せを写真に残しておきたいし、ファンや友達と共有したいです。 だからそんな感じの写真と文章が多くなっていると思います。 また、ファンとも直接交流できるのがとても魅力的です。 会社を通して、他の人を通してではなく、ファンと私が直接写真や文章で話を交わすことができるということがとても好きです。

そんなハ・ジウォンも怒る時があると思うけど。
実は言いたいことを我慢する方ではないです。 顔にも一見で分かるように出てます。隠すのが苦手っていうか ?代わりに胸のうちにしまい込むこともしない。そして、悪い記憶はよく忘れてしまうので、いつまでも怒ったりすることもしないでしょう。

日本ではファンミーティングをやって、ロシアではファンサイン会を行いました。 海外ファンに会うのは簡単ではないので、より特別だと思います。
日本ではたまにファンミーティングをやりました。 それもよくあることではないんですが、ロシアは本当に思いもよらなかった所だから、格別な感慨があるでしょう。 人種、文化、言語まで違うのに、本当に私のファンがいるんですよ。 ロシアから近い国から来た方もいました。 最近の作品『病院船』まで見たファンもいました。 海外ファンは私に会うのが本当に大変じゃないですか? 私もよく来る機会がないんです。 異なることが多いにも関わらず、私を応援して、私のことを好きになってくれる方々がいるなんて本当に驚くし、これからも機会があれば、もっとたくさんのイベントを開いてみたいです。

日常ではなく、俳優ハ・ジウォンの今後の計画も気になります。
まず、面白いバラエティ番組『ガリレオ:目覚めた宇宙』に出演することになりました。 火星と同じ環境で生き残るバラエティですが、「本物」に近い体験だから、とても楽しみです。 20kgもある宇宙服を直接着て、宇宙船で食べる非常食を食べて、そこで寝ながら生活するんですよ。 凄く大変そうですが、誰もできる体験ではないから。 様々な危機や置かれる状況で、私が感じる感情のようなものが気になります。 この先は本物の火星に行くかもしれないので、あらかじめ準備しておかないと。(笑)

昔から挑戦するのが好きじゃないんですか? どうしてそんなに「挑戦」が好きなんですか?
分からないです。ただ私が予測できる状況では、好奇心も湧いてこないし、あまり興味もないと思います。 予測不可能な状況がいいです。 演技する時もそうだし、いつも初心でドキドキするその気持ちがいいかもしれません。

では、次の作品もハ・ジウォンの新しい挑戦の一つだと思ってもいいですか?
それは確答することができないと思います。 昔は一つの作品が終わるや否や、またやりたい作品があったり、休むのも心穏やかではなかったが、最近は焦燥感に駆られないです。 私の中で大きな変化があったようです。 もちろん良い作品はいつもやりたいですが、’今年中に、今年の下半期には必ず!」のような目標を立てなくなりました。 しかし、良いきっかけで良い作品に出会ったら、いつものように演技をしているのではないでしょうか?

 

 

「愛する人たちと共に過ごす時間が本当の幸せだという
事実を最近ぐっと感じます。
その時間は戻すことも、戻ってくることもないから。
その人たちがいて本当にありがとう。」

 

 

 

元記事:こちら


ジウォンオンニが韓国雑誌の表紙を飾ったのはもう2年前!😳
「Grazia Korea 2018年7月号」はジウォンオンニのお誕生日の直前に発売されて、
誕生日パーティーを参加しに韓国に行った時、
ソウルの本屋さんでこの雑誌を買いました。💫

3年前にジウォンオンニにとって、大変な時期で辛いことがあったんですが、
悲しみを乗り越えて当時の心境語るインタビューを読みながら、
あの頃は大変だっただろうとじわじわと心が痛む一方、悲しみから立ち直って、
前向きになってきててよかったと安堵の胸をなでおろした。💗

「2018モスクワ韓流博覧会(KBEE 2018)」で初めてモスクワを訪れ、
現地のファンと触れ合って、特別な時間を過ごされたようです。

「海外ファンは私に会うのが本当に大変じゃないですか?
私もよく来る機会がないんです。 異なることが多いにも関わらず、
私を応援して、私のことを好きになってくれる方々がいるなんて本当に驚くし、
これからも機会があれば、もっとたくさんのイベントを開いてみたいです。」

というジウォンオンニの思いにぐっときました。🥰
こういうところはファン想いなジウォンオンニらしいな〜って。❤️

そしてモスクワで撮り下ろした写真はどれも素敵で見とれてしまいます。😍
メイキング映像も要チェックです。📽️

🎬 ハ・ジウォン『GRAZIA KOREA(그라치아・グラーツィア)』2018年7月号 メイキング映像

そしてこの映像も…
お日さまのあまりの美しさに秒殺された。😌

そしてこの映像も…鼻血が出てしまいます。😝

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す