ハ・ジウォンXユン・ゲサン主演 JTBCドラマ『チョコレート』第15話

JTBCドラマ『チョコレート』第15話👩🏻‍🍳🍫!
先週は念願叶ってソウルで本放死守しました。💪🏻
第15話の関連記事を紹介しながら、ストーリーを振り返りたいと思いますが、
内容にも触れますのでネタバレを避けている方はご注意下さい。⚠️


『チョコレート』ユン・ゲサン、母イ・オンジョンがハ・ジウォンを助けたと知った「嗚咽」

『チョコレート』ユン·ゲサンがイ・オンジョンとハ·ジウォンのかつての縁を知って号泣した。
17日に放送されたJTBC『チョコレート』第15話ではイ・ガン(ユン・ゲサン)が母チョン・スヒ(イ・オンジョン)とムン・チャヨン(ハ・ジウォン)の縁を知った姿が描かれた。

この日、イ・ジュンはイ・ガンに”過去ハン・ヨンソル(カン・ブジャ)がイ・ガンを後継者にするために田舎から連れてきたと明らかにした。 イ・ジュンは「僕は権力の意志がない君を鍛え、刺激するペースメーカーだった」と打ち明けて、、イ・ガンは「その小説は誰の作品なの?」と引き止めた。

イ・ジュンは「あなたのお父さんイ・ジェフンさんが巨城で唯一の嫡子だったから。 僕の父は知らない。 彼がおじいさんの本当の息子ではないということ。 最後まで知らなければいいですが、知っていてもしょうがないし…。 この事実を知っている人はちょうど5人だ。 おばあさん、その事実に衝撃を受けて亡くなったおじいさん、あなた、僕、うちの母ユン・ヘミさん」と真実を告白した。

イ・ガンは「それが事実なら、兄の立場では死ぬまで隠さなければならない秘密じゃないの?」と疑問に思い、イ・ジュンは「僕が本当に世界で一番嫌いなのが反則なのに。 千回以上言ったのに聞いたふりもしない。 皆」とし、もどかしさを吐露した。

また、イ・ガンはチョ・チョルウに「撮影できない」と言い、「体調が悪い奥さんを利用して安い同情を得ようと頭を働かさないで。 あなたが手抜き工事で施工した建物で人が10人も死んだ」と放った。

チョ・チョルウは「韓国に期間を合わせて設計通り材料をきちんと使って建てる建物がいくつもあるようだ。 自分だけ縁起が悪くてひっかかったんだ」と暴言を吐き、イ・ガンは「人が死んだ」と憤った。

チョ・チョルウは「補償金を払ったじゃないか。 それで、人は誰でも死ぬ。 同じように崩れた建物の中にいても生きるやつらは助かったじゃないか。 死んだ人たちも運が悪かっただけだ」と図々しい態度で一貫し、結局ムン・テヒョン(ミン・ジヌン)はチョ・チョルウに近づき拳を飛ばした。

ムン・テヒョンは「何がそんなに堂々としているの。 なんでこんなにずうずうしいんだ。 生き残ったからといって。みんな生き延びたのか?それはどうやって生きたのか? 息をしているだけだって。 目だけ開いていると皆生きていると思う。 お前が殺したのは10人じゃない。 100人、1千人、1万人だよ。 亡くなった方々、生き残った人々。 そしてその家族までみんなお前が皆殺したんだよ. 謝罪することがあれば、どうか謝罪をしてほしい」と目頭を赤くした。

その後、ムン・テヒョンは警察署に行くことになり、ムン・チャヨン(ハ・ジウォン)は警察署に行った。 ムン・チャヨンはムン・テヒョンを抱きしめ、「私だけ苦しかったと思ったが。 私だけ地獄にいたと思ったのに。 ごめんね、テヒョン」と涙を流した。

特にイ・ガンはムン・テヒョンに頼まれてチョコレートを買って警察署に来て、「チョコレートがソウルフードみたいです」と気になりました。 ムン・チャヨンは「ここで生きていけば、私も誰かを助ける人になろうと思いました。 ここで死ななければ、 私も自分が持っているものを惜しみなく与える人になろうと決心しました。 私にチョコレートを譲ってくださったおばさんのように。 チョコレートは私にとって羅針盤みたいなものです。 自分の進むべき道を教えてくれる」と過去を振り返った。

ムン・チャヨンは「私にくれたチョコレートをおばさんが食べたなら生きているかもしれないのに、それがずっと申し訳なくて胸が痛かったです」と崩壊事故当時、自分にチョコレートをくれたチョン・スヒに罪悪感を感じた。

イ・ガンは「そのチョコレートをくれたおばさん。 どんな方だったのか? 名前は知らないだろう」と言い、ムン・チャヨンは「知っています。名前。一度も忘れたことはありません。 チョン・スヒおばさん」と明かした。 イ・ガンはムン・チャヨンに顔を出さず、一人で号泣した。

元記事:こちら


『チョコレート』ユン・ゲサン、ハ・ジウォンと母親の縁を知って息を殺して号泣

ユン・ゲサンが全ての真実を知った。

17日に放送されたJTBC金土ドラマ『チョコレート』ではイ・ガン(ユン・ゲサン)が母親とムン・チャヨン)ハ・ジウォン)の縁を知った。

この日、イ・ガン(ユン・ゲサン)は急いでイ・ジュン(チャン・スンジョ)が陶磁器を作る窯場を訪れた。 めちゃくちゃになった窯跡にイ・ジュンは「病院に行かずにさぼるから母が人を送って」と説明した。 イ・ガンは手にけがをしたイ・ジュンを治療し、イ・ジュンは「どうせ医者はしないから」と淡々と話した。

イ・ジュンはイ・ガンに「僕は最善を尽くして君の手の治療をした」と話した。 これに対しイ・ガンは「手か、僕が兄も勝って巨城も持ったんだね。 その次は? その時の僕は幸せかな」と尋ね、イ・ジュンは「いいえ」と答えた。 イ・ガンは「どうして俺たちは死に物狂いで戦ったんだろうか」と後悔した。 結局、イ・ジュンはイ・ガンに自分の父親の出生について知らせた。 そうしながら「反則するのが嫌だ」と理由を明らかにした。

またムン・チャヨン(ハ・ジウォン)は事故を起こし、警察署に連れていかれたムン・テヒョン(ミン・ジヌン)に「家族ではない」と知らん振りをした。 これに対しムン・テヒョンは「その時、どうして僕を受け入れてくれたのか?」と問い詰め、ムン・チェヨンは「私、一人しかいない血筋だから。 お前もお母さんと一緒に私を捨てていったのを忘れてしまっていたから」と言った。

元気のないムン・チャヨンにイ・ガンは老いたかぼちゃのチヂミを作ってあげた。 「母が好きだった」という言葉にムン・チャヨンは「母が事故で亡くなったと大変だっただろう?」と手を握って慰めた。 イ・ガンと向かい合って幸せな時間を過ごしたムン・チャヨンは、「あなたがプレゼントしてくれた奇跡のような日常を見ていますか?あなたがくれた温もりを傷のある多くの人々と分かち合いたい」と自分を救ってくれたイ・ガンのお母さんを思った。

イ・ジュンはおばあさん(カン・ブジャ)を訪ねたが、そっぽを向かれた。 続いて、自ら窯跡を訪れた母親のユン・ヘミ(キム・ソンギョン)に、「私も一度はカンに良い兄でありたかったし、両親が間違っていると言いたかったが、我慢して卑怯にもここまで来た。 両親の希望通り」と叫び、「母親が間違っても間違えすぎだ」と対抗した。

ムン・チャヨンとイ・ガンの母親が事故に遭ったデパートの手抜き工事をした建設会社の代表が執行猶予で釈放された。 イ代表は、自分の妻が寝そべっている病院に来て、映像を撮りながら同情を訴えようとし、イ・ガンはそれを阻止した。 「死んだ人も俺も運がなかっただけだ」と暴言を吐く代表に向け、イ・ガンの代わりにムン・テヒョンが拳を飛ばした。 ムン・テヒョンは「なんでこんなにずうずうしいんだ。 生き残ったからといってみんな生き延びたのか?それはどうやって生きたのか?息をしているだけだって。 目だけ開いていると皆生きていると思う? お前が殺したのは10人じゃない。 100人、1千人、1万人だよ。 亡くなった方々、生き残った人々。 そしてそのみんなの家族までお前が皆殺したんだよ. 謝罪することがあれば、どうか謝罪をしてほしい」と厳しく批判した。

ムン・チャヨンはまた警察署に行ったが、家族であることを明らかにし、「自分だけが大変だったと思った。 私だけ地獄にいたと思っていた。 ごめん、テヒョン」と謝罪した。

一方、イ・ガンは警察署の前に座っているムン・チャヨンを訪ねて、チョコレートで慰めた。 ムン・チャヨンは「ここで生きていけば、私も誰かを助ける人になろうと思った。 私にチョコレートを譲ってくださったおばさんのように。 チョコレートは私に私の進む道を教えてくれる羅針盤みたいなものだ」と話した。 そして、チョコレートをくれたおばさんの名前を言った。 イ・ガンはムン・チャヨンを車に乗せた後、一人で隠れて号泣した。

元記事:こちら


見知らぬ人を殴って、警察沙汰になったテヒョン…

警察署に行き、何度もトラブルを起こしたテヒョンを見たチャヨンは…

私はムン・テヒョンさんの家族ではないですが、
今後は私に連絡せず、手順に従って法に従って処置してください


そう言いながらも、悲しみを隠せない…😢

ホスピス病院に戻ったチャヨンは、全力で干しダラを棒で打ち、腹いせをした。

彼女の元に訪れてきたのは、無実が証明されて釈放されたテヒョン。
「その干しダラは僕ですか?」とテヒョンがチャヨンに尋ねたが、
チャヨンは答えなかった。

「君が殴りたいのは僕だろう?なぜ罪のない干しダラを打ったのか?干しダラのせいじゃないし。
来い、殴って。罪のないものに腹いせをしないで。殴りたい人を殴って」とテヒョンが続いた。

お前はどうやって出てきた?

警察の銃を奪って、みんなを殺すと脅かしたってテヒョンが嘘をついて、
その話を聞いたチャヨンは怒りを抑えなかった。

「まさかその話を信じるとは。僕は罪を犯してないから釈放されたんだ。
警察の銃を奪って逃げるやつだと思ってる?」とテヒョンがガッカリした。
防犯カメラがテヒョンの無実を証明したらしいです。

「僕みたいな弟がいて恥ずかしいだろう。
消えてほしいと思うんだろう?あの時追い出してしまえば?
どうして僕を受け入れてくれたのか?」とテヒョンがチャヨンに聞くと…

家族だから。この世で私の唯一の肉親だから。
お前もお母さんと一緒に私を捨てていったことをすっかり忘れていたから


それを聞いたテヒョンは「これから人に僕が君の弟ではないと言い、戸籍整理もしよう」と言って去った。

テヒョンと口喧嘩して一人で落ち込んでるチャヨンの元に…

イ・ガン先生がやってきた。

「ここに隠れていて、僕はどうやって探すんだ?どれほど会いたいのか」

イ・ジュンと酒を飲んだイ・ガンは
「僕、酒臭いでしょう?ごめん」
と言い、離れようとしたら、チャヨンに腕を掴まえられた。

大丈夫。私、匂いがあまり嗅げないって分かるでしょ?

イ・ガン先生を見つめるチャヨンの眼差しがいつも優しい。💞

「何か悪いことでもあったのか?」

いいえ
イ・ガン先生に心配をかけたくなくて、空元気を出した。

「元気なさそうに見えるんだけど」

なぜだろうね。晩ごはんを食べてなかったから?
「晩ごはんを作ってあげようか?」
いいえ、夜遅いし。太っちゃうよ

「太らない料理を作ってあげればいい」
と言い、食材を探しに行った。おおっ、イ・ガン先生優しすぎます!😍

ホスピス病院の畑から採ったかぼちゃでチヂミを作り始めたイ・ガン先生。

そんな彼を見ずにはいられないチャヨン。💗

イ・ガン先生を見つめるチャヨンの表情は本当に素敵すぎますね。❤️❤️❤️

「上手ですね」とチャヨンが褒めたら、
「僕もシェフになる夢を見ていた」とイ・ガンが答えた。

老いたかぼちゃチヂミが凄く好きなの
「よかった。うちの母もこれが好きだった」

お母さんが事故で亡くなったよね?大変だったでしょう?

笑顔で頷いたイ・ガン先生を慰めようと手を両手で包んだ。💕

このシーンを見てるだけで心が温まります。🥰

「僕より君が大変そうだけど、僕が手を握ってあげるべきではないのか?」
とイ・ガン先生が尋ねたが…

今度ね。今度握ってくれて。今日は私が握ってあげる
この表情にすっかりノックダウンされた。😍😍😍
虜にならずにはいられない!

二人きりのディナータイム。🍽️

チャヨンに手作りのかぼちゃチヂミを食べさせるイ・ガン先生。💕

幸せそうな顔でかぼちゃチヂミをおいしく食べるチャヨン。
あなたがプレゼントしてくれた奇跡のような日常を見ていますか?
あなたがくれた温もりを傷のある多くの人々と分かち合いたい

と自分を救ってくれたイ・ガンのお母さんへのメッセージのナレーションが印象的でした。🥺

イ・ガン先生にかぼちゃチヂミを食べさせて笑っちゃったチャヨンさん、照れちゃったのかな?😁

このシーン…チャヨンとイ・ガン先生ではなく、
仲良くふざけてるジウォンオンニとユン・ゲサンさんでした。😁

一方、認知症がますますひどくなったソンエおばさん。

チャヨンが自分の妹だと勘違いして、「出て行け!」と怒鳴った。

ソンエおばさんとホスピス病院の院長の過去を知ったチャヨンは、
悲しそうに二人を見つめた。

ソンエおばさんがよく言ってるお餅を作るチャヨン。

院長さんがキッチンにやってきて…

「ソンエがお餅が好きじゃない。お餅が好きなのは、僕だ」と院長さんが明かした。

キッチンでソンエおばさんと院長さんの会話を聞いたチャヨン。

この表情が印象に残りました。
『チョコレート』を見て思うんだけど、ジウォンオンニの瞳は本当にきれい。😍

一方、手抜き工事で人身事故を起こした建設会社の社長がホスピス病院にやってきて、
「人は誰でも死ぬ。 同じように崩れた建物の中にいても生きるやつらは助かったじゃないか。
死んだ人たちも運が悪かっただけだ」と暴言を吐いて、その話を聞いたテヒョンが社長を殴った。

「何がそんなに堂々としているの。 なんでこんなにずうずうしいんだ。
生き残ったからといって。みんな生き延びたのか?それはどうやって生きたのか?
息をしているだけだって。 目だけ開いていると皆生きていると思う。
お前が殺したのは10人じゃない。 100人、1千人、1万人だよ。
亡くなった方々、生き残った人々。 そしてその家族までみんなお前が皆殺したんだよ.
謝罪することがあれば、どうか謝罪をしてほしい」というテヒョンの言葉を聞いたチャヨンは思わず涙を流した。

社長を殴ったテヒョンが警察署に連れて行かれて、
チャヨンが急いで警察署へ向かった。

ムン・テヒョンの姉、ムン・チャヨンです。

「ムン・テヒョンの家族ですか?」と警察に聞かれたが、チャヨンを巻き込みたくなくて、
「いいえ、彼女は僕と何の関係もありません」とテヒョンが答えた。

そんなテヒョンを抱きしめるチャヨン。
「彼女は僕の姉です。家族だ」とテヒョンが警察に言った。

自分だけが大変だったと思った。 私だけ地獄にいたと思った。 ごめん、テヒョン
とチャヨンが涙ながらにテヒョンに謝った。

このシーンはもう涙なしでは見られない。
ジウォンオンニにつられて号泣…😭😭😭😭😭

警察署の階段に座っているチャヨン…

彼女の前に現れたのは、イ・ガン先生でした。

いつから来たんですか?
「1時間20分前くらい。首痛くないんですか?
2時間も座ってたと思うんだけど」

イ・ガン先生、ずっとチャヨンを遠くから見守ってたようです。💗

チャヨンのためにイ・ガン先生が買ってきたのは、GODIVAのチョコレート。😁

「チョコレートを買ってあげてってテヒョンに頼まれた。
君が悲しいときに必ずチョコレートを食べるって


テヒョンはトラブルメーカーだけど、実は姉想いの優しい弟。

第15話の予告映像を見て、これ食べたい!と思って、
先週韓国のGODIVAに行ってイ・ガン先生がチャヨンに渡したチョコレートを食べちゃいました。😁

一緒に食べよう

しかしイ・ガン先生は・・・
「僕はチョコレートを食べないと答えた。

なぜドングおじさんが君にチョコレートを贈ったんですか?
「幼い頃は好きだった。母が亡くなってから、食べなくなった。
チョコレートは君にとってソウルフードみたいですね。
食べれば元気が出る」

「ここで生きていけば、私も誰かを助ける人になろうと思いました」

「ここで死ななければ、
私も自分が持っているものを惜しみなく与える人になろうと決心しました。
私にチョコレートを譲ってくださったおばさんのように。」

チョコレートは私にとってコンパスみたいなものです。
私に自分の進むべき道を教えてくれる


その後、イ・ガン先生はチャヨンに車を載せて…

シートベルトまでかけてあげた。💕

ドキッとする表情がたまらない。😍😍😍

「ちょっとトイレ行ってくるとイ・ガン先生が車から降りて…

チャヨンが嬉しそうにイ・ガン先生に買ってもらったチョコレートを眺めた。💕

実は車に乗る前に、チャヨンはデパート崩壊事故でチョコレートをくれたおばさんのことについて話した。
私にくれたチョコレートをおばさんが食べたなら生きているかもしれないのに、
それがずっと申し訳なくて胸が痛かった


「そのチョコレートをくれたおばさん。 どんな方だったのか? 名前は知らないだろう
とイ・ガン先生が聞いたら…
知っています。名前。一度も忘れたことはありません。 チョン・スヒおばさん

チャヨンを助けたおばさんは自分の母だと知ったイ・ガンは、
チャヨンに見えない所で息を殺して号泣しました。😢
イ・ガンが戻ってくるのを待つチャヨン、当然何も知らなかった。

イ・ガン先生、遂にその事実を知ってしまいましたね。
チョン・スヒが自分の母だと明かさなかったのは、チャヨンへの配慮だったから、
その優しさに涙が出そうになった。😢
そして警察署に連れて行かれたテヒョンを抱きしめて、
「ごめんね、テヒョン」と泣きながら謝ったチャヨンの姿も忘れられません…

第15話は6回も見たんですが、何度見てもウルッとしてしまいます。😭
今夜はもう一度最終話を見て、記事を書こうと思います!💪🏻

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す