ハ・ジウォンXユン・ゲサン主演 JTBCドラマ『チョコレート』制作発表会 2019.11.28 関連記事まとめ

今日はJTBCドラマ『チョコレート』🍫👩🏻‍🍳の初オンエア日!🤎
もう夕べからドキドキワクワクしています。🥺
昨日、『チョコレート』の制作発表会が開催されて、
多くのメディアに取り上げられたので、ここで関連記事をまとめてみたいと思います。


『チョコレート』ユン・ゲサンXハ・ジウォン 出会いが尽くした “無MSG淡白なロマンスお楽しみに”[総合]

俳優のユン・ゲサンとハ・ジウォンがロマンスドラマで出会った。 これらの組み合わせは、その出会いだけで『チョコレート』を期待させる最高の観戦ポイント。 今年の冬、どんな「ヒーリングロマンス」でお茶の間を温めるか関心が集まっている。

28日午後3時、ラマダ ソウル シンドリムホテルのグランドボールルームホールでは、JTBC新金土ドラマ『チョコレート」』(脚本イ・ギョンヒ、演出イ・ヒョンミン)の製作発表会が開かれた。 席にはイ・ヒョンミン監督、俳優のユン・ゲサン、ハ・ジウォン、チャン・スンジョが出席した。

『チョコレート』はメスのように冷たい脳神経外科医のイ ・ガン(ユン・ゲサン)と食べ物で人々の心を癒すシェフ、ムン・チャヨン(ハ・ジウォン)がホスピス病棟で出会い、料理を通じてお互いの傷を癒すヒューマンロマンスドラマだ。

この日、イ・ヒョンミン監督は「『チョコレート』は生活に疲れた人々の憩いの場になるドラマ」と簡単に紹介した。 他のロマンスドラマと差別化された魅力としては、「刺激的な話がない」という。 イ監督は「食べ物に例えるなら、 「MSGがない料理」だ。 このような食べ物は材料が重要だ。 良いシェフは、材料と塩、火だけで料理を作ります」とし、「このドラマにはここに座っている俳優だけでなく、キム・ウォネ、キム・ホジョン、ヨム・ヘランなど良い演技者がたくさん出る。 多彩な演技が見られる面白いドラマになるはず」と自負した。

『チョコレート』はユン・ゲサン、ハ ・ジウォンなど見るだけでも心温まる俳優たちの組み合わせだけで大きな関心を集めた。 もう目から哀切で切ない雰囲気を漂わせている二人は、今回の作品を通じて、視聴者にヒーリングロマンスをプレゼントする見込みだ。

イ監督は、2人の俳優について、「ぜひ一度呼吸を合わせてみたらした」と話した。 彼は「イ・ガンという人物は内面がそうではないが、とてもシックな魅力を持っている。 これまで劇場で強烈なキャラクターで愛されたユン・ゲサンさんが演じればと思った」とし、「実際に見たら、少年味もあった。 キャラクターをユン・ゲサンさんが作ってくれて本当に良いと思っていたが、その予想が的中したようだ」と説明した。

ハ・ジウォンについては、「監督の間では、『一緒に仕事してみたい女優』の一人である。 あまりにも有名なドラマで多様なキャラクターを見せてくれたじゃないか。 私が好きだったSBS『シークレット・ガーデン』(2010)、『バリでの出来事』(2004)などの作品でもヒロインを演じた」とし、「直接に会ってみると、心が善良だ。 人々にヒーリングをプレゼントするムン・チャヨンのキャラクターによく似合うと思った」と笑みを浮かべた。

tvN『グッド・ワイフ』(2016)以来3年ぶりにドラマに復帰するユン・ゲサンは暖かい内面を隠した脳神経外科医イ・ガンを演じる。 イ・ガンはすべてを備えた完璧な男だが、危険な運命を悟り、誰よりも激しい現実を生きていく人物だ。

この日、ユン・ゲサンは3年ぶりにドラマで演技をするようになり、嬉しいと挨拶した。 作品に出演するようになった理由については、「ストーリーと監督、俳優すべて良かったのですが、これまで見せられなかった魅力を発揮できるだろうという期待したから」。彼は「ヒューマンロマンスをまともにやったことはない」とし、「良い機会だと思って欲が出た」と笑った。

しかし、「医師」という設定が負担になったという。 ユン・ゲサンは「使用する用語自体が難しくて、口から自然に出なければならないが、そのように演技するのが難しかった」と打ち明けた。

一方、 「メロクィーン」ハ・ジウォンは劇中肯定エネルギーを装着した実力派シェフ、ムン・チャヨンに扮する。 ムン・チャヨンは幼い頃、海辺の小さなレストランで会った少年からもらった温かいご飯が、生涯で最も幸せな記憶として残り、シェフの道を歩むようになった人物だ。

ハ・ジウォンはまず「ドキドキして、ワクワクする」と緊張されている心を表わした。 シェフという職業を持つキャラクターを準備するにあたり、直接料理を学んで練習したため、視聴者の評価がどうか、気になる様子だった。

ハ・ジウォンは「ムン・チャヨンは韓国料理が上手なイタリア料理のシェフだ。 ベーキングもある」とし、「3月からベーキングとイタリア料理を学び始めた。 母から韓国料理も学んだ。 実際、あるレストランの厨房補助としてパスタを作ったりもしたけど、スペースのリズムも速くて、オーケストラみたいだった。 そう感じたことがチャヨンを演じるのに大きく役立った」と話した。

ユン・ゲサンとハ・ジウォンのロマンスとともに描かれるクリーンな背景もこのドラマの見どころの一つだ。 『チョコレート』は莞島(ワンド)、麗水(ヨス)、扶余(プヨ)、ギリシャなど韓国の田舎と海外を回りながらロケ撮影を行った。 ユン・ゲサンは「劇中の病院があるところは田畑が多い。 私たちだけで 『三食ごはんのドラマ』と言った」とし、「背景に緑が多くて目が楽なドラマだと思う」とヒーリングポイントを指摘した。 イ監督の演出力も褒めて、「道端に飛ぶセミの声、風の音がよく盛り込まれている。 5部まで見たのも気分がよくなった。 期待してもいい」と笑った。

ハ・ジウォンも似たような話をした。 彼女は「私は田んぼが大好きなのに、劇中チャヨンが通う出勤の道が田んぼだった。 演技をしてる私もヒーリングされて良かった」とし、「扶余で撮影しながら近くの大川(テチョン)に住む叔母の家に泊まった。 撮影中、叔母さんの家で三食ごはんをよく食べていた。 私が感じた分だけ、視聴者にも見てヒーリングしてもらいたい」と期待を寄せた。

ハ・ジウォンは、「シェフのムン・チャヨンが作る料理も観戦ポイントの一つだ」と付け加えた。 彼女は「ホスピス病棟に多くの患者がいて、多くの食べ物が出ている。 食べ物には様々な話が盛り込まれている。 誰かに慰めと奇跡になる瞬間がある」とし、「食欲を刺激する美味しい食べ物が出てくるので、ぜひ見てほしい」と語った。

一方、『チョコレート』は、KBS2『ごめん、愛してる』(2004)でシンドロームを起こしたイ・ヒョンミン監督とイ・ギョンヒ作家が意気投合した作品。全16回の事前製作ドラマだ。29日午後10時50分初放送される。

元記事:こちら


『チョコレット』ハ・ジウォン、「シェフ役のためにレストランで調理補助として働いて」

ハ・ジウォンがシェフ役を演じる前にレストランでしばらく働いたと明らかにした。

28日午後、ソウル市九老区ラマダ ソウル シンドリムホテルのグランドボールルームでJTBC金土ドラマ『チョコレート(脚本イ・ギョンヒ、演出イ・ヒョンミン)』の製作発表会が開催され、イ・ヒョンミン監、俳優ユン・ゲサン、ハ・ジウォン、チャン・スンジョが出席した。

(中略)

ハ・ジウォンも久しぶりにお茶の間劇場に復帰。 MBC『病院船』以来、約2年ぶりだ。 彼女は実力派シェフムン・チャヨンを演じる。 無限肯定エネルギーを装着した笑顔の天使であり、悪事を目にすれば。カッとする火のような性格の持ち主で、幼い頃、海辺の町にある小さなレストランで会った一人の少年から温かい食事を貰い、シェフの道を歩むことになった。

ハ・ジウォンは役作りに注ぐ努力がすごいと評判の俳優だ。これと関連したインタビューでは、彼女の次のタイトルで表現した。 「学ぶのが俳優じゃないですか?」 馬乗り・剣術・弓術(『茶母(チェオクの剣)』)から琴・カヤグム・綱渡り(『ファン・ジニ』)、ボクシング(『1番街の奇跡』)、ピアノ(映画『バカ』)、殮襲・入棺(『私の愛、私のそばに』)、オートバイ(『第7鉱区』)、卓球(『コリア』)、縫合(『病院船』)まで、その種類も多様だ。

今度は料理だ。 ハ・ジウォンは「レストランで調理補助として働いた。 監督をはじめスタッフの方々にサプライズとしてパスタもご馳走させていただいた」とし、「その空間で感じたことが、私がチャヨンで料理するのにとても大きく役立った」と話した。

一方、JTBC金土ドラマ『チョコレート』は29日午後10時50分初放送される。

元記事:こちら


女優ハ・ジウォン、新ドラマ「チョコレート」シェフ役のために料理を勉強 「役に立った」

女優ハ・ジウォンが、ドラマ「チョコレート」で演じる役柄のため努力した点について明かした。

ハ・ジウォンは28日午後、ソウル市内で開かれたJTBC新金土ドラマ「チョコレート」の制作発表会に出席した。

この席でハ・ジウォンは「料理で人々の心を癒す温かなシェフ役を演じた」とし、「とても緊張し、わくわくして撮影の間はずっとヒーリングされて、多くの愛を受け取ることができた」と振り返った。

また、シェフを演じるにあたり、どのような準備をしたかを問われると「韓食が得意なイタリアンシェフの役だった。3月から料理を学び、地方に行ってキムチ漬けに挑戦し、母から韓食の作り方も習った」とし、「料理を学んでみると、シェフたちのレストラン空間に興味をもち、営業時間に(レストランを)訪問してパスタを作ったこともあった」と説明。

ハ・ジウォンは「誰にも知らせずに行ったのだが、何人かのお客様には気付かれようだ」とし、「とても良い経験になり、その空間で感じたことが演技に活かされたと思う」と明かした。

ドラマ「チョコレート」は、メスのように冷たい脳神経外科の医師=イ・ガン(ユン・ゲサン扮)と料理で人々の心を癒す温かなシェフ=ムン・チャヨン(ハ・ジウォン扮)がホスピス病棟で再会した後、料理を通して互いを癒していくヒューマンラブストーリー。

元記事:こちら


『チョコレート』ハ・ジウォン「シェフ役のため、実際にレストランで研修」

28日午後に開かれたJTBC新金土ドラマ『チョコレート』の制作発表会に出席した女優ハ・ジウォンが、シェフの役作りのため、実際に飲食店で実習したと語った。

『チョコレート』は、脳神経外科医のイ・ガン(ユン・ゲサン)とシェフのムン・チャヨン(ハ・ジウォン)がホスピス病棟で再会し、料理を通して傷を癒していくヒューマンメロドラマ。番組でハ・ジウォンは、イタリアの世界料理大会出身の実力派シェフ、ムン・チャヨンを演じる。

ハ・ジウォンは、「今年3月からベーキングとイタリアン料理を学び、田舎の家でキムジャン(キムチの漬け込み)もやって、母からときどき韓食も習った」と口を開いた。

さらに「料理をしてみるとシェフの現実が気になって、あるレストランで厨房の補助として直接料理を学び、パスタも作った」として、「やってみると、厨房はオーケストラのように素早いリズムが調和しないといけない場所だった。火の前で料理するシェフを尊敬した」と語った。

さらに、十日間の研修期間中にオーダーまで務めたハ・ジウォンは、「こっそりやる気だったけれど、何回かお客さんに見つかったこともあった。その空間で感じたことがキャラクターを演じる上ですごく大きな助けになった。いい経験をした」と語り、「私は料理をしてみたことがなかったけれど、皆さんにパスタくらいはごちそうできる自信がある」と強調した。

JTBCの新金土ドラマ『チョコレート』は、29日夜10時50分から放送スタート。

元記事:こちら


読み応えのある記事ばかりで、ドラマを見る前にぜひ読んでいただきたいので、
グーグル先生の力を借りて訳してみました。💪🏻
ジウォンオンニのコメントはもちろん、イ・ヒョンミン監督が『チョコレート』に込めた思いも印象的でした。💕
とても心が温まるヒューマンドラマになるでしょうね。

そして厨房の補助としてあるレストランで働いていたジウォンオンニ!
インスタにアップされた写真を見たんですが、一生懸命にパスタを作る姿が愛おしい。😁
ジウォンオンニが作ったパスタを食べてみたいですね。🤤🤤🤤

【関連記事】

✏️ ユン・ゲサン & ハ・ジウォン、JTBC新ドラマ「チョコレート」制作発表会に出席

✏️ 『チョコレート』ハ・ジウォン「シェフ役のため、実際にレストランで研修」

✏️ 韓国女優ハ・ジウォンが、ドラマ「チョコレート」で演じる役柄のため努力した点について明かした

✏️ 女優ハ・ジウォン、新ドラマ「チョコレート」シェフ役のために料理を勉強 「役に立った」

✏️ [フォト] ユン・ゲサン&ハ・ジウォンなど「チョコレート」制作発表会でポーズ

✏️ 【PHOTO】ハ・ジウォン&ユン・ゲサン&チャン・スンジョ、新ドラマ「チョコレート」制作発表会に出席 

✏️ 【編集部Choice】JTBC新ドラマ「チョコレート」制作発表会に ユン・ゲサン ハ・ジウォン チャン・スンジョ らが出席しました。

✏️ 【フォト】ユン・ゲサン&ハ・ジウォン&チャン・スンジョ、“「チョコレート」期待してください”

✏️ 【フォト】「チョコレート」ユン・ゲサン&ハ・ジウォン、甘いロマンスカップル

✏️ 【フォト】「チョコレート」ハ・ジウォン、歳月が流れても相変らず愛らしい美貌

✏️ 【フォト】「チョコレート」ハ・ジウォン、清純女神の“反転”…セクシーな後姿

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す