折り返し地点を回った『チョコレート』ユン・ゲサン×ハ・ジウォン、お互いに惹かれ合う自覚…甘くてほろ苦いロマンス第2幕

JTBCドラマ『チョコレート』👩🏻‍🍳🍫第9話のオンエアまであと3日!
あっという間に折り返し地点になったが、
イ・ガン先生とチャヨンが近づいたような遠くなったような…
二人の「胸きゅん」モーメント💞がネットニュースで取り上げられたので、
ここで紹介したいと思います。✨


折り返し地点を回った『チョコレート』ユン・ゲサン×ハ・ジウォン、お互いに惹かれ合う自覚…甘くてほろ苦いロマンス2幕

『チョコレート』ユン・ゲサンとハ・ジウォンがウェルメイド感性メロの真価を披露している。

JTBCの金土ドラマ『チョコレート』(演出イ・ヒョンミン、脚本イ・ギョンヒ)が、お互いに徐々に染み込むイ・ガン(ユン・ゲサン)とムン・チャヨン(ハ・ジウォン)の暖かいときめきで、視聴者の心を打つ。 初めての出会いから格別だったイ・ガンとムン・チャヨンの縁は、誤解とすれ違いで切なさを感じさせたが、ホスピスでの再会でお互いの痛みと心を理解しながら一歩ずつ近づいている。 いつもまっすぐにイ・ガンに向いているムン・チャヨンに惹かれるのを自覚したイ・ガンは、隠せない気持ちが少しずつ漏れている。 お互いに向かう歩みは遅いからこそ、毎瞬間のときめきが深く、濃く響きを残す。 折り返し点を回った二人の縁が2幕でどんな変化を迎えるか疑問を刺激している中で、距離を縮めて行って、視聴者たちの心をときめかせていたイ・ガンとムン・チャヨンの「胸きゅん」モーメントを探った。

#「ジャージャー麺を一緒に食べますか?」ぴったり一歩、近づいた距離!!閉じていた心の扉を開いた!

ホスピスで再会したムン・チャヨンとイ・ガン。 戻ってきた時間だけ積もった誤解は、簡単に心の扉を開くことができなかった。 病院の規則を破って、ムン・チャヨンがキム老人(オ・ヨンス)と外出をして事故が発生すると、イ・ガンは「僕はここに長くはいない。 それまでに何の問題も起こさないようにしていただけると幸いです」と冷静に語った。 ギリシャでムン・チャヨンの彼氏だと誤解されたムン・テヒョン(ミン・ジヌン)が弟であることも知ったイ・ガンは、手作りのジャージャー麺を持って、傷心したキム老人を慰めようとしたムン・チャヨンの心をうっすらと見抜くことができた。 自分を捨てた息子を待つために毎日ジャージャー麺を食べたキム老人の切ない死の後、ムン・チャヨンとイ・ガンは中華料理屋で出くわした。 言葉を交わさなかったが、キム老人を哀悼する心を分けた二人。 初めて誤解を乗り越え、心の扉を開くことになったイ・ガンは、ムン・チャヨンに「ジャージャー麺を一緒に食べますか?」と提案した。 イ・ガンとムン・チャヨンは、積もっていた誤解の中で閉ざされた心の扉を開いた。 ぴったり一歩、近づいた距離がときめきの始まりを告げた。

#「お誕生日おめでとう、病気にならないでね、特に誕生日には」 傷を癒す心からの慰め

自分も知らないうちにムン・チャヨンが気になり始めたイ・ガンは、彼の痛みと傷まで眺めるようになった。 「誕生日は恐ろしい思い出だった」と告白したムン・チャヨン。 イ・ガンは彼女が崩壊事故の生存者であり、トラウマで長い間苦しんできたことを知った。 同じ事故でイ・ガンは母親を亡くした。 もしかしたら似たような傷を共有しているのだろう。 ホスピスでの初日、胸の中に倒れたムン・チャヨンが、切羽詰った状態で「助けて」と叫んだ理由が分かった。 遅い時間まで帰ってこないムン・チャヨンを直接探して出るほど、イ・ガンの気持ちはいつの間にか変わっていた。 一人で母の命日を悼んだイ・ガンは、ムン・チャヨンとの間に線を引かず、席の片隅を譲った。 もしかしたら2人にとっても心が痛む日だが、イ・ガン自分よりムン・チャヨンの傷を見ていた。 「病気にならないでね。 特に誕生日には」と吐いた言葉の中に込められた深い慰めは、ムン・チャヨンの長年の傷に癒しの温もりを分けた。 そのお互いの痛みに手を差し伸べた二人の間に、暖かい感情が芽生えていた。

#「あなたを探して僕が山を歩き回りながら、どれほど心配したか知ってるのか…」惹かれる自覚!!漏れた本音

イ・ガンはいつの間にか自分に染み込んだ気持ちを初めて自覚した。 「どんどん人を心配させ、気にさせる」ムン・チャヨンに対する自分の気持ちに疑問を投げかけ、「ミンソン、僕はまた道に迷ったようだ」と混乱した。 自らの質問に何も答えられなかったイ・ガンだが 。山いちごを摘みに行ったムン・チャヨンが帰ってこないので、ためらうことなく彼女を探して行く彼の行動は、すでに答えを知っていた。 暗い夜、懐中電灯を一つ持って山をさまよう切羽詰った心は、すでにムン・チャヨンに届き始めたイ・ガンの心を見せてくれた。 いつも患者のことを自分のことのように乗り出て、危険を自ら招くムン・チャヨンに「あなたを探して僕が山を歩き回りながら、どれほど心配したか知ってるのか」と、思わず本音を漏らしたイ・ガン。 まだお互いに向かって迷っているが、本気は鮮明になった。 自らの質問に答えたイ・ガンの本音は、震えの震度を高めた。

元記事:こちら


チャヨンとイ・ガン先生の関係の変化のターニングポイントをまとめた
読み応えのある記事でしたね。🥰
イ・ガンへの気持ちがますます大きくなっていくチャヨン、
そしてどんどんチャヨンに心を惹かれるイ・ガン先生。
二人の距離をさらに縮める次のターニングポイントが気になりますね。💗

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す